訪問日:2016年2月20日(土)

中華そば まるたけ-1

仙台ラーメンラーメンツアー2日目!

『荒町商店中華そば ふじやま』を出て、本日2軒目に向かったのが、岩切に昨年の5月28日にオープンした『中華そば まるたけ』!

こちらも、1軒目に伺った『荒町商店中華そば ふじやま』同様、煮干しラーメンに特化した店!
仙台駅から仙石東北ライナーの石巻駅行きで、仙台駅から2駅目の岩切駅へと向かったんだけど


中華そば まるたけ-2

電車が少し前に出たばかりで、次の電車が来るまで30分近く待たなければならないのが辛いところ
そうして、岩切駅について、ここからはバス便!

しかし、土曜日は、平日と違って、1時間に1本しかなく
しかも、次のバスが来るのは40分以上も先

歩くか!?
しかし、店までは徒歩25分もあるので、結局、駅前に停まっていたタクシーに乗って向かうことにしたんだけど

片道で910円。
高いラーメン代についてしまった
(笑)

なお、利府街道から横道に入った場所に店はあって
ちょっと、わかりにくいので

岩切駅方面から行かれる方は、街道の右側に見えてくるファミレスの「ジョイフル」を目印にして!
その先を右に曲がると覚えておけば、間違いはなし♪


運転手さんに店の入口の前に車を停めてもらって、代金を支払おうとすると
「プップー!プップー!」と、後ろから入ってきた車がクラクションを鳴らすので

ちょっと、待ってよ
と思ったんだけど

「プップー!プップー!」
クラクションが鳴りやまない


そこで、駐車場の奥まで入ってもらって、支払いを済ませたんだけど
数秒、待ってくれればいいのに!

イラチな関西人ならわかるけど(笑)
東北の人は、おおらかな人が多いと思っていたのに(汗)

そうして、12時40分に入店すると
L字型カウンター席8席とと4人卓が2卓ある小上がりで営業している店は、お客さんでいっぱい!

それでも、カウンター席が2席空いていたのでよかった。
というのも、この後、ゾロゾロとお客さんが入店して、店内に置かれた待合いの丸椅子が埋まるほど、お客さんが入ってきたので


ちょっと、来るのが遅かったら、かなり、待たされていたと思われるので(汗)
でも、土曜日とはいえ、流行ってるね♪

そして、まずは、券売機で食券を購入するんだけど
メニューは「煮干中華そば」の「あっさり」と「こいにぼ」の2つからのチョイス!

中華そば まるたけ-3

他に豚骨煮干しスープの「こくにぼ」なるメニューもあったけど!
こちらは夜営業限定!


券売機左上の一番のおすすめの位置には「全部入り煮干中華そば あっさり」!
その右隣に「全部入り煮干中華そば こいにぼ」!


その下が「味玉煮干中華そば あっさり」に「味玉煮干中華そば こいにぼ 」!
そして、ここまでが、大きな画像付きのボタンになっていて!


店が何を売りたいのかは明瞭(笑)
でも、私が押したのは、その下にあって、小さく写真が載せられた、ノーマルの「煮干中華そば こいにぼ」の食券。

中華そば まるたけ-4

『荒町商店中華そば ふじやま』で「特製追いサバ節そば」に「味付替玉」までしてしまって、それなりにお腹いっぱいだったこともあったけど
簡単に店の戦略には乗せられません(笑)

席について、食券をカウンターの上に置くと
女性スタッフの方が食券を回収していって、店主に注文を告げる。

厨房には、この女性スタッフの方と店主の2人で!
調理は、店主1人で行っていた。


そして、一度に多くの杯数をこなすためか!?
ラーメンを4個作りしていたんだけど

4基のテボに麺を投入!
1分30秒掛けて麺が茹で上がると


雪平鍋で温められたスープが丼に張られて
2基のテボに入れられた麺はスープの中へ!

そして、盛りつけがなされて、2つのラーメンが完成すると!
女性スタッフの人によって、お客さんに出されていった。


その後、再び、加熱されていたスープが温まると
同じ手順で、麺が入れられて!

盛りつけがなされて、残り2つのラーメンも完成することになるんだけど
この間、茹で上がった麺は、1分半も放置されたまま

そして、後から出来上がった方のラーメンの一つが私に出されたんだけど
幸い、そんなに麺はダレてなかったのでよかった♪

でも、オープンキッチンの厨房で、調理作業が観察できてしまうので
あまり印象はよくないし

1人で1度に4個作りするのは難しいと思うので
2個とか3個とかに留めておく方が、かえって、提供も早いような気もした。

供された「味玉煮干中華そば こいにぼ 」は、チャーシュー、メンマ、ネギと、珍しいのはお麩が載せられたところで!
まずは、濃灰色というか、黒に近い色合いのデンジャラスそうなスープをいただくと

中華そば まるたけ-5中華そば まるたけ-6中華そば まるたけ-7

煮干しの頭と腸(はらわた)の味を強く感じる、このエグニガな味わいは
多分、白背(=白口煮干し=いりこ)を中心に、背黒も使って出汁をとったと思われる「あっさり」のスープに

ミキサーで粉砕した煮干しか
煮干しの頭だけを入れて、追い煮干ししたような味わいに感じられたけど

和食でいったら、排除される煮干しの部位を思いっきり使って仕上げたといった感じのスープは
強烈な煮干しのえぐ味と苦味が口に広がるコアなニボラー向け(?)のスープで!

ちょっと、やり過ぎ感があって、ビターを通り越して苦く感じられたし
飲めないほどではないけど、塩分も高め!

しかし、こんなマニアックなスープのラーメンが、この地で!
しかも、街中ではない、このロードサイドの店で販売されているのには驚かされた!


さらに、もっと、驚かされたのは
周りを見ると、「あっさり」と「こいにぼ」を食べているお客さんが半々くらいで!

隣で「こいにぼ」を食べていたお客さんなんか、スープを美味しそうに飲み干していたけど!
仙台には、コアなニボラーが多く存在するのだろうか
!?

そして、この煮干しのエキスが注入されたエグニガなスープに合わせられた麺は、煮干しスープには定番の中細ストレート麺で!
ザクパツの食感の麺なんだろうと思ったら、そうでもなくて


中華そば まるたけ-8

低下水の麺か、低下水に近い中加水の麺を、あえて、長めに茹でましたといった感じの麺で!
悪くはないけど、20秒ほど早めに上げてもらったら方がよかったかな


後から来た隣のお客さんは、麺カタめで注文していたけど
こちらの店の麺が、やや、やわめの茹で加減なのを知っていて、カタめでリクエストしたのだろうか

チャーシューは、可も不可もないもので
これも、別に悪くはないけど

冷たくて脂が少し気になったので
できれば、温めるか、炙って出してもらえると、嬉しかったかな。

中華そば まるたけ-9

流行っていて!
お客さんも気に入って食べているのだから、とやかく言う必要はないかもしれないけど


「こいにぼ」ということで、濃厚な煮干しスープのラーメンを出すのであれば
この、ほぼ、煮干しだけで出汁をとったと思われる清湯煮干しのスープで、煮干しの濃厚さを演出するのは難しいんじゃないかと思う

これは、同じような清湯煮干しのスープを使って、濃厚な煮干しラーメンを作った大阪の『烈士笑魚油 麺香房) 三く』や『丿貫』でも感じたことだけど
やっぱり、動物系を合わせて!

できれば、ニボラーの聖地である『中華ソバ 伊吹』『煮干中華ソバ イチカワ』のように!
あまり、濃厚さのない鶏白湯スープと合わせるのがベストだと思う!


そう思ったところで
そうか、それで、豚骨煮干しの「こくにぼ」を夜限定で提供しているんだということに気づいたんだけど

小上がりに積まれていた煮干しの入った箱を見る限りは
伊吹いりこや広島白背といった瀬戸内の良質そうな白口煮干しが使われているようで!

中華そば まるたけ-12

できれば、これらの煮干しのうま味を堪能したかったし!
何れにしても、「こいにぼ」だけを食べて、こちらの店の実力を測るのは早計だと思わ
れるので…

次に、また、仙台に来て、泊まる機会があれば、夜に来て、ぜひ、「こくにぼ」を食べてみたい!
ご馳走さまでした。

中華そば まるたけ-11

メニュー:全部のせ煮干中華そば あっさり…880円/味玉煮干中華そば あっさり…780円/煮干中華そば あっさり…680円

全部のせ煮干中華そば こいにぼ…900円/味玉煮干中華そば こいにぼ…800円/煮干中華そば こいにぼ…700円

【夜の部限定】
全部のせ豚骨煮干中華そば こいにぼ…950円/味玉豚骨煮干中華そば こいにぼ…850円/豚骨煮干中華そば こいにぼ…750円

大盛…100円
チャーシュー(3枚)…300円/味玉…100円/メンマ…100円/ばらのり…100円

蔵王地鶏卵使用 たまごかけご飯…160円/ごはん…100円


中華そば まるたけ

昼総合点★★★☆☆ 3.0



関連ランキング:ラーメン | 岩切駅



好み度:煮干中華そば こいにぼstar_s30.gif
接客・サービスstar_s30.gif

ブログランキングに参加しています。
日々の更新の励みになりますので…
↓↓↓
こちらを1日1回クリックいただきますようお願いしますm(__)m
にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ
にほんブログ村

↓↓↓こちらのクリックもよろしくお願いしますm(__)m
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://ramen151e.blog71.fc2.com/tb.php/3519-763e31ad