訪問日:2015年12月2日(水)

【新店】鳥料理・とりそば ダイナソー-1

本日のランチは、名古屋市の中村区に11月26日にオープンした新店のとりそば ダイナソーで!

名古屋駅から地下鉄桜通線に乗って一駅目の終着駅でもある中村区役所駅で下車。
地図を頼りに店の前までやってきたのは、午前11時37分。


しかし、11時30分開店の店の入口には、まだ、「準備中」の札が下がっていた。
ただ、店の中には、お客さんらしき人の姿があったので


和風の佇まいの店の入口の引戸を半分開けて
厨房にいた和の料理人という感じの店主に

「入口の札が準備中になってますけど、まだ、営業されてないのですか?」と言うと…
「まだ、準備ができていないのですけど、どうぞ!」と返事があったので!

入店して、カウンター席の1席へとつく
しかし、外観もそうだけど、内装も

カウンターの上に、ガラスのネタケースが置いてあったり
入口近くの台の上に並べられた酒瓶からしても、めっちゃ、居酒屋チックで!

【新店】鳥料理・とりそば ダイナソー-2

とてもラーメン屋には見えない
居酒屋が〆に出していたラーメンが評判になって

「ランチ営業始めました♪」って感じの店なのかな!?
ただ、そんな感じでスタートした店でも、大阪の『麺や 而今』のように、大成功している店もあるから、何ともいえないけど

ただ、和食出身の店主が陥りやすいのが、薄味の味付け!
味覚に優れている方が多くて!


自分の舌では、スープに出汁のうま味が十分に出ていると認識してラーメンを出していても
お客さんからすると、薄味すぎて、パンチがないと感じてしまう

和食の出汁とラーメンのスープの違いを理解して!
このギャップを埋められた店が成功に繋がっているので!


果たして、こちらの店はどうなのだろうか!?
ただ、メニューを見て、いきなり、心配になってしまった。

【新店】鳥料理・とりそば ダイナソー-4【新店】鳥料理・とりそば ダイナソー-5【新店】鳥料理・とりそば ダイナソー-6【新店】鳥料理・とりそば ダイナソー-7

というのも、ラーメン店なのに、麺類は「とりそば」一本で!
その他、多数は鶏を使った料理がずらっと並んでいたので!


「阿波尾鶏モモ焼き」に「若鶏胸肉柚子仕立て」なんて、とても、美味しそうだったけど♪
でも、ここは、何屋さんなの


ただ、帰りによく、黄色の立て看板を見たら
食べログに登録されていた『とりそば ダイナソー』の前に『鳥料理』の文字があって

【新店】鳥料理・とりそば ダイナソー-3

正式な屋号は『鳥料理・とりそば ダイナソー』だったので
ラーメン専門店ではないのだから、これはこれでいいのかもしれないけど

でも、どっちつかずにならなければいいんだけどね
せめて、昼営業は、ラーメンに特化すべきだと思うけど

そんなことを思っていると、店主から注文を聞かれたので
「とりそば」を注文!

【新店】鳥料理・とりそば ダイナソー-8

そして、千円札を手渡すと
200円が戻されたんだけど

「あの…とりそばは700円ではないんですか?」と言うと…
「あ、すいません(汗)」と言って、慌てて100円を戻してくれたんだけど(笑)

こちらの店は、ランチタイムは前金制なので!
前もってお金を用意願います!


【新店】鳥料理・とりそば ダイナソー-9

なお、こちらの店!
カウンターの上には、恐竜の小さなフィギュアがいっぱい置いてあって!


【新店】鳥料理・とりそば ダイナソー-10

さらに壁にも、恐竜のポスターが貼ってあったけど!
そう言えば、恐竜は英語でダイナソー(dinosaur)だったよね
!?

【新店】鳥料理・とりそば ダイナソー-11【新店】鳥料理・とりそば ダイナソー-12

ということは、店主は屋号にしてしまうくらい恐竜が好きとか!?
そこで、店主に

「恐竜がお好きなんですか!?」と聞いてみると…
「恐竜は鳥の子孫と言われていますので…」なんて答えが返ってきたんだけど…

和の趣の店にはそぐわない屋号に思えたけど
一応、一捻りはしていたんだね(笑)

そうしているうちに、完成したラーメンが着丼!
供された「とりそば」は、鶏むね肉と鶏もも肉のチャーシューが2枚ずつに、焼きネギが載せられたもの!


【新店】鳥料理・とりそば ダイナソー-13【新店】鳥料理・とりそば ダイナソー-14【新店】鳥料理・とりそば ダイナソー-15【新店】鳥料理・とりそば ダイナソー-16

まずは、透明なスープに黄みがかった鶏油と思われる香油が浮くスープをいただくと
鶏とアサリと思われる貝出汁が仄かに感じられるスープで!

たぶん、鶏ガラで出汁をとったスープで!
アサリは塩ダレに入れられているんじゃないかと思われるけど


よく言えば、じんわりとした、やさしい鶏のうま味を感じる滋味深い味わいのスープ♪
でも、悪く言えば、出汁感が弱めの、あまりインパクトのないスープ


やはり、こちらの店も、他の和食出身の店の店主が通った道を進んでいるようだった
そこで、店主に

「スープは鶏だけで出汁をとっているのですか?」と尋ねると…
「ええ、ほぼ、鶏だけですけど、玉ねぎを使ってます。」

「あと、貝も使ってます!」と答えがあって!
ここは、ほぼ、予想通り!

そこで、さらに…
「鶏は、阿波尾鶏を使われているのですか?」
と重ねて尋ねると…

「いや、スープには高くて使えません。」
「阿波尾鶏は、鶏もも肉のチャーシューには使っていますけど、スープに使っているのは親鶏です。」
と答えがあったので…

「ひね鶏ですね!」と言うと…
「そうです、ひね鶏を使ってます。」とオウム返しの答えがあったので

「ひね鶏は、身はカタいですけど、いい出汁出してくれるんですよね♪」と返したんだけど…
ただ、そうだとしても、もう少し、鶏の量を使わないと(汗)

なお、この後、言い忘れたといって
卓上にあったニンニクパウダーを掛けることをすすめられて

さらに
「トッピングで用意している生ニンニクを入れると美味しくなるんですけどね…」と話していて…

一応、おすすめにしたがって、試してはみたけど
もう一つだったかな(汗)

そこで、ニンニクを使うのなら、白絞油にニンニクを入れて香油を作るといいと話したんだけど
店主は、香油は鶏油にネギで風味付けしたものがいいと思っているみたいなので

別に、2つの香油を併用してもいいんだけど
それよりは、香油に頼るのではなく!

また、ニンニクを入れなくても…
美味しくいただけるスープを作り上げるべきだと思う!


それと、麺は、切刃20番と思われる
太くも細くもない中庸な太さのストレート麺が合わせられていて!

【新店】鳥料理・とりそば ダイナソー-18

プリプリとした食感の麺は、可もなく不可もなく
ただ、スープとの相性からすると

ストレート麺を使うなら、もっと細い麺を合わせる方がいいと思うし!
この太さの麺を使いたいなら、縮れ麺にした方がスープとの絡みはよくなると思うけど


ただ、麺よりは、まず、スープ作りだよね!
もっとも、飲んだ後の〆のラーメンと割り切って、鳥料理店として営業するなら、このままでも構わないけど


トッピングされた具の鶏むね肉のチャーシューは
これは、ブロイラーだと思うけど

やわらかくて!
パサつきもなくてよかったし!


【新店】鳥料理・とりそば ダイナソー-19

鶏もも肉の方は、阿波尾鶏を使っていることもあるかもしれないけど!
噛むと、鶏肉のうま味が感じられる美味しいチャーシューでよかったし♪


そんなことを思いながら食べていたところ
隣の隣の席でラーメンを食べ終わった先客から

「店主さんは、ラーメン屋さんを目指してるの?」
「鶏料理屋さんを目指してるの?」というキツい質問が浴びせかけられると


「どちらも、上手くいってないですね。」
「悪い連鎖に陥っています…」なんて暗い顔で答えていたけど


大阪No.1ラーメン店になった『麺や 而今』だって、スタートは同じ!
お客さんから「不味い!」と言われて、プライドを傷つけられた店主が


そのお客さんに「美味い♪」と言わせるために頑張って!
それを実現させて!


そして、駅からも遠く離れた住宅地で開業したこともあったものの
最初は1日のお客さんが4人しか来ない店を、最大で60人もの行列を作らせる店にまでに成長させた!

こちらの店の店主も、『麺や 而今』同様、ラーメンは独学でやられているということだったし!
名古屋は、塩ラーメンが美味しい店がいっぱいあるし!


食べ歩いて、勉強されて、もっと美味しいラーメンを出せるように頑張ってください。
期待しています♪


【新店】鳥料理・とりそば ダイナソー-20

メニュー:麺/ごはん・漬物
とりそば…700円/味玉とりそば…800
大盛り…100円増し

白ごはん…円/ごはん大盛り…円
いなり寿司 1コ…50円/漬物…100円


鳥料理
手羽先照り焼き…450円/手羽元のポトフ…450円/チキンと海老の生春巻き…350円/とり皮パリパリ焼き…300円/やわらか茹で鳥…550円/ミモザサラダ(チキン入り)…300円

阿波尾鶏
塩…900円/黒胡椒…900円/ニンニク…950円/ハーブ…950円


その他・おつまみ
温泉玉子…150円/塩茹で落花生…300円
出し巻き玉子 小…200円/大…350円
ドライフルーツ盛り合わせ…300円

とりそばダイナソー

昼総合点★★★☆☆ 3.5



関連ランキング:ラーメン | 中村区役所駅黄金駅



好み度:とりそばstar_s30.gif
接客・サービスstar_s45.gif

ブログランキングに参加しています。
日々の更新の励みになりますので…
↓↓↓
こちらを1日1回クリックいただきますようお願いしますm(__)m
にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ
にほんブログ村

↓↓↓こちらのクリックもよろしくお願いしますm(__)m
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://ramen151e.blog71.fc2.com/tb.php/3424-1d9cbaef