訪問日:2016年7月29日(金)

【新店】中華そば こてつ-1

本日のランチは、東京・下北沢に7月17日にオープンした新店の『中華そば こてつ』へ!

家系ラーメン店出身の店主が開業した店で!
しかし、店で出すラーメンは、あっさり系の「中華そば」に「塩ラーメン」なんだとか
!?

最近、こういう豚骨の白湯スープのラーメンやつけ麺の店出身なのに
鶏ガラの清湯スープのラーメンで勝負するラーメン店が増えた。

中には、東京・西荻窪のミシュランのビフグルマンに輝いた『麺尊 RAGE』や!
京都No.1の鶏清湯ラーメンを出すと呼び声の高い『らぁ麺 とうひち』のように、極上の美味しい醤油清湯のラーメンを食べさせてくれる店もある一方


残念な店もあるので
さて、こちらの店はどうか!?

食べログの評価はあまり芳しくはない。
でも、Twitterに入ってくる評判は悪くないので、自分の舌で味を確かめたいと思っていた。


というわけで、超久々にやってきました下北沢駅!
店は、この小田急線と井の頭線が交錯する下北沢駅の井の頭線側の西口北側出口を出て!


すぐ左にある道を北上して!
春高バレーの常連校である下北沢成徳高校の先を右に曲がった「下北沢の一番街商店街」の、すぐ先の右側にある。


店頭のA看板には、メニュー画像入りのメニュー紹介があって!
左上のおすすめの位置には「中華そば」!


【新店】中華そば こてつ-2

右上は、なぜか、麺メニューではなく、「おつまみワンタン」!
二段目には、「つけ麺」、「塩ラーメン」とあって!


最後の段は、「特製中華そば」と「炊き込みご飯」!
ここから考えても、店のおすすめは、醤油味の「中華そば」なのは明白♪


あとは、トッピングをどうするか!?
「おつまみワンタン」を推していたから

「ワンタン麺」かな♪
でも、チャーシュー増しになって、味玉にワンタンまで付いて200円高で食べられる「特製」も捨てがたい


とは思ったけど
入店して、すぐ左にあった券売機で買い求めたのは「ワンタン麺」!

【新店】中華そば こてつ-4

なお、店は、間口が狭くて、奥行きのある鰻の寝床のような店で!
奥が厨房になっていて!


客席は、この奥の厨房に向かって延びるL字型カウンター9席!
手前に2席、奥に7席の配置。


11時44分の入店で、お客さんが2人!
お客さんは、2にんとも、入り口近くの席に座っていて


厨房に近い席が、がら空きだったので
奥から2番目の席に座ったんだけど

すると、ちょうど、1人のお客さんが
「ご馳走さま。」と言って、席を立って帰っていったんだけど

その人こそ
ラーメン王の石神秀幸さん!

すると、その存在に気づかなかった店主に向かって
もう1人のお客さんが

「今、帰ったの、石神さんだよ!?」と教えていたけど
実は、後で、山本さんと名乗った店主は、石神さんの存在を知っていて

「緊張しました。」と真顔で話していたけど
ラーメン王はどんな感想を抱いたのだろうか

厨房に1人の山本店主が食券を受け取りにきて、さっそくラーメン作りに入る。
まずは、大きな肉の塊からローストしたレアチャーシューを切り出していったんだけど


【新店】中華そば こてつ-5

このチャーシューが、めっちゃ美味しそうだったので!
「すいません、そのチャーシュー、トッピングしてください♪」


そう言って、追加で、「チャーシュー」トッピングの食券を買い求めて、店主へと渡す。
そうして、出来上がってきたのが


「チャーシューワンタン麺お待ちどうさまです。」
そう言って、山本店主から供された「ワンタン麺」の「チャーシュー」トッピング!


【新店】中華そば こてつ-6【新店】中華そば こてつ-7

半分がチャーシューで覆われて!
半分がワンタンで覆われたラーメン!


具は他に、メンマカイワレと細かく刻まれたネギ
まずは、チャーシューをワンタンの上に避難させて、スープをいただいてみると


【新店】中華そば こてつ-8

鶏ガラ、ゲンコツ、香味野菜の動物系スープに、昆布に煮干しと節の魚介系スープのうま味を重ねたスープで!
このスープに、キレッキレの醤油ダレのカエシが合わせられていて


「東京のクラシックな中華そば」!
あるいは、「東京のノスタルジックな醤油ラーメン」を現代風にアレンジしましたといった感じの味わいで!


めちゃめちゃ、美味しいじゃないですか♪
子供の頃から、ずっと東京で育って、東京の醤油味の中華そばに慣れ親しんできたものからすると


この鶏ガラベースに背黒の煮干しがきかされて!
鰹節、鯖節の節のうま味も感じられるこの味は


懐かしくて、新しい味♪
何が違うかというと


まず、一番の違いは無化調だということ
ラーメン作りを間近で見ていて、白い魔法の粉は使っていなかったし!

化調のピリピリ感は、微塵も感じられなかったので
それと、醤油も、ただの濃口醤油だけではなく、火入れしていない生醤油もブレンドして使っていたこと。

ただ、その使い方が、今は、兵庫県の塚口に移転して、『ロックンビリーS1』をオープンさせた嶋崎さんが始めた、ネオクラシカルな醤油ラーメンのような、生醤油が主体の使い方ではなく
普通の醤油を使いつつ、何気に生醤油も取り入れているのがいい♪

個人的には、やや、魚介が主張し過ぎ!
というか、もう少し、動物系が強い方が、醤油ラーメンの場合はいいような気がしたけど


このバランスで、「塩ラーメン」を食べたら
結構、いいバランスかも!?

そんな印象のスープだったけど
好きだな、この味♪

麺は、定番の中細ストレート麺が合わせられていて
しかし、食感はザクパツ!

【新店】中華そば こてつ-9

食感からすると、加水率は31%くらいか!?
煮干しスープのラーメンに使用してもいいような低加水に限りなく近い中加水麺が合わせられていて

個人的には、もう少し加水率の高い麺にするか!?
麺の茹で時間を長めにする方がいいような気はしたけど

でも、ニボラーで、こういうカタめで歯切れのいい食感の麺が好きだから、いいんだけどね
それと、一番大事な、スープとの相性という点では、まずまずだったし!

そして、トッピングした豚肩ロース肉のローストレアチャーシューは
厚みがあったこともあって、歯応えがあって

【新店】中華そば こてつ-10

噛み切りにくい場所もあった。
塩味の味付けで、味自体はよかったし♪


肉のうま味も感じられる美味しいレアチャーシューだったんだけど♪
もっと、やわらかく、しっとりとした食感に仕上げるのが課題かな


ワンタンは、皮がトゥルンとしていて!
餡もそれなりに詰まった肉ワンタンで!


【新店】中華そば こてつ-11

生姜がききすぎるほどきかされていて!
でも、この味わいは、個人的に好みでよかった♪


最後は、スープもすべて飲み干して完食!
ワンタンにチャーシュートッピングして、結構、お腹もいっぱいだったんだけど


スープがめっちゃ美味しかったのと♪
この魚介強めのスープは、絶対に「塩ラーメン」に合うはずと考えて!


この後、デフォの「塩ラーメン」も食べていくことにしたんだけど
ちょっと、レポが長くなりすぎてしまったので、続きは、またの機会に(汗)

【新店】中華そば こてつ-3

メニュー:醤油
中華そば…650円/特製中華そば(チャーシュー2枚・味玉・ワンタン)…850円/チャーシュー麺…850円/ワンタン麺…850円


塩ラーメン…650円/特製塩ラーメン(チャーシュー2枚・味玉・ワンタン)…850円/塩チャーシュー麺…850円/塩ワンタン麺…850円

つけ麺…800円

大盛り(1.5玉)…+100円/特盛り(2玉)…200円

単品
炊き込みご飯…150円/おつまみ皿…350円/おつまみワンタン…400円

トッピング
のり…100円/味玉…100円/メンマ…150円/チャーシュー…200円


中華そば こてつ



関連ランキング:ラーメン | 下北沢駅新代田駅東北沢駅



好み度:ワンタン麺+チャーシューstar_s45.gif
接客・サービスstar_s45.gif

ブログランキングに参加しています。
日々の更新の励みになりますので…
↓↓↓
こちらを1日1回クリックいただきますようお願いしますm(__)m
にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ
にほんブログ村

↓↓↓こちらのクリックもよろしくお願いしますm(__)m
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://ramen151e.blog71.fc2.com/tb.php/3678-34773de3