訪問日:2016年10月18日(火)

八咫烏(やたがらす)【弐】-1八咫烏(やたがらす)【弐】-2

今夜は、東京・九段下に8月3日オープンの新店八咫烏へ!

屋号の『八咫烏(やたがらす)』同様、居山勢と書いて、「ちから」と読ませる難読な名字の、こちらの店の店主は、実家である東京・仙川の『魔女のカレー』でカレー職人をしていた人!
でも、ラーメンが好きで、店でも豚骨ベースのラーメンを出し始めて


そして、近くにできた『中華そば しば田』で食べて!
清湯スープのラーメンを作りたくなって、ここ、九段下に店をオープンさせた♪


オープン3日目の8月5日にお邪魔して、「チャーシュー黒」を「ワンタン」トッピングでいただいた。
本枯鰹節に秋刀魚煮干し、鯖煮干し、片口煮干しで出汁をとったと店主が話していたアニマルオフの魚介オンリーのスープは、鰹に煮干しと昆布がいい出汁出してて!


カエシに使われた生醤油が、キレッキレで、芳醇でコクを感じるスープなのもよくて!
今でも、なかなか美味しいスープのラーメンを出す店とは思ったけど♪


でも、まだまだ、伸び代のある!
もっと、もっと、美味しいラーメンを出す店になる♪


そんな店で、今夜、初の限定となる「鯛塩ラーメン」が、17時半から1日限定20食で販売されると!
居山勢店主がTwitter連動のFacebookでつぶやいていて!


何か、最近、鯛ブームだなと思いながらも
鯛出汁のスープは、めっちゃ好みなので♪

普段は、夜は、遠征先以外では、原則、ラーメンを食べない人なんだけど
今日は、珍しく、食べにいくことにした。

九段下駅5番出口を出て、目白通りを飯田橋方面へ!
そうして、道路を隔てて、左側に聳える「ホテルグランドパレス」の前にあるファミレスの「ジョナサン」の手前を右に折れた路地にある店へとやってきたのは18時50分になる時刻。


八咫烏(やたがらす)【弐】-3八咫烏(やたがらす)【弐】-4八咫烏(やたがらす)【弐】-5八咫烏(やたがらす)【弐】-6

入店すると、お客さんは1人だけ
厨房には、前回同様、居山勢店主とスタッフの人の2人!

そして、まずは、食券を購入するんだけど、どのボタンを押せばいいのかわからない(汗)
昨日のツイートには、具体的な説明はなく、価格も不明

ただ、「限定ラーメン1」と「限定ラーメン2」という金額表示のない横長のボタンがあって!
「限定ラーメン2」には、売り切れを示す×マークが点灯していたので


八咫烏(やたがらす)【弐】-7

たぶん、「限定ラーメン1」なんだろうなと思いながら
「鯛の限定は、限定1の食券を買えばいいんですか?」と厨房の店主に聞いてみると

予想通り、ビンゴ!
そこで、1000円札を差し込んで、ボタンを押すと、お釣りが0円だったので、この限定ラーメンが1000円だと、初めてわかったんだけど


でも、ちょっと高くない!?
この時点では、そう思った。

そうして、食券をテーブルの上に置くと
さっそく、限定を1個作りし始める居山勢店主!

でも、この時間に来れてよかった♪
というのも、この直後から、お客さんが入り始めて


食べている途中に、店内満席になって!
帰りには、店内待ち3人の待ちまで発生したので!


そうして、席についてからは、そう待つことなく完成した「鯛塩ラーメン」が着丼!
豚肩ロース肉のレアチャーシュー青ネギ柚子皮ミョウガ紫蘇の実が載る美しいビジュアルのラーメン!


八咫烏(やたがらす)【弐】-8八咫烏(やたがらす)【弐】-9

まずは、黄金色したスープをいただくと
じんわりと鯛の風味が口の中に広がる

でも、しっかりとした出汁感のあるスープで!
この味わい、好きだな♪


八咫烏(やたがらす)【弐】-10

それに、淡麗で、鯛出汁は決して濃厚はないけど
鯛の鮮魚の臭みは皆無で!

これ、鯛の中骨といりこ(白口煮干し)で出汁をとったのかな!?
そう思って、居山勢店主に聞いてみると

「いや、鯛煮干しだけです。」
意外な答えが返ってきたので


「鯛煮干しは、塩分もあるし、癖のある味わいなのに、ぜんぜん、癖がないし…」
「鯛煮干しだけで、よくこんな美味しいスープができましたね!?」
と言うと…

「ありがとうございます。」
「でも、苦労しました。」


「最初にスープを炊いたら、思うような出汁が出なくて…」
「それで、白湯にしてみたんです。」


「そうしたら、臭くて、とても食べられない。」
「それで、再び、清湯にして、あることをして、どうにか仕上げました。」
なんて、話してくれたけど…

鯛煮干しを焼いたとか!?
企業秘密もあるから、詮索はしなかったけど

こんな鯛煮干しのスープなんて、今まで飲んだことないし!
このスープ、めっちゃ、おすすめ♪


麺は、前回の「黒」ラーメンのときに使われていた全粒粉入りの細ストレートではなく、今回は、全粒粉の入らない普通の麺だったけど
スルスルと啜り心地のいい麺で!

八咫烏(やたがらす)【弐】-11

麺のコシもあったし!
のど越しのよさもあって♪


スープとの絡みもよかったし♪
前回の全粒粉入りの麺もよかったけど、この麺もいい♪


そして、トッピングされた豚肩ロース肉のレアチャーシューは、前回は、レア加減がもう一つだったけど
今日は、いい感じで♪

八咫烏(やたがらす)【弐】-12

しっとりとした食感の!
肉のうま味も感じられるレアチャーシューに仕上がっていてよかった♪


なお、ラーメンが出されてから、遅れてスタッフの人から出された「鯛飯」!
あられ、刻み海苔、三つ葉山葵がご飯の上に載せられて


さらに、醤油漬けの卵黄がレンゲに載せられたものがいっしょに供されて
「しょっつるに漬けた卵を掛けて、スープを掛けて、山葵をといて召し上がってください。」という食べ方の説明があって!

八咫烏(やたがらす)【弐】-13

麺とレアチャーシューを食べ終えて
残しておいたスープを掛けて!

さらに、しょっつるに漬けられたという卵黄も溶き入れて
鯛卵雑炊風にしていただいたところ

八咫烏(やたがらす)【弐】-14八咫烏(やたがらす)【弐】-15

しょっつると聞いて、癖のある味わいなのではと、ちょっと、心配したけど
円やかな醤油と卵黄の味わいがスープに加わって!

これも、めっちゃ美味しかったし♪
最初は「鯛塩ラーメン」だけで1000円は、割高に感じたけど、こんなスペシャルな「鯛飯」が付くなら、逆に安いくらい♪


大満足で完食♪
ご馳走さまでした。


PS 限定の提供は、夜営業の17時30から限定20食

店主の話しでは、一ヶ月程度はやると言っておりましたが
マジで美味しいので、早めに訪問することをおすすめします♪

八咫烏(やたがらす)【弐】-16八咫烏(やたがらす)【弐】-17

メニュー:特撰ラーメン黒…1000円/ラーメン黒…750円/チャーシューメン黒…950円

特撰ラーメン白…1000円/ラーメン白…750円/チャーシューメン白…950円

【限定】鯛塩ラーメン(鯛飯付き)…1000円

大盛り…100円

ライス…100円/チャーシュー丼…300円

玉子…100円/チャーシュー…200円/薬味…150円/ワンタン…150円

おつまみチャーシュー…450円/おつまみワンタン…450円


八咫烏



関連ランキング:ラーメン | 九段下駅神保町駅飯田橋駅



好み度:鯛塩ラーメンstar_s45.gif
接客・サービスstar_s50.gif

ブログランキングに参加しています。
日々の更新の励みになりますので…
↓↓↓
こちらを1日1回クリックいただきますようお願いしますm(__)m
にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ
にほんブログ村

↓↓↓こちらのクリックもよろしくお願いしますm(__)m
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://ramen151e.blog71.fc2.com/tb.php/3762-ec36c0af