訪問日:2015年11月18日(水)

麺処 きなり【参】-1

本日のランチは、東京・駒込に6月16日にオープンした『麺処 きなり』で!

こちらの店には、オープン3日目にお邪魔して、「汐そば」「醤油そば」をいただいた。

「汐そば」は、3種類の煮干しを使って水出しした煮干しだけで出汁をとったスープのラーメンで!
思った以上に煮干しが効かされていて!


昆布出汁のうま味も出た!
出汁のうま味で食べさせるスープのラーメンでよかったし♪


「醤油そば」は、白醤油、薄口醤油、濃口醤油の3種の醤油がカエシに使われた鶏と煮干しスープのラーメンで!
「汐そば」ほど、煮干しは効いてはいなかったけど


それなりに煮干しも効かされて!
鶏のうま味もある!


美味しい東京の醤油ラーメンを、店主なりにアレンジしたラーメンで!
これも、なかなかよかった♪


だから、今は、2種類のラーメンだけだけど
また、新作が出たら伺おうかと思っていたところ

この後、夏期限定の「冷やしつけそば」が出たんだけど
これは、苦手な烏賊煮干しが使われたものだったのでパス(汗)

すると、その後、「淡麗つけそば」なるものが、秋期限定(?)で提供され始めたようで!
これが、鴨チャーシューに、茄子の煮浸し、オクラ、三つ葉に、柿のスライスが中太麺の上に具として載せられて!


ナメコと分葱に長ネギが浮く醤油味のつけ汁につけていただく一品のようで!
これなら大丈夫!


しかし、サフランを使ってスープに着色!
温かいスープの具に、胡瓜を浮かべた「汐そば」以上に大胆な発想の「淡麗つけそば」は、とても、面白いし!


だから、この「つけそば」が食べたくて!
今日は楽しみにしながら、5ヶ月ぶりに駒込の路地裏にある店を訪ねることにした。


お昼休みに入る12時前に店の前までやってくると
入口のドアは開け放たれていて

入店すると
オープンキッチンの厨房には、店主と、今日は年配のスタッフの人の姿があった。

お客さんは、そこそこ入っていて、席は、店の入口近くの2席が空いているのみ。
まずは、店主に挨拶すると…

いきなり、店主から
「つけそば、先週で終わっちゃいましたよ。」

「マジっすか…」
めちゃめちゃ楽しみにしていたのに
(涙)

でも、それなら、仕方がない
気を取り直して、店の奥にある券売機で買い求めたのは「豚肩ロース汐そば」とトッピングの「豚肩ロース」チャーシューの食券。

麺処 きなり【参】-2
麺処 きなり【参】-3

前回に訪問したときに、「豚肩ロース汐そば」をいただいて!
この「豚肩ロース」チャーシューが超美味しかったので♪


次回は、さらに、これにチャーシューをトッピングした!
ダブルチャーシュートッピングの「豚肩ロース汐そば」を食べたいと書いたことを思い出して!


カウンターの上に食券を置いて
席についてラーメンができるのを待つ。

その間に、お客さんが入って、満席となって!
外待ちまでできて!


私の滞在中は、ずっと、満席状態だったんだけど
昼の書き入れ時ということもあったかもしれないけど

前回訪問して、偶然、初めてロバオさんとお会いしたときは、お客さんも少なかったのに
いつの間にか、すっかり人気店になっているようだった。

そうして、先客2人のラーメンが作られた後に、私の「豚肩ロース汐そば」の「豚肩ロース」チャーシュートッピングも作られて
「お待ちどうさまでした。」という店主の声とともに着丼!

麺処 きなり【参】-4麺処 きなり【参】-5

真空低温調理された豚肩ロース肉のレアチャーシューが8枚載り!
スライスした筍梗菜カイワレ、色紙切りされたネギ


そして、なぜか、丼の縁にピンク色した生姜が貼り付けられた塩ラーメン!
ただ、前回、載せられていた胡瓜の姿がなかったので


店主に尋ねると
ある大御所のラーメン評論家の方が来店されて

温かいスープに胡瓜などあり得ないとダメ出しをくらったそうで
それで、青梗菜に変えましたと話していたけど

店主の意図としては、青物で季節感を出そうとしていたようで
胡瓜は一時期のものと考えていたそうだけど

青梗菜なら一年中あるので!
それからは、青梗菜に固定することにしたみたいだけど


胡瓜はどうかの問題はさておき
季節感を感じさせる野菜が使われなくなってしまったのは、ちょっぴり、残念な気もした。

なお、店主によると
従来は、背黒、平子、鯵の3種の煮干しを使って出汁をとっていたというスープは

今は、煮干しを背黒一本に絞っている。
水出汁しているので、引き算しても、スープの味はあまり変わらない等と話していたけど


黄金色したスープをいただくと
5ヶ月前にいただいたものに比べて、煮干しも塩分も円やかになっていて!

でも、煮干しのうま味は増していたし!
そして、スープ表層に浮く鶏油がスープにコクを与えていて!


アニマルオフのスープでも、まったく、物足りなさは感じられない!
スープは美味しく進化していた♪


ただ、「醤油そば」同様「汐そば」も
老若男女、はるな愛♪

誰でも食べやすくて、美味しいと感じられるラーメンになったのはいいことだとは思うけど!
ニボラーからすると、やや、複雑な心境。


麺は、三河屋製麺の中細ストレート麺で!
前回と同じ麺だと思うけど


アルデンテに茹でられた麺は、ザクッ、ボソッ、パツッの、めっちゃ好みの食感の麺で!
食感が最高♪


麺処 きなり【参】-6

前回は、逆に、やや、長めに茹でて、なめらかな食感に仕上げていて
その方が、一般受けするだろうなとは思ったけど

だから、次回は、「麺カタ」でリクエストしようと思っていたのを、今、思い出したけど
すっかり、忘れていたのに(汗)

しかし、偶然なのか、意図的にこうしたのかはわからないけど
この、カタめの茹で加減の麺の方が、スープとの絡みもいいような気がしたし!

なので、カタめかやわらかめか普通か
好みに応じて、注文の際に、店主に麺の茹で加減をリクエストするのもありだと思う。

トッピングされた具の真空低温調理された豚肩ロース肉のレアチャーシューは、前回以上にレア感があって、しっとりとした食感のもので!
噛むと、ジュワ~っと肉のうま味が滲み出てくる美味しいレアチャーシューで、めっちゃよかったし♪

麺処 きなり【参】-7

私のようにダブルトッピングしなくても、普通にトッピングしても、チャーシューは5枚に増量されるので!
レアチャーシュー好きな方は、トッピングをおすすめします♪


なお、胡瓜から変えた青梗菜は、塩スープによく合っていたし!
丼の縁に貼り付けられたピンク色の生姜も口直しにはちょうどよくて!


最後は、スープもすべて飲み干して完食!
ご馳走さまでした。

ただ、美味しい「汐そば」でよかったけど!
まだ、カウンターの上に置かれていた「つけそば」用の器を見て


麺処 きなり【参】-8

やっぱり、「つけそば」が食べたかったので!
店主に!


「また、近いうちに、つけそば復活させてください。」と言ったら…
「わかりました。」

「また、やるときは、Twitterで発表します。」と話していたので…
店主のTwitterからは目が離せないね♪

麺処 きなり【参】-9

メニュー:醤油そば…750円/味玉醤油そば…850円/豚肩ロース醤油そば…950円/味玉豚肩ロース醤油そば…1050円

汐そば…750円/味玉汐そば…850円/豚肩ロース汐そば…950円/味玉豚肩ロース汐そば…1050円

大盛り…100円

ねぎ…100円/味玉…100円/のり…100円/しなちく…100円/豚肩ロース…200円

炊き込み飯…150円


麺処 きなり

昼総合点★★★★ 4.5



関連ランキング:ラーメン | 駒込駅西ケ原駅上中里駅



好み度:豚肩ロース汐そば+豚肩ロースstar_s45.gif
接客・サービスstar_s50.gif

ブログランキングに参加しています。
日々の更新の励みになりますので…
↓↓↓
こちらを1日1回クリックいただきますようお願いしますm(__)m
にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ
にほんブログ村

↓↓↓こちらのクリックもよろしくお願いしますm(__)m
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://ramen151e.blog71.fc2.com/tb.php/3413-9d653f09