訪問日:2016年7月28日(木)

麺屋 壱心【四】-1麺屋 壱心【四】-2

本日のランチは、茨城県の龍ケ崎市にある『麺屋 壱心』で!

7月20日から提供開始された「煮干しそば」狙いで訪問!

こちらの店は、土浦市の『特級鶏蕎麦 龍介』出身の中島店主が昨年の12月11日にオープンさせた店で!
過去に伺って、「塩そば」「醤油そば」 「蛤塩そば」「蛤醤油そば」の4つのラーメンをいただいている。


どれも美味しいラーメンだったけど!
個人的には、「塩そば」、「蛤塩そば」の塩味のラーメンが気に入っている♪


ただ、こちらの店のラーメンは、醤油味のラーメンが特徴があって!
それは、こちらの店の「醤油そば」に「蛤醤油そば」は、何と、あの埼玉の郊外に大行列を作らせる『中華そば 四つ葉』「四つ葉そば」「蛤そば」をリスペクトして作ったラーメンなので♪


というわけで、今日は、3つ目の『中華そば 四つ葉』リスペクトである「煮干しそば」を食べに来たんだけど!
ただ、「醤油そば」は、『四つ葉』らしさを感じる一杯だったけど♪


「蛤そば」は、カエシの味わいが、ちょっと違ったので
この「煮干しそば」はどうか!?

ただ、5月に訪問したときに中島店主からは
「蛤醤油そば」のカエシを変えるようなことを言っていたので

今はもう、違う味わいになっているかもしれないし!?
もし、そうなってたら、「煮干しそば」を食べた後に、店内連食しようかな!?

そんなことを思いながら、JR常磐線快速の水戸行きに乗車して、店のある佐貫を目指す!
そうして、やってきました佐貫駅!


麺屋 壱心【四】-3
※画像は関東鉄道竜ヶ崎線の佐貫駅

駅からは17分間、延々と歩いて、店までやってくると
11時20分着でポール獲得♪

ただ、炎天下の中、長時間歩くのはキツイものがあるし
この時期は熱中症にも注意しないといけないね(汗)

店の前のベンチに腰掛けて待っていると
11時30分定刻開店♪

券売機で新たに増設された「煮干しそば」のボタンを押して、食券を買って!
天井付けのエアコンが一番きいている真ん中から、やや、右にある席へとついて、カウンターの上に食券を上げると


麺屋 壱心【四】-4

そこにお客さんが1人。
少し遅れて1人。


さらに、1人。
また、1人と


パラパラとお客さんが入ってきて
食券を受け取った女性スタッフの人から、中島店主に注文が告げられたんだけど

今日、一発目だからなのか
2番目のお客さんの注文が「醤油そば」だったからか

わからないけど、ラーメンを1個作りし始める中島店主!
そうして、完成した「煮干しそば」が私に出されたんだけど


供された「煮干しそば」は、豚肩ロース肉のレアチャーシューが1枚と穂先メンマが2本。
あとは、刻み玉ねぎと板海苔が1枚添えられただけの、シンプルな出で立ちのラーメン。


麺屋 壱心【四】-5麺屋 壱心【四】-6

まずは、淡い色合いした醤油スープをいただくと
淡麗な鶏ガラベースのスープに煮干しを重ねたといった感じのスープで!

麺屋 壱心【四】-7

煮干しは、背黒と白口も使っているのかな!?
さらに、この甘味は鯵煮干しによる甘味なので!

店主に、そう話すと
「よくわかりましたね♪」

なんて言われてしまったんだけど(汗)
これだけ、煮干しラーメンばっか食べていたら、少しはわかる(笑)

そして、鯵も含め、今は3種類の煮干しを使ってますと話していたので
煮干しは、かなりの高い確率で背黒、白口に鯵だと思われるけど

前述したように鯵煮干しの甘味が出たスープで!
背黒と白背のうま味がよく感じられて♪


しかし、煮干し特有のえぐ味や苦味もあって
これは、マニアックではないけど、煮干しや魚が苦手なお客さんでは食べられない、煮干し好きな人のためのラーメンといえる。

なお、このスープに合わされたカエシは、今まで食べてきたこちらの店のラーメンのカエシとは明らかに違うカエシが使用されていて
まるで、「醤油そば」と「塩そば」のカエシを合わせたかのような味わいで!?

でも、このカエシがこの煮干しスープと、よく合っていて!
美味しく食べさせてくれる♪


そして、麺は、ザクパツなカタめで歯切れのいい食感の中細ストレートの低加水麺が合わされていた。
他のラーメンは、すべて共通で、同じ中細ストレートの麺でも、中加水の麺が使われているのに、この「煮干しそば」のみ麺を変えてきた!


麺屋 壱心【四】-8

もしかすると、茹で時間を短くして対応したのかもしれないけど
このニボニボなスープには、この食感の麺が合う♪

具の真空低温調理された豚肩ロース肉のレアチャーシューは、今日も、しっとりとした食感に仕上げられていて!
噛めば、肉のうま味が滲み出てくる美味しいレアチャーシューだったし♪


麺屋 壱心【四】-9

穂先メンマは、やや、濃いめの味付けのもので、塩スープだと、ちょっと、スープの邪魔をするかなという懸念はあるけど
このスープでは、ノープロブレムだったし!

シュクシュクとした穂先メンマ特有の食感がとてもよくて!
さらに、玉ねぎの甘味が、ビターな味わいのスープともよく合っていて♪


最後は、スープもすべて飲み干して完食!
なお、この「煮干しスープ」はカエシを新たに作っていたけど


「蛤醤油そば」については、いろいろと試行錯誤しているようだけど、まだ、できていないということだったので
今日は、これで、終了ということになったんだけど

今日いただいた「煮干しそば」は、今日のクオリティでも十分美味しい一杯には仕上がっていたけど
中島店主の話しを聞いていたら

以前に夜営業限定で出していたときには、様々な煮干しを使って、味の違う一期一会の「煮干しそば」を作っていたみたいだけど
今は、複数の煮干しを使った方が美味しいスープができることがわかって!

それで、レギュラーメニュー化に踏み切ったようだったけど!
今後、スープは、もっとブラッシュアップしていって、美味しくなると思うので!


また、少ししたら、また、お邪魔するつもり♪
ご馳走さまでした。


麺屋 壱心【四】-10

メニュー:醤油そば…750円/蛤醤油そば…850円/塩そば…750円/蛤塩そば…850円/味噌そば…850円/煮干しそば…750円
麺大盛り…100円

トッピング
チャーシュー…200円/味玉…100円/メンマ…100円/のり…100円/バター(味噌のみ)…50円

チャーシュー丼…300円/小ライス…100円/ライス…150円
壱心餃子…350円


麺屋 壱心

昼総合点★★★★ 4.5



関連ランキング:ラーメン | 入地



好み度:煮干しそばstar_s40.gif
接客・サービスstar_s50.gif

ブログランキングに参加しています。
日々の更新の励みになりますので…
↓↓↓
こちらを1日1回クリックいただきますようお願いしますm(__)m
にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ
にほんブログ村

↓↓↓こちらのクリックもよろしくお願いしますm(__)m
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://ramen151e.blog71.fc2.com/tb.php/3688-53422fb3