訪問日:2016年7月26日(火)

【新店】らー麺 日より-1

今夜、大阪から東京に帰る前に、寄っていきたい店があった。
それは、森ノ宮に7月18日にオープンした『らぁー麺 日より』!


こちらの店は、おそらく、大阪初と思われる
鮮魚の真鯛だけを使って出汁をとった真鯛ラーメンの専門店。

東京では、錦糸町の『真鯛ラーメン 麺魚』がブレイクしているけど
果たして大阪でも、真鯛ラーメンは流行るのだろうか!?

そんな話しをしたところ
大阪の麺友からは

奈良には以前から、『鯛だしそば・つけ麺 はなやま』に『炙り鯛だしらーめん・つけ麺 サクラ』があると反論されたけど
『鯛だしそば・つけ麺 はなやま』に、その系列店の『炙り鯛だしらーめん・つけ麺 サクラ』は、鯛は鯛でも鯛煮干しを使うラーメンだし

鮮魚を使うラーメン店としては、大阪・阿倍野の『麺と心 7』があるけど
鯛以外の鮮魚も使うし!

限定で、鯛白湯や鯛清湯スープのラーメンにつけ麺を出す店はあっても!
レギュラーメニューで出す店は、大阪・西九条に今年の5月18日にオープンした『鯛出汁らーめん 琴ね』まではなかった。


こちらの店は、大阪のラーメンチェーン『九州らーめん 亀王』を経営する大真実業が手掛けるの新業態のラーメン店で!
宇和島の真鯛の鮮魚を使うには使うものの


数種類の節類、少量の鶏ガラからとったスープも合わせて使うということで
純粋に、鮮魚の真鯛だけで出汁をとった真鯛ラーメンをデフォで食べられるのは、こちらの新店だけだと思われる!

というわけで、店のある森ノ宮へと向かったんだけど
実は、これが、昨夜に続いて、2度目の訪問。

昨夜は、大阪に着いて、真っ先に、こちらの店にやってきたところ
何と、この日は、都合により、昼のみの営業という貼り紙が貼ってあって、久々に、フラレてしまった。

【新店】らー麺 日より-2【新店】らー麺 日より-3

ガッカリして
こちらの店との一期一会はなかったのかな

一度はそう思った。
しかし、今日、店のTwitterを見たところ


「昨日はお昼の営業のみでした。」
「告知させていただいてましたが、もしお越しの方がいましたら、すみませんでした。」


「本日は通常通り、11:30~15:00 17:00~22:00まで営業します」なんて、ツイートしていて
前の日のツイートも見に行くと

ちゃんと、昼のみ営業とツイートしていたので
それなら、しょうがないよね!

JR森ノ宮駅の中央線大通りと接する出口の脇に広がる
狭い路地と幅広の道路の両側に飲み屋が連なる「森ノ宮商店街」!

【新店】らー麺 日より-4【新店】らー麺 日より-5【新店】らー麺 日より-6【新店】らー麺 日より-7

ここを抜けて!
直進していくと


大阪では有名な安売りスーパーのスーパー玉出があるので!
その手前の広い道を左折して、そのまま、真っ直ぐに歩いていくと


『麦笑』という、ここら辺では有名なうどん屋さんがあって!
店は、そのすぐ先にある。


夕方の5時30分に入店すると
店内ノーゲスト!

激極店で、客席はL字型カウンター席5席と、こじんまりとした2人掛けのテーブル席が1卓。
女性スタッフの方から


「奥の席へどうぞ♪」とすすめられたんだけど、奥に行けば行くほど席の奥行きが狭くなるので(汗)
奥から2番目の席へと着かせてもらうことにした。

壁に飾られた手書きのメニューを見ると
麺メニューは、「鯛そば甘口醤油」、「鯛そば三味噌」!

【新店】らー麺 日より-8

そして、「17時以降10食限定」と書かれた「鯛そば醤油海老とろみつけ麺」の3種類。
「やってもうた」は、「ごはんと小鉢」、「玉子かけご飯」、「チャーシュー丼」!


17時以降10食限定の「鯛そば醤油海老とろみつけ麺」にも惹かれたけど♪
ここは、鯛出汁のうま味を味わえる「鯛そば甘口醤油」にすることにして!


「やってもうた」は
「やってもうた」のまーちんさんではないので自重(笑)

すると、注文から5分ほどで着丼した「鯛そば甘口醤油」は
提供される寸前に店主によりバーナーで炙られた豚バラ肉のチャーシューに、味玉ハーフ、メンマ代わりの(?)オクラ白菜、細かく刻まれたネギに細切りされた海苔が載せられたラーメン!

【新店】らー麺 日より-9【新店】らー麺 日より-10

メンマ代わりに筍を使う店は増えたけど!
温かいラーメンにオクラを入れるのは珍しいし!


海苔を細切りするのも
冷やしならわかるけど(笑)

まずは、九州醤油をカエシに使っていると事前情報のあったスープをいただくと
「甘口醤油」とメニューに明記された通りの、砂糖に甘味料の甘味が感じられる甘味のある醤油味のスープで!

具に白菜が使われていて、白菜からの甘味もスープに加わっているので!
余計に甘みを強く感じる。


ただ、大阪で、たまに、ぶち当たる、甘ったるい味わいの醤油スープの味わいではないので
別に、気にはならないし、いい味付けだと思う。

それと、鯛は、まったく臭みなく、うま味だけが出ていて!
いい出汁は出ているとは思うけど!


東京・錦糸町の『真鯛ラーメン 麺魚』のような圧倒的な鯛感はないし
それに、ちょっと、カエシが勝ってるかな

カエシが甘くて、味も強いため
鯛出汁がマスキングされている印象

なお、このスープだけど
実は、この後、「鯛そば醤油海老とろみつけ麺」もいただくことになって(笑)

最後に、割りスープ代わりに、贅沢にも、鯛出汁のスープをお茶碗一杯分いただいて♪
この原液のスープを味見したところ


らー麺 日より【弐】-4

やっぱり、いい出汁が出ていた♪
でも、ラーメンだったら、もっと鯛感を強く出してもいいかもね
!?

それと、カエシに九州醤油を使うのもいいとは思うけど
もっとシンプルに、出汁のうま味を伝えられる塩とか白醤油を使ったバージョンを考えてもいいかもしれない。

それと、この味わいは、鯛の中骨を使って
兜は、焼いてから炊いていったのかな!?

鮮魚の臭みを消して!
うま味を引き出す術を知っていて


店主は、和食の経験があるよね!
そう思ったので、ズバリ、店主に聞いてみると


「最初は、寿司職人で、あとはやりたいことがあって…」みたいな答えがあって!
ピンポンだったけど♪


でも、店主は、和食のプロではあるけど
たぶん、ラーメン店での修業経験はないと思う。

それは、一杯一杯、雪平鍋にスープ、カエシ他を入れて味付けをしていって!
味見しながら、味を整えていくというラーメンの作り方を見ていてもわかる。


味わいは違うけど、守口にある『麺や しき』の、初期の渡辺店主の作るラーメンを見ているようで!
今後、スープは、どんどんよくなっていくような気がする♪


なお、麺は、平打ちの中庸な太さのストレート麺が合わせられていて
なめらかで、モチッとした食感もあって!

それに、スープにも、それなりには絡んでくれて!
特に大阪だったら、これでいいのかもしれないけど


【新店】らー麺 日より-11

鯛出汁の清湯スープに合わせるのであれば
中細ストレートの、もっと加水率の低い麺を合わせて!

全粒粉を配合させた麺で、日本蕎麦っぽい麺を合わせると、めっちゃ、合うような気がするんだけど!
ただ、うどん文化の大阪では、受けないか
!?

具のバーナーで炙られた豚バラ肉のチャーシューは、香ばしくて♪
肉のジューシーさも感じられるものでよかったし!


【新店】らー麺 日より-12

味玉ハーフは、黄身がオレンジ色したもので!
見た目からも美味しそうだし!


実際に食べても、甘みが感じるられて!
白身も味が滲みた、美味しい味玉でよかったし♪


オクラは、特にどうというものはなかったけど
普通のラーメンとは違う斬新さがあってよかったし♪

【新店】らー麺 日より-13

美味しく完食♪
ただ、ここまでだったら、そうは印象に残らないラーメンで終わっていたかもしれないけど


お客さんがいなかったので、少し、店主と話しをしていたところ
夜営業のみ10食限定のつけ麺は、鯛出汁は鯛出汁だけど、こちらは、ラーメンとは違って鯛白湯スープのつけ麺で!

甘海老を殻ごと、ミキサーですり潰した海老感MAXの一品だという話しを聞いて!
めっちゃ食べたくなって、追加注文!


そして、この「つけ麺」が個性的で美味しいつけ麺でよかったんだけど♪
ちょっと長くなりすぎてしまったので、この模様は、また、後日に
(汗)

【新店】らー麺 日より-14

メニュー:鯛そば甘口醤油…750円/鯛そば三味噌…780円
【17じ~10食限定】鯛そば海老とろみつけ麺…880円

煮玉子…100円/チャーシュー…200円/ネギ…100円/チーズ…200円

チャーシュー丼…300円/玉子かけご飯…250円
ごはん 小…100円/大…150円


らぁー麺 日より



関連ランキング:ラーメン | 森ノ宮駅玉造駅(JR)玉造駅(大阪市営)



好み度:鯛そば甘口醤油star_s35.gif
接客・サービスstar_s50.gif

ブログランキングに参加しています。
日々の更新の励みになりますので…
↓↓↓
こちらを1日1回クリックいただきますようお願いしますm(__)m
にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ
にほんブログ村

↓↓↓こちらのクリックもよろしくお願いしますm(__)m
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://ramen151e.blog71.fc2.com/tb.php/3676-ce1d214b