訪問日:2017年1月9日(月)

The Noodles Saloon Kiriya【参】-1

本日のランチは、千葉県流山市の西初石に、昨年の12月8日にオープンした『The Noodles & Saloon Kiriya』で!

こちらの店は、金曜日の夜と土日のみ営業するラーメン店で!
柏にある『大勝』リスペクトの煮干しがガツンときかされた「らぁ麺」を食べさせてくれる店。


前回、クリスマスキャロルが流れる柏駅から東武アーバンパークラインに乗って、春日部方面に向かって3駅目の初石駅が最寄り駅になる店に訪問!
デフォの「らぁ麺」と、この日限定の「niboshiらぁ麺」をいただいた。


「らぁ麺」は、ベースの豚骨清湯スープに、背黒、白口の煮干し、鰹節、鯖節、宗田節、昆布、干し椎茸のうま味を重ねたスープのラーメンで!
煮干しがガツンときかされていて♪


味も、『大勝』リスペクトというよりは、『煮干乱舞』のような味わいのスープで!
めっちゃ、美味しいスープでよかったし♪


店内にある『ラーメン二郎』の店御用達のエビス麺機製作所製の、ちょっと、年季の入った製麺機で店主が製麺する、切刃16番の平打ちの中太ストレートの自家製麺を店主が手揉みして縮れ麺に仕上げた麺も、味、食感とも秀逸な麺でよかったし♪

「niboshiらぁ麺」は、徳島産と長崎産の青口煮干し(背黒)と瀬戸内の白口煮干し(いりこ)だけで出汁をとったというスープのラーメンで!
「煮干し初心者のためのラーメン」と店主が話していたのに


店主の言葉とは裏腹に、煮干しがきかされた、ニボラーが食べても、納得のいくスープのラーメンで!
このも、めっちゃ美味しくて、めっちゃ好みだった♪


次回は、ぜひ、金曜日の夜に来て!
メニューにあった「ローストビーフ」をアテにお酒をいただいて!


〆に「油そば」を食べてみるつもりと思っていたんだけど
今朝、こちらの店の店主のTwitterを見に行ったところ

今日は、月曜日だけど、成人の日の祝日のため、朝9時から営業しているということだったので
もう一度、「らぁ麺」を食べにいくことにした。

新成人の女子が艶やかな振袖を纏い闊歩する柏駅から東武アーバンパークラインに乗って、初石駅へとやってきて!
駅からは徒歩5分ほどの場所になるものの、人通りもない、ちょっと寂しい場所にあって


The Noodles Saloon Kiriya【参】-2

店の入口の左の壁に『Kiriya』という屋号は記されてはいるものの
目立つ赤いテントは、以前の和菓子店のもののままで

ぱっと見、ここがラーメン店とはわからない
そんな、知る人ぞ知るといった感じの隠れ家的な店へへとやってきたのは、午後の1時30分ジャスト!

入店して、奥の厨房の前に4席設けられたカウンター席の1席へとついて
メニューを見ると

チャーシューが残り少ないのか、トッピングの「チャーシュー」に「チャーシュー麺」、「特製らぁ麺」に取り消し線が引かれていたけど、あとのメニューはあったので!
オーダーを取りに来た美人の奥さまに、デフォの「らぁ麺」と一品料理の「ローストビーフ」を注文!


The Noodles Saloon Kiriya【参】-3

すると、すぐに、店主によって、肉の塊から切り出された「ローストビーフ」が供されたんだけど
今日は、アルコールなしなので、ラーメンができるまで放置(汗)

The Noodles Saloon Kiriya【参】-10

そうして、少し待っていると
今日も前回同様、店主によってテボで2分30秒茹でられた麺が、湯切りされて、スープの張られたラーメン丼の中へと入れられると

最後に、具が盛りつけられて、「らぁ麺」が完成!
今日は、店主から直接、手渡しされるのではなく、美人の奥さまが手元まで配膳してくださった♪


The Noodles Saloon Kiriya【参】-4

豚肩ロース肉の煮豚メンマ、岩海苔、白髪ネギ、万能ネギカイワレが載せられた
前回同様、やや、地味な見た目のラーメン(笑)

The Noodles Saloon Kiriya【参】-5The Noodles Saloon Kiriya【参】-6

ただ、スープの色合いが、気持ち淡くなっているような
前回は、『大勝』リスペクトという割りには

あの『大勝』の澄んだ淡い醤油の色合いのスープと大きく違う
醤油の色合いが濃い目で、やや、濁りのあるスープだったのに

そこで、さっそく、スープをいただくと
やっぱり、カエシの量を減らしたのか

味わいも淡くなっていたので、そんな感想を店主に話したところ
「お客さんから味が濃いと指摘されて、カエシの量を14ccから10ccに減らしました。」なんて話しをしていたけど…

この方が、個人的には好みだし♪
この方が、出汁のうま味もよく伝わってきて、美味しくいただける。


The Noodles Saloon Kiriya【参】-7

なお、スープは豚の背ガラで出汁をとった豚骨清湯スープに煮干しをきかせて!
鰹節、鯖節、宗田節の節のうま味に昆布と干し椎茸のうま味をプラスして、バランスよく仕上げたスープで!


前回に比べると、煮干しが強めに感じられて!
煮干しのうま味も強くなっていたけど!


煮干しのビターさも増して!
これ、もしかすると、背黒と白口だけではなく、前回はわからなかったけど、平子も使われているかもしれないけど


煮干しが強くなった分、鰹節、鯖節、宗田節の節のうま味や酸味が押さえ気味に感じられて!
個人的には、今回のスープの方が好み♪


麺は、店主が手揉みして縮れをつけた平打ちの中太縮れ麺で、加水率40%の多加水麺は、やや、カタめの、ムチッとした食感の麺で!

The Noodles Saloon Kiriya【参】-11

この個性的な食感がとてもよくて♪
手揉みして麺を縮れがつけられているので、スープとの絡みもいいし!


そして、トロトロに煮込まれた煮豚は、箸で持つとホロホロと崩れてしまうほどのやわらかさで!
味付けもよかったし♪


岩海苔の磯の香りも、スープと合っていたし!
シャリシャリとした食感もよかった♪


なお、一通り食べ終わったところで、ローストビーフを「らぁ麺」にトッピングしてみると
花びらが咲いたようになって、いい感じ♪

The Noodles Saloon Kiriya【参】-8The Noodles Saloon Kiriya【参】-9

そして、このローストビーフがやわらかくて!
醤油に赤ワインと、玉ねぎ、ニンニク、生姜のすりおろしにレモン汁、蜂蜜、砂糖かな
!?

そんな味わいのオニオンソースの味付けが最高だったし♪
これは、ラーメンで食べるのもいいけど、やっぱり、単品で、アルコールといっしょにいただくのがいいよね♪


それに、このローストビーフ!
10枚も付いて価格は500円と、コスパもめっちゃ高いし!


次こそ、夜に来ないとね♪
でも、土日は、朝9時から営業しているので、朝ラーもしてみたいし!


さらに、店主の話しでは、今後は、貝出汁を入れた塩ダレで作る「塩ラーメン」や!
「conc.(コンク)」という名の濃縮煮干しスープの濃厚煮干しラーメンも、限定でやる予定だということだったので!


こちらも楽しみ♪
ご馳走さまでした。


The Noodles Saloon Kiriya【参】-12

メニュー:らぁ麺…700円/味玉らぁ麺…800円/メンマらぁ麺…800円/チャーシューらぁ麺…950円/特製らぁ麺…1000円
大盛り…150円

油そば
並盛200g…600円/大盛300g…700円/特盛400g…800円

納豆油そば…+150円
納豆らぁ麺…+150円

トッピング
生卵…50円/味玉…100円/メンマ…100円/岩のり…100円/チャーシュー(3枚)…250円/特製(味玉・チャーシュー2枚増し・メンマ増し)…300円

おつまみ
ミックスナッツ…200円/メンマ…300円/手羽先…500円/チャーシュー…500円/ローストビーフ…500円


ヌードルズ&サルーン キリヤ



関連ランキング:ラーメン | 初石



好み度:らぁ麺star_s45.gif
ローストビーフstar_s45.gif
接客・サービスstar_s50.gif

ブログランキングに参加しています。
日々の更新の励みになりますので…
↓↓↓
こちらを1日1回クリックいただきますようお願いしますm(__)m
にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ
にほんブログ村

↓↓↓こちらのクリックもよろしくお願いしますm(__)m
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://ramen151e.blog71.fc2.com/tb.php/3880-b3c5a849