訪問日:2016年11月15日(火)

貝料理専門店 ゑぽっく【弐】-2

本日のランチは、大阪・東心斎橋にある『貝料理専門店 ゑぽっく』で!

こちらの店は、2012年5月10日にオープンした、夜のみ営業の貝料理専門店。
しかし、2014年8月4日からランチタイムにラーメンが提供されるようになって!


2014年12月15日に訪問して、「貝そばVIANCO」と「牡蠣そばBLACK」とあった2種類のラーメンのうちから「牡蠣そばBLACK」をいただいた。
さすが、貝料理専門店だけあって、牡蠣のうま味を上手く引き出したスープは、牡蠣好きにはたまらなく味わいで♪


さらに、スープは、牡蠣オンリーではなく、地鶏による鶏のうま味に鰹と昆布のうま味も感じられて!
その相乗効果によって、うま味を増幅させていた♪


さらに、カエシに使われた、たまり醤油によるコクと深みに、仄かな甘味がとてもいい感じで!
期待以上の美味しいラーメンだったので、もう1種類の「貝そばVIANCO」も食べてみるつもり♪


貝料理専門店 ゑぽっく【弐】-3

ブログには、そんなことを書いていたくせ、その後は訪れることもないまま、時が過ぎた
そんな店へ、今日は、たまたま、所用で心斎橋に来ていて、こちらの店のことを思い出して、超、久しぶりに訪ねてみることにした。

確かこの辺りのはずと思って、店があると思われる場所へと行ってみると
店は、1年11ヶ月前と変わらず、東心斎橋の路地裏に、ひっそりと佇んでいた。

店の入口にメニュースタンドには、従来と変わらず、「貝そばVIANCO」と「牡蠣そばBLACK」が看板メニューに掲げられていて!
新たにメニューに加わっていたのが「蛤香るグリーンカレーそば」!


貝料理専門店 ゑぽっく【弐】-4

「カレーか…」
「できれば、カレー以外の新メニューを食べたかったな…」


なんて、一瞬、そう思ったんだけど
「蛤香る」というのが気になったし!

グリーンカレー(タイ語:แกงเขียวหวาน、ゲーンキャオワーン/ゲーンキョワーン)は、日本でタイカレーと呼ばれるタイ料理で
正確にはカレー料理ではなく、タイ料理のゲーンと呼ばれる多様な汁物の中で、香辛料を利かせた料理を指すので

タイの香辛料に負けずに蛤がどれだけ主張してくれるのか!?
確かめてみることにした。

入店すると
女性のお一人様のお客さんが2人。

広いオープンキッチンの厨房には、男性スタッフが1人と、ホールに女性スタッフが1人。
席につくと、3種類のグランドメニューにプラスして、卓上に「海老そばRED」なる期間限定があって!


貝料理専門店 ゑぽっく【弐】-5

限定と言う言葉に弱い人なので
ちょっと、悩む(汗)

「でも、貝専門店で海老はないか…」と思って…
女性スタッフに注文したのは「蛤香るグリーンカレーそば」!

なお、プラス100円で付けられる「本日の日替りご飯」は、「高菜ご飯」ということで!
女性スタッフからは、「白ご飯にもできます。」と言われたんだけど、今日のところはパスすることに


注文が決まると
再び、女性スタッフから

「パクチーお入れしてよろしいですか?」と言われて…
即答で「お願いします。」と言って注文成立!

そうして、少し待っていると
男性スタッフによって作られたラーメンが、お盆に載せられて運ばれてきた。

貝料理専門店 ゑぽっく【弐】-7貝料理専門店 ゑぽっく【弐】-8

供された「蛤香るグリーンカレーそば」は、殻付き蛤が2個に、鶏モモ肉のチャーシュー味玉ハーフ、ネギ、パクチー糸切り唐辛子がトッピングされて!
別皿にレモンが添えられた麺料理で!


貝料理専門店 ゑぽっく【弐】-6

男性スタッフに
「これって、どんなスープなんですか!?」と質問すると…

「蛤出汁のスープにグリーンカレーペーストを配合したスープです。」ということだったけど…
スープをいただくと

サラッとした粘度のない、スパイシーでエスニックな味わいのスープで!
辛味はそれなり
!?

最初はそう思ったんだけど
スープを飲み進めるうちに、青唐辛子のフレッシュな辛さが喉を刺激して

思った以上に辛く感じられるようになって
不覚にも、ゴホゴホとムセてしまった(汗)

蛤の出汁感は感じられることは感じられたけど
この辛味スープに合わせるのは、難しかしいものがあったかな

ただ、独特の酸っぱさとコク、刺激的な辛さのあるスープは、癖になる味わいで!
味はいいと思う♪


麺は、たぶん、1年11ヶ月前と同じ、「麺屋 棣鄂」の中細ストレート麺だと思われるけど
つるっとした食感の中加水麺で!

貝料理専門店 ゑぽっく【弐】-9

啜り心地のいい麺で!
のど越しのよさもあって!


しなやかなコシも感じられて!
この辛味スープとの絡みも、まずまずで、よかったと思う♪


トッピングされた具では、蛤の剥き身は、味はスープに持って行かれてしまったようだったけど
プリプリとした食感がよかったし♪

貝料理専門店 ゑぽっく【弐】-10

鶏モモ肉のチャーシューは、鶏モモ肉のうま味が感じられる美味しい一品だったし♪
卵黄がオレンジ色した味玉ハーフも、茹で加減、味付けとも、めっちゃよかったし♪


貝料理専門店 ゑぽっく【弐】-11貝料理専門店 ゑぽっく【弐】-12

蛤出汁のスープにグリーンカレーペーストを合わせたというスープは、味自体はよかったとは思うけど♪
貝料理専門店の作るラーメンとしては、どうだったんだろうか
!?

個人的には、できれば、違う味わいで、蛤をもっと感じたかったかな
ご馳走さまでした。

貝料理専門店 ゑぽっく【弐】-13貝料理専門店 ゑぽっく【弐】-14

メニュー:貝そばVIANCO…900円/牡蠣そばBLACK…900円

蛤香るグリーンカレーそば…900円
【期間限定】海老そばRED…900円

+100円で本日のご飯がSETに …1000円


ゑぽっく

昼総合点★★★★ 4.5



関連ランキング:魚介・海鮮料理 | 長堀橋駅心斎橋駅日本橋駅



好み度:蛤香るグリーンカレーそばstar_s35.gif
接客・サービスstar_s40.gif

ブログランキングに参加しています。
日々の更新の励みになりますので…
↓↓↓
こちらを1日1回クリックいただきますようお願いしますm(__)m
にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ
にほんブログ村

↓↓↓こちらのクリックもよろしくお願いしますm(__)m
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://ramen151e.blog71.fc2.com/tb.php/3812-bd765ff5