訪問日:2017年1月7日(土)

【新店】noodle kitchen KYO-1

本日のランチは、埼玉県の鶴瀬に新年1月5日にプレオープンして、1月10日にグランドオープンする新店の『noodle kitchen KYO』で!

昨日、こちらの新店情報がラーメンデータベース(RDB)に上がっているのを見つけた。
美味しそうな塩ラーメンの画像が掲載されていて、ファーストインプレッションで食べたくなった♪


ただ、このRDBレビュアーの方の点数は、あまりよくない(汗)
しかし、レビューによると、こちらの店の店主のおすすめは「醤油そば」ということだったので!

今日は「醤油そば」狙いで!
帰りに、やはり、鶴瀬にある、ミシュランで初の一つ星獲得のラーメン店出身の『寛~くつろぎ~』で連食するつもりで訪問!


最寄り駅の東武東上線・鶴瀬駅で下車。
駅東口から店へと向かうんだけど


【新店】noodle kitchen KYO-2

店は、「ららぽーと富士見」の近くにあって、駅からは1.5kmほどの距離がある。
でも、バス便もあって、駅前から「ららぽーと富士見」行きの東武バスウエストに乗れば、店のちょっと先の「富士見市役所」まで、1駅4分ほどで連れてってくれる♪


風が強くて寒かったら、バスを利用しようかと思っていたけど
今日はポカポカ陽気だったのでテクテク歩いていくことに♪

駅から「ららぽーと富士見」へ向かう幅広の一本道を歩いていくと
「ららぽーと富士見」が、だんだんと近づいてきて、その手前にある店を発見!

【新店】noodle kitchen KYO-3

店頭には三河屋製麺からの開店祝いの花が飾られていたので!
これで、どこの製麺所の麺を使っているか判明
(笑)

【新店】noodle kitchen KYO-4

午後の1時過ぎに入口のドアを開けて入店すると
正面に券売機があって!

その右側に、また、店へと入る引戸があって
店は二重の入口になっていた。

メニューは、「醤油そば」、「塩そば」、「煮干そば」の3択。
トッピングに「ローストポーク」があって、「ローストポーク丼」もあった。


【新店】noodle kitchen KYO-5【新店】noodle kitchen KYO-6

「ローストポーク」は好きなので、普通なら、トッピングするか、丼で食べるかするところだけど
今日は連食予定なので、自重

ニボラーとしては、「煮干しそば」も気にはなったけど
ここは、やっぱり、店主イチオシの「醤油そば」でしょう♪

というわけで、デフォの「醤油そば」の食券を買って!
改めて、2つ目の扉を開けて、入店すると


厨房を囲むカタチでレイアウトされたL字型カウンター席15席の客席には、お客さんが3人だけ
まだ、情報が少ないから、認知度が低いんだろうね

厨房には、凛々しいコックコート姿の男性スタッフが2人。
高めのカウンターの上に食券を置くと、助手っぽいスタッフの人が食券を受け取って、店主らしき人に注文を告げる。


そして、さっそく、店主によって「醤油そば」が作られたんだけど
カウンターの壁が高くて、ラーメン作りの様子を見れなかったのが、ちょっと、残念だったかな

わかったのは麺の茹で時間!
麺を茹で麺機の中のテボに入れて、タイマーをセット!


そうして、1分15秒に
ピピピッ!ピピピッ!

タイマーが鳴ると、テボを引き上げていたのだけはわかった。
そうして、完成した「醤油そば」は、受皿に載せられての提供。


【新店】noodle kitchen KYO-7【新店】noodle kitchen KYO-8

ローストポーク鶏ムネ肉のレアチャーシュー穂先メンマ水菜、刻みネギが載る彩り鮮やかなラーメン♪
ただ、ローストポークは、ちょっと、熱が入りすぎかな


【新店】noodle kitchen KYO-9【新店】noodle kitchen KYO-10

個人的には、もう少しレア感がある方が
見た目も味も好きかも(汗)

「岩手産のあべどり、鹿児島産の地養鳥使用の鶏出汁に弓削多醤油、兵庫、千葉、岩手の醤油の厳選醤油を合わせた醤油ダレで仕上げました。」と卓上のブックに解説のあった清湯醤油のスープをいただくと
じんわりとした鶏のうま味が口の中に広がって!

【新店】noodle kitchen KYO-11

解説にはなかったけど、昆布、干し椎茸に、節や煮干しの乾物も使われているようで
バランスがよくて、なかなか美味しいし♪

カエシの醤油も、流行りの生醤油を使ったキレッキレの醤油の立った味わいではなく、醤油の「うま味」成分はもちろん、「甘味」、「酸味」、「塩味」、「苦味」といった醤油の持つ5つの味がオーケストラを奏でているような味わいなのもよくて!
派手さはないけど、なかなかの味わいのスープに仕上がっている♪


麺は、三河屋製麺所製の多くの店で愛用されているベストセラー麺で
全粒粉入りの切刃22番の中細ストレート麺が使われていて!

【新店】noodle kitchen KYO-12

茹で時間1分15秒で茹でられた麺は、茹で加減も、ちょうどよくて♪
つるパツな食感に仕上げられた麺は、啜り心地がよくて!


のど越しのよさもあって!
スープとの相性もバツグン♪


ローストポークは、やや、歯応えのある食感ながら
噛めば、肉のうま味がジュワジュワと感じられる美味しい一品だったし♪

【新店】noodle kitchen KYO-13

低温調理されたと思われる鶏ムネ肉のレアチャーシューは、やわらかくて!
しっとりとした食感に仕上げられていて、食感が最高だったし♪


あまり、食感が好みじゃない水菜だけを残して(汗)
あとはすべて美味しく完食♪

思った以上に美味しい一杯だったので、これは、「塩そば」にも期待できる♪
ただ、ニボラーとしては「煮干しそば」に興味があったので、帰りがけに


「やっぱり、おすすめなだけあって、醤油そばは美味しいですね♪」と言いながら、ラーメン丼をカウンターの上に上げると
一瞬、怪訝な顔をした後、笑顔で「ありがとうございます。」というので…

「一に醤油、二に塩、三が煮干しなんですよね?」と尋ねると…
「ラーメンデータベースですね…」

「そんなことを言った覚えはないんですけどね…」
「知り合いにおすすめを聞かれたら、全部と言います(笑)」なんて、笑いながら言うと


「煮干しが3番目なんてことはありません。」
「僕の中では1番のおすすめかもしれません。」
なんて言い出して…

さらに
「煮干しのきいた煮干しそばはお好きですか!?」と聞かれて…

好きだと答えると
「それでは、あまり、おすすめはできないかもしれません…」

「うちの煮干しそばは、濃厚じゃないし…」
「煮干しのうま味だけを抽出したラーメンですので…」
なんて言うので…

「いや、煮干しのきいていない煮干しラーメンは好きじゃないですけど、濃厚な煮干しが好きなわけじゃないです。」
「煮干しが好きで、濃厚も嫌いじゃないけど、淡麗なのに大量の煮干しを使って、煮干しがきかされたスープが一番好きですね♪」
と答えると…

「うちのも、大量の煮干しを使って、うま味出してます。」と言うので…
『寛~くつろぎ~』で連食するのを諦めて、こちらで、「煮干しそば」を店内連食することにしたんだけど

ちょっと、長くなってしまったので、この模様は、また、次回のレポで!
ご馳走さまでした。


【新店】noodle kitchen KYO-14

メニュー:醤油そば…780円/味玉醤油そば…880円/特製醤油そば…980円

塩そば…780円/味玉塩そば…880円/特製塩そば…980円

煮干しそば(醤油)…750円/味玉煮干しそば(醤油)…850円/特製煮干しそば(醤油)…950円

ローストポーク…150円

ローストポーク丼…300円/ライス…100円/ライス(小)…50円


noodle kitchen KYO



関連ランキング:ラーメン | 鶴瀬駅



好み度:醤油そばstar_s40.gif
接客・サービスstar_s45.gif

ブログランキングに参加しています。
日々の更新の励みになりますので…
↓↓↓
こちらを1日1回クリックいただきますようお願いしますm(__)m
にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ
にほんブログ村

↓↓↓こちらのクリックもよろしくお願いしますm(__)m
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://ramen151e.blog71.fc2.com/tb.php/3847-81946af9