訪問日:2016年8月29日(月)

らぁめん屋 カネキッチン【弐】-1

本日のランチは、埼玉県の朝霞市にある『らぁめん屋 カネキッチン』で!

こちらの店は、異色の経歴を持つ金田店主が、東武東上線の朝霞駅前にある『ごはんや まーむ食堂』の定休日の日曜・月曜の週2日間限り間借りして営業するラーメン店!

らぁめん屋 カネキッチン【弐】-2

日本でラーメン店としては初のミシュランの星を獲得した巣鴨の有名店と!
香港で、やはり、ミシュランの星を獲得したラーメン店で、ラーメンを作っていた店主が東京・大塚で営む店の味をモチーフにしたラーメンを出す店という情報を聞いて!


今年の3月14日に訪問して、「醤油ラーメン」に「塩煮干しワンタン麺」をいただいた。
巣鴨や大塚のラーメン店の味とは、ちょっと、違うような気はしたけど


どちらも、なかなか美味しい清湯スープのラーメンで!
さらに、ブラッシュアップを図れば、ミシュランの星獲得はともかく、ミシュランのビブグルマンを穫れる可能性のあるスープに感じられた。


そんな店で、昨日と今日の2日間、「濃厚昆布水の醤油つけ麺」が各日45食限定で提供されるというのを店主のTwitterのツイートで知った!
そして、さらに、今日は「濃厚昆布水の醤油つけ麺」に替わって、「濃厚昆布水のつけ麺」提供されるとツイートしていて!


今まで、昆布水に浸かった「醤油つけ麺」は、いろいろな店で食べたことがあるけど
昆布水に浸かった「塩つけ麺」を食べたのは、『麺処 ほん田』くらいで!

あまり食べた記憶がないので
期待して、訪問することにした。

池袋から東武東上線の急行に乗って!
和光市で各駅に乗り継いで朝霞駅へ!


そうして、駅南口を出て!
駅前交差点からすぐ先にある店の、2階に上がる階段の下までやってくると


ちょうど、開店時刻の11時を迎えて
お客さんが入店するところだった。

らぁめん屋 カネキッチン【弐】-3

最後尾で、お客さんが入口を入って、すぐ、正面にある券売機で食券を買い終わるのを待って
千円札を券売機に差し込んで、「限定900円」のボタンを押して!

らぁめん屋 カネキッチン【弐】-4らぁめん屋 カネキッチン【弐】-5

店の左側にある通路を歩いて、奥にある客席へと向かうと
前回とは違って、女性スタッフの方がいらして、厨房の横に2席設けられたカウンター席へと案内されたんだけど

私が席につくと
ちょうど、満席になったようで

私の後に来店した7人のお客さんは、リザーブの椅子で待つことになったので!
いいタイミングで来れたみたいだ♪


しかし、前回は、先客が1人だけで、後客もパラパラとやってきただけだったのに
今日は大盛況♪

そうして、席についてからは、30分が経過して
ようやく、「濃厚昆布水の塩つけ麺」との対面を果たすことができたんだけど

これは、店主1人でラーメン作りをしていて
見ていると、ほとんどのお客さんの注文が「濃厚昆布水の塩つけ麺」で!

ラーメンに比べると、どうしたって作るのに時間が掛かるので、仕方がないことかもしれないけど
10番目で30分待ちは

前回とは違って、券売機を導入して!
今日は、女性スタッフもいたんだし!


それに、注文は「つけ麺」ばかりだったので
もう少し、早く提供して、お客さんを待たせない工夫をする必要があるかもしれない

供された「濃厚昆布水の塩つけ麺」は、昆布水に浸かった麺の上の真ん中に、くし切りされたレモンが載せられて!
つけ汁の中に、カットされた鶏ムネ肉豚肩ロース肉がのレアチャーシュー、穂先メンマ三つ葉が入るつけ麺!


らぁめん屋 カネキッチン【弐】-6らぁめん屋 カネキッチン【弐】-7らぁめん屋 カネキッチン【弐】-8

具がつけ汁の中に入れられているのは、冷たい具を温かいつけ汁に入れて、つけ汁が冷めないようにするための工夫なのかもしれないけど
ちょっと、見た目が寂しいかも

まずは、昆布水に浸かった麺を、つけ汁にはつけずにいただくと
全粒粉が配合されて、粒々模様になって麺の表面に顕れている中細ストレート麺は、つるっとした食感の、日本蕎麦の二八そばのような食感の麺で!

らぁめん屋 カネキッチン【弐】-9

啜り心地がよくて!
のど越しのよさもある麺なのがいい♪


ただ、「濃厚昆布水」とメニュー名にあった昆布水は、シャバシャバで
ネーミングに偽りあり!?(笑)

でも、昆布のうま味がしっかりと感じられていいとは思ったけど♪
ただ、少し、ぬるいかな


キンキンに冷えていると、出汁のうま味が感じにくくなるので、ぬるくするということは聞いているけど
もう少し、冷やしてもいいんじゃないのかな。

でも、まだ、これはよかった。
問題だったのは、つけ汁もぬるかったこと


しかも、よくある、最初は熱かったのに、昆布水が入ることによって、ぬるくなったというのではなく
最初から、ぬるかったのが

だから、普通は、麺をつけ汁につけていただけば…
鶏が香り!


鶏のうま味が感じられるはずなのに
それが感じられない

それどころか、香油に使われた鶏油がクドく感じられて
チャーシューも、カタくて、脂っこく感じられたし

ちょっと、これでは
よほど、つけ汁を温めてもらおうかと思ったけど

厨房に接したカウンター席なら、絶対にそうしていたと思うけど
離れた席だったのと

女性スタッフの方も近くに来なかったので
諦めて、昆布水に浸かった麺を、つけ汁にはつけずに、少し食べて、フィニッシュ!

最後に、ようやく、近くに女性スタッフの方が来たので!
スープ割りをお願いしたところ


昆布水で割るように言われたので
それでは、どうしようもないので、席を立って、帰ることにしたんだけど

今日の「濃厚昆布水の塩つけ麺」は、味以前の問題で
でも、これは、単なるミスだと思うので

機会があったら、もう一度、リベンジに伺います。
ご馳走さまでした。


らぁめん屋 カネキッチン【弐】-10

メニュー:(鶏スープ)
醤油らぁめん…750円/チャーシュー醤油らぁめん…1050円

(煮干しスープ)
塩らぁめん…750円/チャーシュー塩らぁめん…1050円

【数量限定】
濃厚昆布水の塩つけ麺…900円

トッピング
味玉…100円

肉飯…250円/スパイスカレー…250円/鶏ワサ刺し…250円


カネキッチン



関連ランキング:ラーメン | 朝霞駅



好み度:濃厚昆布水の塩つけ麺star_s20.gif
接客・サービスstar_s30.gif

ブログランキングに参加しています。
日々の更新の励みになりますので…
↓↓↓
こちらを1日1回クリックいただきますようお願いしますm(__)m
にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ
にほんブログ村

↓↓↓こちらのクリックもよろしくお願いしますm(__)m
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://ramen151e.blog71.fc2.com/tb.php/3718-21b613b3