訪問日:2016年7月6日(水)

麺童 豊香-1

本日1軒目に『煮干し中華蕎麦 山崎』で「淡麗」じゃない「淡麗煮干し中華蕎麦」をいただいて!
次に向かったのが、昨年の12月26日オープンの『麺童 豊香』!


こちらの店は、たまたま、誰かのTwitterのツイートでオープンを知って!
生ハムのようなレア感のあるレアチャーシューが載るラーメンの画像を見て、めっちゃ、美味しそうだったし♪


「麺童 豊香」と入力してググってみると
地元の有名店の店主とともに、長野の某有名店で修業した店主が開業した店らしく!

並みの新店ではないという情報だったので!
機会があれば伺いたいと、ずっと思っていた店!


『煮干し中華蕎麦 山崎』から、スマホのナビで店へと向かって
延々、炎天下の中、27分も歩いて、ようやく店にたどり着いたのは12時2分(滝汗)

入店すると
厨房前に5席あるカウンター席は4席が埋まり!

窓際にある4人掛けのテーブル席には、2人のお客さん!
そして、店の中央に置かれた8人掛けの大きなテーブル席には、2人、お客さんがいた。


一つ空いていたカウンター席に向かうと
店主の奥さまなのかな!?

女性の方から
「こちらにお願いします。」と8人掛けのテーブル席に着くよう言われて

調理の様子や、厨房にいる店主とも会話したいから
カウンター席では駄目ですかと聞いたんだけど

「テーブル席でお願いします。」と言われてしまったので
仕方なく、一番左端で、厨房が見える席に着こうとしたら

「そこは駄目です。」
「片付けてないので…」


そして
「こっちに座ってください。」

彼女が指し示したのは、厨房に背を向けて座る席で
嫌だなと思いながら、渋々、席に着く

そうして、注文を聞かれるのを待っていると
ちょうど、ラーメンが次々に出来上がったようで、配膳をしていたので

それが済むのを待っていたんだけど
それが終わっても、1人帰って行ったお客さんの後片付けを始めて、注文を取りに来ないので

こちらから
「すいません。」と声を掛けると

「待って!」と制されて
片付けが澄んだ後に、注文を取りにきたので

麺童 豊香-2麺童 豊香-3

「淡麗の醤油と塩と、濃厚な鶏そばの3つのラーメンでは、どれが一番のおすすめですか!?」と質問すると
「うちは、淡麗の醤油が売りの店ですけど…」

ぶっきらぼうにそう言われてしまったので
「ああ、そうなんですか…」

「では、その淡麗の醤油をお願いできますか!?」と言って!
さらに、チャーシューをトッピングしようと言いかけたところで


3人のお客さんが入ってきて、勝手に席に着こうとしたこともあって、この場を離れて
その3人のお客さんに向かって

「何人ですか!?」と聞いて
「3人です。」と答えがあると

「その椅子に掛けてお待ちください。」
「今、テーブル席片付けますから…」


そう言うと
ちょっと前に帰っていった4人掛けのテーブル席にいた2人客の片付けを始めようとしたので

「すいません!」
まだ、注文が終わってないので、呼ぶと


「ちょっと、待って!」
そう言うと、こちらを無視して、テーブルを片付け始めて


3人客をテーブル席へと案内して
それから、ようやく、私のところへやってきて

「淡麗中華そば(醤油)」に「レアチャー3種盛り」の注文を入れたのは12時10分。
すでに、店についてから8分も経っている


イラチな関西人だったら、間違いなく帰っている。
でも、その前に、この女性スタッフの態度で帰ってるかも
(汗)

そして、この後、ラーメンが出てくるまでも、やたらと時間が掛かった。
ラーメンが出されたのが12時27分。


注文から17分。
入店から25分。


厨房に背を向けて座っていたので、何でこんな時間がかかったのか、わからないけど
店主1人によるオペということを差し引いても、ちょっと、時間掛かりすぎじゃない!?

それに、ラーメンに入った豚肩ロース肉のレアチャーシューとトッピングした「レアチャー3種盛り」のレアチャーシューを見比べてみればわかると思うけど
色が違うのがわかると思う

麺童 豊香-7

つまり、ラーメンが放置されている時間があったため
スープの熱で鮮やかなピンク色したチャーシューの色が淡く白っぽく変色してしまっている。

本当、もう少し、この接客態度とラーメンの提供時間の遅さは
考えてもらわないと

なお、供されたラーメンは、デフォで鶏ムネ肉と豚肩ロース肉の2種のレアチャーシューに穂先メンマ、ネギ、柚子片がトッピングされた「NEOクラシカル」な流行りのビジュアルの一杯♪
柚子片が入っているのは、好みで


注文したときに、入れるかどうかを聞かれて
お願いして入れてもらったもの。

麺童 豊香-4麺童 豊香-6

まずは、醤油が香るスープをいただくと
意外に醤油が主張してこない。

麺童 豊香-9

でも、そこは、個人的には別に構わないと思うけど
鶏のうま味も控えめなのが

那須御養鳥の丸鶏に大山鶏の胴ガラを使ったと黒板に書かれていたスープは、もっと!
鶏の濃密なうま味が感じられるスープだと思っていたのに


麺童 豊香-10

鶏はやさしめで
感じられるのは、香油に使われた鶏油の味わい

仄かに、昆布や煮干しや節と思われる乾物の風味もあるようにも感じられたけど、出汁感弱めで
鶏油をきかせた、やさしい味わいの醤油味のラーメンという印象!

それでも、まだ、ここまではよかった。
問題なのは、結構な量の黒胡椒が入れられていたこと


なぜ、そうしたのかわからないけど
これは、やって欲しくなかったし

特に、繊細な味わいのラーメンには、絶対にやるべきじゃないと思っているので
これは、私にとっては、大きなマイナスポイント

麺は、「麺屋 棣卾」の中細ストレートの麺が使われていて
つるっとした食感なのに、噛むと歯切れのいい中加水麺は、なかなか食感のいい麺だし♪

麺童 豊香-11

小麦のうま味も感じられて♪
スープとも適度に絡んでくれてよかった!


トッピングされた3種のレアチャーシューのうち
鶏ムネ肉のレアチャーシューは、しっとりとした食感が最高!

トッピングしないと付かない鶏モモ肉のレアチャーシューは、味、食感ともまずまず。
豚肩ロース肉のレアチャーシューは、ハーブの風味はよかった。


麺童 豊香-8

ただし、カットが薄いので、まるで、ハムを食べているようで
枚数を減らしてもいいので、もう少し、厚切りにしてもらえるとよかったと思うんだけどね

見た目は、流行りの「NEOクラシカルな醤油ラーメン」!
でも、中身が伴っていない印象で!


特にスープの鶏感がないのと
黒胡椒が使われたのが

接客が残念なところにきて!
まだ、味がよければと思っていたんだけど


麺童 豊香-12

メニュー:淡麗中華そば(醤油・塩)…730円
【数量限定】濃厚鶏そば(醤油・塩)…780円

替え玉
1玉…120円/半玉…80円

つけ合わせ
那須御養卵味玉…100円/玉ねぎ…70円/ねぎ(白・旨・辛)…各150円/穂先メンマ…200円
レアチャ3種盛り(豚肩ロース×2、鶏むね×1、鶏もも×1)…270円

鶏そばにおすすめ
旨味玉…100円

餃子
5個…380円/3個…270円

ライス…150円/半ライス…100円

餃子セット(餃子3個+半ライス)…270円
※昼の部限定


麺童豊香



関連ランキング:ラーメン | 小山駅



好み度:淡麗中華そば(醤油)star_s30.gif
接客・サービスstar_s20.gif

ブログランキングに参加しています。
日々の更新の励みになりますので…
↓↓↓
こちらを1日1回クリックいただきますようお願いしますm(__)m
にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ
にほんブログ村

↓↓↓こちらのクリックもよろしくお願いしますm(__)m
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://ramen151e.blog71.fc2.com/tb.php/3656-f18f6878