訪問日:2008年9月18日(木)

めんさいぼう五郎左-1

「めんさいぼう」…

平仮名表記にしてはいるけど、店名をみただけで、見る人が見れば、こちらがどんな店なのかがわかってしまう…

「麺彩房」中野本店の店長を務めていた方が独立して開いた店!

先週、大阪・十三にある「麺や よかにせ」にお邪魔したときに店主からこちらの店の話しを聞いて…
こちらの店が使っている「つけそば」用の太麺が食べたくなった!

東京メトロ丸の内線の南阿佐ケ谷駅からほど近い…
青梅街道から「すずらん通り商店街」に入り、アーケードの中に入る手前を左に折れた路地に店はある…
ちょっと見過ごしてしまいそうな小さな店が集まる集落のような場所にある…

あいにくの小雨が降りしきる中、13時半過ぎに店に入っていくと…
先客は3人!
厨房にはご夫婦と思える男女2人がいた…

キョロキョロと券売機を探したけど見つからない…
こちらの店は最近の店としては珍しく、券売機が置かれていない…

カウンターばかりの席の、真ん中からやや入口寄りの席につき、ノーマルな「つけそば」をオーダー!

めんさいぼう五郎左-2

しかし、ふと見ると…
「ぶためし」が残り2食残っているのを発見!
通常200円の「ぶためし」は、平日ランチタイム限定で半額の100円になる!
あと、2食だけということにも釣られて、思わず注文してしまった!

めんさいぼう五郎左-4
※写真は「1食」になっているけど、私が注文して、書き替えられた後に撮影したため…

大きな鍋の中にバサーっと麺を投入していく店主!
スープは小鍋に移し、温めて使う…

暫し待って、麺が茹であがると、すばやく金笊に麺を移し…
鍋同様、これまた大きな冷水の張られた盥の中へ…

クールダウンした麺は、店主によって、しっかりと水切りされて、器に盛られていった…

この店主は、バカでかい鍋に盥を使い、大雑把な仕事をしているようにみえるけど、すべて理にかなっている

小鍋は沸騰させないよう細心の注意を払っているし、麺の水切りをみたって、この人の丁重な仕事ぶりがわかる。

お客さんが食べ終えた後の食器もサッと片付け、洗う!
見た目と違って結構、繊細な神経の持ち主なのかもしれない…

そんなことを思っていたら、どうやら「つけそば」も完成したようだ!

めんさいぼう五郎左-5

麺は、口が狭く深い丼に入れられていた。
なので、ちょっと見た目、麺の量が少ないようにも見える…

実際食べたら、しっかり、茹であがり前の量で、きっちり300gあって、じゅうぶんお腹いっぱいになったんだけど…

噂の麺は、確かに、見るからに太くて、「麺彩房」で使われている「大成食品」製の切り歯15番の麺とは明らかに違う!

食べると、この多加水の麺は、最初、抵抗があった後にグチュっと潰れる…
とても食感がよくて、「つけそば」の麺にはいい!

粘度の高いこの「濃厚豚骨魚介」のつけダレとよく絡むし、相性もいい!

「これは、末広町の「一歩」に出している「大成食品」の切り歯12番の麺と同じですか?」
後でそう店主に切り出してみたところ…

「ええ、そうですけど…」
「麺の長さが違います…」
「大きな鍋を使って茹でてはいるんですけど、より均等に茹であがるように短くしてもらってます。」

なるほど…

見る限り、とくに極端に短い麺ではないのでわからなかったけど、そんなこだわりもあったんだね…

そして、つけダレだけど…
これは、もう絶品!

私は、「麺彩房」では、日暮里店で「中華そば」を食べただけで、「つけそば」の味は知らない…

しかし、「麺彩房」と関連のある鳥居塾出身店で何度か「つけそば」をいただいたことがあり、だいたいの味の予想はできていた。

そして、実際、いただいてみると、やはり、味は「麺彩房」系の関連店の味だった…

しかし、この味は、間違いなく、今まで食べた「麺彩房」関連店の中では№1!
味自体は、今ではどこでも食べられるようになった「濃厚豚骨魚介」の「つけそば」なんだけど…
こちらの店の味は一味違う!

豚骨と鶏の旨味がたっぷりと出ていて…
しかし、その動物系にも負けないくらいよく、煮干や節系の旨味も出ている!

そして、この動物系と魚介系出汁のバランスが素晴らしく絶妙!

具のチャーシューにメンマもよかった!
「麺彩房」にはない水菜の食感も悪くない!

これは本当に美味しい「つけそば」だと思う!

めんさいぼう五郎左-3

「ぶためし」は、白飯に具が載ったものではなく、炊き込みご飯!
味がよく染み込んだご飯がなかなか美味しい一品だった。

めんさいぼう五郎左-6

最後に、ポットで出された割りスープを入れて自分で作る「スープ割り」を飲みながら…
「麺や よかにせ」の紹介で来たことを皮きりに少しご夫婦と話しをさせてもらったけど…

明るい美人の奥様の接客は最高だったし…
今度は「中華そば」を食べに来ないと!

めんさいぼう五郎左-7

めんさいぼう五郎左-8

住所:東京都杉並区阿佐谷南1-14-12 パティオエルスール107
電話:03-3318-2079
営業時間:11:30~15:00/17:30~20:30
休日:水曜
アクセス:東京メトロ丸の内線・南阿佐ヶ谷駅から徒歩約5分。杉並区役所、阿佐ヶ谷中学校の裏手

メニュー:中華そば…700円/ねぎそば…800円/チャーシューめん…900円/大盛…無料
つけそば…800円/ねぎつけ…900円/つけ…900円/チャーシューつけ…1000円/大盛…100円増し
ぶためし…200円(平日のみ販売。ランチタイムは100円)
ライス…100円(ランチタイムは無料)


好み度:つけそばstar_s50.gif
接客・サービスstar_s50.gif
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://ramen151e.blog71.fc2.com/tb.php/340-26fe88fe