訪問日:2017年2月8日(水)

【新店】中華蕎麦 はる-1

本日のランチは、東京・下井草に、昨日の2月7日にオープンした新店の『中華蕎麦 はるで!

たまたま、今朝、Twitterのフォロワーの方が初日に訪問して、ラーメンデータベースレビューを上げていたのを見てオープンを知った店。

今日は高田馬場に行くので、ランチは、その近辺の店で考えていたんだけど
その方が食べていた「煮干香味蕎麦」と「濃厚白湯魚介蕎麦」が、どちらも、とても美味しそうだったので♪

ちょっと、足を延ばして、行ってみることにした。
高田馬場駅から西武新宿線の急行、各駅と乗り継いで、10分ほどで、やってきました下井草駅!


そうして、駅南口から徒歩2分ほどの店へとやってきたのは
もう午後の2時10分になろうとする時刻。

すると、店頭には、『麺処 きなり』からの開店祝いのお花が飾られていたんだけど
こちらの店の店主は、『麺処 にそう』の井上店主同様、『麺処 きなり』の土橋店主と、あの店か、あの店で、いっしょに働いていた方なのだろうか

【新店】中華蕎麦 はる-2

そうして、もう一つ、ラーメン関係では、『麺処 きなり』でも使われている三河屋製麺からのお祝いのお花も届いていて
これで、何処の製麺所の麺を使っているか判明(笑)

【新店】中華蕎麦 はる-3

入店すると、こんな遅い時間にもかかわらず、L字型カウンター8席の席は満席!
そして、厨房には、店のロゴが入った中華料理のコックコートとコック帽姿の店主が1人。


そうして、まずは、店を入って、すぐ右にあった券売機で食券を買うんだけど
麺メニューは、「中華蕎麦」、「煮干香味蕎麦」、「濃厚白湯魚介蕎麦」の3種類で!

【新店】中華蕎麦 はる-4

それぞれに、味玉、特製トッピングのバージョンがあって!
その他、サイドメニューの「季節のご飯」に、スイーツの「杏仁豆腐」まで用意されていた。


そこで、店主に
「中華蕎麦」と「煮干香味蕎麦」の違いを確かめると

「どちらも、鶏出汁スープのラーメンになります。」
「煮干の方は、それに、いりこ出汁を加えています。」
という答えが返ってきたので…

当初は、「煮干香味蕎麦」にするつもりで!
美味しかったら、「中華蕎麦」を連食しようかと思っていたんだけど


あまり、味の差はないように感じられて
それなら、屋号にも冠された「中華蕎麦」の方がいいような気がして、デフォルトの「中華蕎麦」の食券を購入!

さらに、「季節のごはん」の内容も聞いたところ
「筍とチャーシューの炊き込みご飯です。」ということだったので、こちらの食券も買って席へ。

食券をカウンターの上に上げて待つ。
すると、先客2人のラーメンを作り終えて、食券を、受け取りにきた店主から


「味玉が通常のものよりカタくなってしまいましたので、よろしければ、無料で提供させていただきます。」と言われて…
せっかくなので、お願いすることにした。

【新店】中華蕎麦 はる-5

さらに、私の後に入ってきたお客さんの食券と受け取ると
「すいません、中華蕎麦が、ちょうど、売り切れてしまって、煮干香味蕎麦か濃厚白湯魚介蕎麦しかなくなってしまいました。」と後客に説明する店主。

すると、後客からは
「じゃあ、煮干しでいいです。」という答えがあって、差額の20円を払おうとすると

「いや、追加代金は結構です。」と言って…
さらに、私に話したのと同じように、カタ茹での味玉の無料サービスの話しをすると、ラーメン作りに入る店主!

というわけで、どうやら、私で、今日の「中華蕎麦」は売り切れてしまったようだったけど
でも、そうなると、「中華蕎麦」は鶏スープオンリーで作るから

鶏スープが、もう2人前作る量がないってことになるけど
ということは、鶏スープと煮干しスープをブレンドして使う「煮干香味蕎麦」も、もう売り切れか、売り切れ間近ってことなのかな?

そんなことを考えながら、オープンキッチンの厨房をぼんやりと眺めていると
一つの寸胴から雪平鍋にスープを移して

さらに、別の寸胴から、また、別の雪平鍋にスープを入れて
2つの異なるスープの入った雪平鍋をガス台の火にかけて、温め始める店主。

この2つの寸胴は、片方が鶏スープの入った寸胴で!
もう片方がいりこ出汁の煮干しスープだと思うけど


温める前にブレンドするんじゃないんだね。
ということは、温めてから、丼で合わせるのかな
!?

と思っていたら
温まったスープは、一つずつ、別々のラーメン丼に注がれたので… 

一つの寸胴は、もうすでに、鶏スープと煮干しスープが混ぜ合わされて作られていたってことだね。
ということは、鶏スープオンリーの「中華蕎麦」は売り切れでも、鶏スープと煮干しスープを予めブレンドしたスープの「煮干香味蕎麦」は、もしかしたら、まだまだ、残っているのかも


まあ、そんなことは、どうでもいいことかもしれないけど
オープンキッチンの厨房だと、いろいろなことが観察できて楽しい♪

そうして、スープを温めている間に、中華包丁を取り出して、豚と鶏のレアチャーシューを肉の塊から器用に切り出していく店主!
ユニフォームから中華出身というのはわかったけど、この包丁使いを見て、恰好だけではなく、本物の中華料理の料理人であることがわかった。


そして、テボで1分間茹でられた麺が引き上げられると
湯切りされて、スープの張られたラーメン丼に入れられて

箸で、キレイに麺線が整えられると
最後に、具が盛りつけられて!

完成した「中華蕎麦」と「煮干香味蕎麦」が、私と後客に出されて!
さらに、炊飯器の中の炊き込みご飯が丼に盛られて、カイワレが載せられて、「季節のご飯」も少し遅れて着丼。


【新店】中華蕎麦 はる-6

豚肩ロース肉鶏ムネ肉の2種類のレアチャーシューに、菜の花、白髪ネギ、カイワレにカタ茹でのサービス味玉がトッピングされた!
美しいビジュアルの「中華蕎麦」!


【新店】中華蕎麦 はる-7【新店】中華蕎麦 はる-8

しかし、メンマ替わりの筍に、季節感を感じさせる菜の花がトッピングされたラーメンって
お祝いのお花が贈られていた駒込の路地にある店にそっくりなんですけど(笑)

なお、気になる駒込の路地にある店との関係は、店主が、飲み友達だと話していたので
それ以上は詮索していないので、わからず

そうして、まずは、濃いめの色合いの醤油が香るスープをいただくと
鶏のうま味がしっかりと感じられるスープで♪

【新店】中華蕎麦 はる-9

昆布と干し椎茸のうま味に
鰹節、鯖節、白口煮干しのうま味も感じられて!

とても、バランスのいいスープで!
出汁のうま味で食べさせる美味しいスープに仕上がっていると思う♪


ただ、店主は、鶏出汁のスープと言っていたけど
鶏だけでとったスープではなかったので、店主に指摘すると

スープはあくまで、鶏だけ
ただし、カエシには、昆布に干し椎茸、節、煮干しも入れていると話していたけど

確かに、鶏と水だけで、絶品のスープを作るレジェンドの店に!
ミシュランのビブグルマンの店もあるけど


それは、質のいいブランド地鶏が使われているから!
普通の鶏で出汁をとるなら、やっぱり、昆布や干し椎茸はもちろん、節や煮干しのうま味を入れてやりたくなる。


ただ、美味しいスープだとは思うけど
カエシが、見た目通り、やや、濃いめの味わいに感じられたのと

香油も、やや、オイリーに感じられた。
スープにインパクトを与えるために、そうしているのかもしれないけど


個人的には、カエシも香油も、もっと淡めの方がいいような気がしたし
その方が、スープにも合うように感じられた。

麺は、三河屋製麺の切刃24番と思われる全粒粉が配合された細ストレートが合わせられていて!
この麺は、今、売り出し中の九段下にある『八咫烏』でも使われている麺だったけど!


【新店】中華蕎麦 はる-10

麺の茹で時間40秒の『八咫烏』に比べて、20秒長めの1分間茹でられた麺は、つるっとした食感の、啜り心地がよくて、のど越しのいい麺に仕上がっていて!
この方が好きだな♪


日本蕎麦を食べているような食感の麺で!
スープとの絡みもよかったし♪


トッピングされた豚肩ロース肉のレアチャーシューも、鶏ムネ肉のレアチャーシューも、どちらも、しっとりとした食感のレアチャーシューに仕上がっていて!
味も申し分のないもので!


【新店】中華蕎麦 はる-11

どちらも、トッピングして食べたい逸品ではあるんだけど
豚肩ロースのレアチャーシューのトッピング価格が300円。

鶏ムネ肉のチャーシューが250円で、どちらもトッピングしてしまうと550円増しになってしまうので
ハーフ&ハーフのミックスチャーシューのトッピングをつくってもらえると、いいと思うんだけど

サービスで付けてもらった失敗味玉は、確かに、やや、カタ茹でかなとは思ったけど
味が白身の中までよくしみ込んだもので!

【新店】中華蕎麦 はる-12

黄身の半熟加減もいい感じだったし!
ぜんぜん、売り物になる、美味しい味玉だった♪


「季節のごはん」は、筍とチャーシューの他に、ブナシメジも入る炊き込みご飯で!
濃口醤油と砂糖、日本酒煮よる味付けがとてもよくて!


【新店】中華蕎麦 はる-13

これは、和食の料理人が作る炊き込みご飯だよね!
少なくとも中華料理が作るサイドメニューならば、もっと違うものを出してもいいはずなのに


店主の経歴が気になる
その店主が作る白湯スープのラーメンも気になるので!

こちらの店には再訪確実!
ご馳走さまでした。


【新店】中華蕎麦 はる-14

メニュー:中華蕎麦…780円/煮干し香味蕎麦…800円/濃厚白湯魚介蕎麦…830円

味玉中華蕎麦…880円/味玉煮干し香味蕎麦…900円/味玉濃厚白湯魚介蕎麦…930円

特製中華蕎麦…980円/特製煮干し香味蕎麦…1000円/特製濃厚白湯魚介蕎麦…1030円

季節のごはん…200円/ごはん…100円

杏仁豆腐…250円

肩ロースチャーシュー…300円/鶏チャーシュー…250円/有明産海苔五枚…100円/味玉…100円


中華蕎麦 はる



関連ランキング:ラーメン | 下井草駅井荻駅



好み度:中華蕎麦star_s40.gif
接客・サービスstar_s50.gif

ブログランキングに参加しています。
日々の更新の励みになりますので…
↓↓↓
こちらを1日1回クリックいただきますようお願いしますm(__)m
にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ
にほんブログ村

↓↓↓こちらのクリックもよろしくお願いしますm(__)m
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://ramen151e.blog71.fc2.com/tb.php/3874-69419054