訪問日:2016年8月4日(木)

【新店】煮干し中華そば 一剣-1

本日のランチは、JR板橋駅の駅近に8月2日にオープンした新店の『煮干し中華そば 一剣』で!

こちらの店は、池袋の『生粋』出身の店主が開業した店で!
しかし、店主は『中華ソバ 伊吹』のファンらしく、店で出すのは、『中華ソバ 伊吹』をリスペクトしたラーメンなんだとか
!?

そんな、話しを聞いてしまっては、行くっきゃないよね♪
というわけで、JR埼京線に乗って板橋駅へ!


そして、東口(滝野川口)の改札を抜けたら、駅前のロータリーを右に回っていくとある「CoCo壱番屋」があって!
店は、その並びにある。


店の前にやってきたのは、開店時間5分前の11時25分
すると、店の前に並びはなく、ポール獲得!

しかし、直後から、お客さんがゾロゾロやってきて!
開店時間の11時30分までに6人の行列ができた。


定刻になると、店主が暖簾を持って出てきて
開店♪

入店したら、まずは、店をはいってはすぐ左の壁際にある券売機で食券を購入するんだけど
麺メニューは、「煮干し白湯そば」、「煮干しつけそば」、「煮干し中華そば」の3メニュー!

【新店】煮干し中華そば 一剣-2

他に「替玉」150円に、「ご飯」50円と言うボタンもあって!
麺は高めなのに、ご飯は安めの設定
!?

本当に『中華ソバ 伊吹』のファンで!
『中華ソバ 伊吹』リスペクトのラーメンであれば


『伊吹』の「淡麗中華ソバ」をリスペクトしたと思われる「煮干し中華そば」からいって!
次に、「濃厚中華ソバ」リスペクトの「煮干し白湯そば」の順に2杯連食するのがいいのかもしれないけど


『伊吹』にない「煮干しつけそば」があるのが腑に落ちなかったし
券売機左上の一番のおすすめの位置にあったのが、「煮干し白湯そば」だったので!

これで、実力を計ることにした。
食券を買うと、ホールに居た年配のおじさまから


「お好きな席へどうぞ!」と言われたんたけど
客席は、厨房前に設えられた、一直線に並ぶカウンター全6席で!

普通は、入口から一番遠い、右奥の席から詰めて座るべきなんだろうと思いながらも
厨房の店主が立つ茹で麺機に近い、左端の席へとつくことにした。

すると、すぐに、この年配のスタッフのおじさまからお水の入ったコップが出されて!
サービスいいなと思ったんだけど


水をおかわりするときには、セルフで奥の給水器まで行かなければならないのが
しかも、客席と後ろの壁のスペースがなくて、奥まで行くのが大変なので(汗)

卓上におかわり用の水が入った水差しを置くのが一番だと思うけど!
これは、改善しないとダメだと思う。


なお、カウンターの壁には、「替玉」の説明が書かれていたんだけど
「刻みチャーシュー、ねぎ、玉ネギ、高菜入り」って

【新店】煮干し中華そば 一剣-3

これ、「替玉」じゃなくて、「和え玉」じゃない!
先ほどは「替え玉」150円は高めかなと思ったけど


「和え玉」で150円なら、逆にリーズナブル♪
『伊吹』でも、今は200円なのに


そう考えると、680円というラーメンの価格も、ご飯50円というのもリーズナブルだし!
この店、めっちゃ、コスパ高いかも♪


厨房では、店主がラーメン作りを始めていて
麺2玉を取り出すと、2基のテボに1玉ずつ投入して、タイマーをセット!

30秒後に
ピピピッ!ピピピッ!

タイマーが鳴ると
テボが引き上げられて!

湯切りされた麺が、スープの張られた2つのラーメン丼に入れられて!
そこに、茹で麺機で温められていたレードル一杯分を2つのラーメンに掛け分けられると


最後に具の盛りつけ!
やはり、茹で麺機で温められていたチャーシューが2個ずつ置かれて!


最後に、微塵切りされた玉ねぎがバサッと載せられると
完成した2つの「煮干し白湯そば」の一つが私の前に着丼!

【新店】煮干し中華そば 一剣-4【新店】煮干し中華そば 一剣-5

薄焦げ茶色したスープに中細ストレートの麺が入り!
豚バラ肉の煮豚2個にメンマ菜の花、微塵切りされた玉ねぎがトッピングされたラーメンは、見た目は、まったく『伊吹』っぽくはないかな
(汗)

スープにレンゲを差し入れると
スープは、ドロッとした濃厚鶏白湯煮干しスープで!

カエシの醤油の味わいも、はっきり感じられて
この動物系の強いスープは『伊吹』リスペクトではないね

【新店】煮干し中華そば 一剣-6

鶏のうま味は感じられないので、ベースはモミジで!
モミジを強火で炊いてトロミをつけた鶏白湯スープに煮干しをぶち込んだといった感じの味わいのスープで!


背黒のうま味も感じられることは感じられるけど
どちらかというと、煮干しのエグニガな味わいがドバッと出ていて

もしかしたら、ペースト状にした煮干しを鶏白湯に合わせているのかもしれないけど
塩分も高めで!

何しろ、私には味がクドすぎて
まあ、こういう、クドくて、エグニガな濃厚鶏白湯煮干しのスープを好むニボラーの人たちもおられるとは思うけど

麺は、店内にあったプラスチックの麺箱から、村上朝日製麺の麺と判明した!
そして、この麺は、たぶん、『中華そば 四つ葉』や『麺処 晴』で使われているものと同じ麺だと思われるけど


茹で時間の短さからか
ザクパツというより、ポキパツといった感じの食感の麺で

食感はもう一つ
小麦感も、ほぼ感じられないし

あと15秒か!?
このスープだったら20秒以上茹でてもいいように感じられたし

その前に、麺がスープに負けてしまっているので
このスープで行くなら、麺は、もっと太くて、加水率の高い麺を合わせた方がいいように感じられた。

【新店】煮干し中華そば 一剣-7

トッピングされた豚バラ肉の煮豚は、肉の脂のうま味が感じられるもので、このスープには合っているとは思うけど!
個人的には、あまり好みの煮豚ではなかったかな


【新店】煮干し中華そば 一剣-8

太メンマは、外はコリッ!
中はサクッの食感のいいメンマでとてもよかったし♪


微塵切りされた玉ねぎは、シャリシャリとした食感もよかったし!
玉ねぎの甘味が、このエグニガなスープを中和してくれてよかったと思う!


なお、菜の花のほろ苦い味わいは、単品ではよかったし!
「煮干し中華そば」には合うのかもしれないけど


この濃厚なスープには
苦味に苦味が足されるので、ちょっと、微妙のような

それと、なぜか、柚子皮のスライスが一つ、入れられていたんだけど
これは、細かく刻んで、もっと、いっぱい、入れて欲しかったかも

しかし、このスープだったら、絶対に「つけ麺」で食べるべきだと思う!
なので、「煮干しつけそば」で食べたら、評価は違ったかもしれないけど


ラーメンで食べるには
ちょっと、好みからは外れるものだったかな

なお、食べている途中にお願いして、店主に作ってもらった「替玉」は
やはり、見た目からも、完全に「和え玉」!

【新店】煮干し中華そば 一剣-9

ただ、カエシの味わいが濃すぎて、味わいがもう一つ。
それと、高菜の味が強すぎて、合わなかったかな


なお、このラーメンの味については、完全に、個人の好き嫌いの問題だけだろうとは思うけど
一つだけ言えることは、こちらの店のラーメンは、まったく『伊吹』リスペクトなんかじゃないってこと!

ここに断言しておきます。
『伊吹』ファンで、『伊吹』ライクなら一杯が食べられると思った方もいらっしゃると思いますが、まったく違いますので、ご注意願います。


【新店】煮干し中華そば 一剣-12

メニュー:煮干し白湯そば…680円/煮干しつけそば…700円/煮干し中華そば…680円

つけそば大盛り…50円/替玉…150円

メンマ…100円/煮玉子…100円/菜の花…100円/チャーシュー…150円
ライス…50円


煮干し中華そば 一剣



関連ランキング:ラーメン | 板橋駅新板橋駅下板橋駅



好み度:煮干し白湯そばstar_s30.gif
接客・サービスstar_s30.gif

ブログランキングに参加しています。
日々の更新の励みになりますので…
↓↓↓
こちらを1日1回クリックいただきますようお願いしますm(__)m
にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ
にほんブログ村

↓↓↓こちらのクリックもよろしくお願いしますm(__)m
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://ramen151e.blog71.fc2.com/tb.php/3683-b6c96453