訪問日:2015年10月7日(水)

【新店】札幌らーめん 品川甚作本店-1

本日のランチは、10月2日オープンの新店『札幌らーめん 品川甚作本店』で!

こちらの店は、札幌の『すみれ』と北海道江差町の『品川甚作農園』のコラボ店という位置付けで水道橋駅近くに開業した店!

今日、こちらの店で食べて!
帰りがけに、お綺麗な女性スタッフの方にお聞きした話では


「すみれ全店で、うち(『品川甚作農園』)の甚作にんにくを使うようになって、その縁で、すみれの村中店主に手解きを受けました♪」ということだったけど!

【新店】札幌らーめん 品川甚作本店-4

都内で、『すみれ』ゆかりの「味噌ラーメン」が食べられるとあっては!
行ってみるしかないでしょう♪


というわけで、東京ドームがある方の出口ではない
反対側のJR水道橋駅東口から徒歩2分ほどの店に開店直後の11時過ぎにやってくると

先客2人が券売機で食券を買っているところで
店頭にあった、箸が自動で上下して麺リフトするマシーンを見ているうちに、私の番になった。

【新店】札幌らーめん 品川甚作本店-5

主な麺メニューは、 券売機上段から
「甚作ニンニク辛味噌ラーメン」、「すみれの味噌ラーメン」、「すみれの醤油ラーメン」、「すみれの塩ラーメン」とあって!

そして、醤油味で、「すみれの醤油ラーメン」とは違って、あっさりとした味わいの「すみれの昔風ラーメン」もあったけど
こちらには、売り切れの×マークが点灯。

【新店】札幌らーめん 品川甚作本店-6

また、麺メニューのほとんどには、「すみれ」が冠されて、店は「すみれ」推ししていたけど!
唯一、オリジナルっぽい「甚作ニンニク辛味噌ラーメン」にも、×マークがあって、まだ、販売はされていなかった 。


この中から、私が選んだのは
こちらに来る前から決めていた「すみれの味噌ラーメン」!

【新店】札幌らーめん 品川甚作本店-7

そうして、食券を買うと
「奥の方へとをうぞ!」

男性スタッフの方からそう声が掛かって、中暖簾を潜って、店の奥へと進む。
ちなみに、客席は、この中暖簾の手前の、店を入るってすぐの場所にも、壁に向かって座る狭いカウンター席が4席ある。


そして、中へ行っていくと
壁に向かって座るカウンター席2席に、厨房の前に設けられたカウンター席6席があったんだけど

先客2人は、なぜか、壁に向かって座るカウンター席2席についていたので
私は、厨房前のカウンターの1席へ!

そうして、女性スタッフの方に食券を渡すと
さっそく、男性スタッフの方によってラーメンが作られていくことになるんだけど

厨房のスタッフは、男性スタッフ1人に、女性スタッフ2人体制!
そうして、男性スタッフが麺を茹で!


女性スタッフの1人が、鍋を振って、 スープを作っていて!
それを合体して、完成した味噌ラーメンができると!


「お待ちどうさまでした♪」と言って、厨房のもう一人の女性スタッフの方から私に、真っ先に「すみれ味噌ラーメン」が出されたので
「いや、あちらのお客さんの方が先ですよ。」と言うと

「いいんですよ、すぐ出しますから。」と言っていたんだけど
気が引けるので、順番通り、配膳してもらった方が、いいような気がするんですけど(汗)

【新店】札幌らーめん 品川甚作本店-8【新店】札幌らーめん 品川甚作本店-9

「品川甚作本店」のロゴ入りの丼に入れられて、登場した「すみれ味噌ラーメン」は、ルックス的には『すみれ』に似てないでもないけど
明らかにラード層の厚みが違う。

私は、今でも覚えているけど
昔、新横浜のラー博に、初めて連れていってもらって!

当時、こちらのラーメン商業施設に入っていた『すみれ』で、初めて「味噌ラーメン」を食べたときに
湯気が立っていなかったので、スープをガブッと飲んで

熱せられたラードで、口の中を大火傷して
酷い目にあったことがあるので

以来、今日まで、ラーメンのスープを飲むときは、フーフーと息を吹きかけて
用心深くスープを飲むようになった。

しかし、このスープは、ラードがスープを覆い尽くすなんてことはなかった。
ただし、それでも、スープ表面には熱々のラードがいっぱいで、熱いから、気をつけないとね!


そうして、ラードとスープをよく混ぜて!
飲んでみると


サラッサラの味噌スープで!
『すみれ』といったら、豚骨をベースに香味野菜でとった濃厚なスープという印象だったのに、ちょっとライトかな


でも、『すみれ』同様、香ばしい味噌のコクとニンニクと生姜の香りが感じられて!
めっちゃ美味しい♪


麺は、入口にあった森住製麺から寄贈された暖簾から
『すみれ』と同じ森住製麺のものと思われるけど!

【新店】札幌らーめん 品川甚作本店-14

中太縮れの卵麺が使われていて!
やっぱり、札幌味噌ラーメンの麺といったら、これだよね♪


【新店】札幌らーめん 品川甚作本店-10【新店】札幌らーめん 品川甚作本店-11

カタめで、プリップリの食感の麺は、食感がよくて!
スープとの絡みもよくて、美味しくいただけたし♪


トッピングされた具は、豚肩ロース肉のチャーシューが1枚に、四角くカットされた小さなチャーシューが6個ほど入る。
さらに、メンマに刻みネギと、炒めたもやしが数本と玉ねぎが一欠片。


チャーシューは、やわらかくて、普通に美味しい。
メンマもそれなりのもの!


小さなチャーシューは、合わせると1枚分くらいあって!
なんか、得した気分♪


なお、もやしに玉ねぎの量は少なすぎて、チープ
これなら入れなくてもいいのにね

最後は、カウンターの棚に載せられていた豆板醤に一味唐辛子を入れて味変させて!
並々と注がれたスープも8割ほど飲んでフィニッシュ!


【新店】札幌らーめん 品川甚作本店-12【新店】札幌らーめん 品川甚作本店-13

『すみれ』の味かと言われると、やや、疑問符は付くけど
『すみれ』のスープをマイルドにして、飲みやすくした、『すみれ』っぽいテイストの味噌ラーメンと思うと納得する。

なかなか美味しい味噌ラーメンだと思う♪
ただ、ちょっと、気になるのは価格かな


デフォで890円という味噌ラーメンの価格は、少し高めに感じられる。
この水道橋駅周辺と、神保町にかけては、同業のラーメン店も多数ある激戦区で!


ラーメン店以外の飲食店も犇めくエリアなので!
周辺の会社のサラリーマンや、大学や専門学校に通う学生のお客さんが、このラーメンを、味と量と価格から、どう評価するか
!?

ランチタイムは、麺大盛り無料とか!?
ライスまたは半ライス無料とか!?

ライス半額でもいいけど!
お客さんが入るなら、要らぬお世話かもしれないけど


味もそこそこよかったし!
接客もいい店だったので!


ぜひ、ガンバってください。
ご馳走さまでした。

【新店】札幌らーめん 品川甚作本店-2【新店】札幌らーめん 品川甚作本店-3

メニュー:甚作ニンニク辛味噌ラーメン…950円/甚作ニンニク辛味噌煮玉子ラーメン…1050円/甚作ニンニク辛味噌チャーシューラーメン…1250円/特製甚作ニンニク辛味噌ラーメン…1200円
特製ゴマ味噌ラーメン…950円

すみれ風味噌ラーメン…890円/すみれ風煮玉子ラーメン(味噌)…990円/すみれ風チャーシューメン(味噌)…1190円/すみれ風特製ラーメン(味噌)…1140円/すみれ風辛玉ラーメン(味噌)…990円

すみれ風醤油ラーメン…850円/すみれ風煮玉子ラーメン(醤油)…950円/すみれ風チャーシューメン(醤油)…1150円/すみれ風特製ラーメン(醤油)…1100円/すみれ風辛玉ラーメン(醤油)…950円

すみれ風塩ラーメン…850円/すみれ風煮玉子ラーメン(塩)…950円/すみれ風チャーシューメン(塩)…1150円/すみれ風特製ラーメン(塩)…1100円/すみれ風辛玉ラーメン(塩)…950円

すみれの昔風ラーメン…890円
ラーメン大盛り…100円

トッピング
煮玉子…100円/ネギ…100円/メンマ…100円/チャーシュー…300円
甚作うまうま特製辛玉…100円

名物ザンギ(1個)…190円/(3個)…550円/(5個)…900円
野菜たっぷり豚汁(小)…250円/野菜たっぷり豚汁…350円

野菜たっぷり豚汁定食…750円/特製ザンギ定食…850円/甚作野菜ゴロゴロカレー…700円/激うま甚作ガーリックカレー…800円/本日のスペシャル定食…1000円
ライス…100円/ライス(大)…150円
甚作いかめし…300円/甚作いかめし(ガーリックバター醤油味)…300円/甚作いかめし食べ比べ…500円


品川甚作本店

昼総合点★★★☆☆ 3.5



関連ランキング:ラーメン | 水道橋駅九段下駅後楽園駅



好み度:すみれ風味噌ラーメンstar_s35.gif
接客・サービスstar_s40.gif

ブログランキングに参加しています。
日々の更新の励みになりますので…
↓↓↓
こちらを1日1回クリックいただきますようお願いしますm(__)m
にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ
にほんブログ村

↓↓↓こちらのクリックもよろしくお願いしますm(__)m
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://ramen151e.blog71.fc2.com/tb.php/3379-0bf8db94