2008.09.11 麺屋 花壱
訪問日:2008年9月11日(木)

麺屋 花壱-1

麺屋 花壱-2

昨日は、東京・練馬にある「はないち」の開店一周年!

その「はないち」繋がりで、今日、私がやってきのは、大阪・西九条にある「花壱(はないち)」!

とは言っても、ただ、読み仮名がいっしょなだけなんだけどね…

はじめて下りるJR大阪環状線の西九条駅…
店のある駅西口の階段を下りてきたら、いきなり、大胆な名前の屋台があった…

麺屋 花壱-3

乗ってきたJR大阪環状線と阪急線とがクロスするガードを潜ると、大阪らしい店が軒を連ねている…

麺屋 花壱-4

道を真っすぐに進み、広い道路にぶつかって…
その広い道路の向こう側に建つ黒く目をひく建物が、今日、目指した「麺屋 花壱」!

開店時刻前の11時23分に到着…
ちょっと早めに着いていまった…
外で待っていると、若い女性店員さんに店主が出てきて、開店時刻1分前の11時29に開店!

こちらの店は自販機で食券を買うのではなく、口頭で注文を告げ、後払いする昔ながらのスタイル。
女性店員さんに「花壱ラーメン」のオーダーを告げる…

麺屋 花壱-5

しかし、目の前にあった、チャーシューに味玉まで入った「チャーシューメン」
の写真をみて気がかわって、こちらに替えてもらうことにした…

麺屋 花壱-6

さらに、味玉が1個のまんま入れられるようなので、半分にカットしてもらうようお願いした…

目の前には高いカウンターが聳えているため、厨房はブラインドになる…

そのカウンターの上には右から鰺干、椎茸、煮干が入った容器が置かれていて、どんなラーメンが出てくるのかが予想できる。

麺屋 花壱-7

注文した「チャーシューメン」はすぐにできあがり、女性店員さんの手によって運ばれてきた…

麺屋 花壱-8

麺屋 花壱-9

「チャーシューメン」の表面には魚粉が振り掛けられ、2つ割りされた味玉の上にも魚粉が付着していた…
鰹がかおる…

これだけの魚粉が掛けられたラーメンをいただくのは、東京・練馬の「じゃんず」に埼玉・川越の「頑者」以来だな…

スープは予想に反して、茶濁した色をしている。

店の外にあったスープの解説によると、スープは、鶏ガラ、ゲンコツを煮込んで作る動物系スープに、昆布、椎茸、鰺干、煮干等の和風出汁のスープがブレンドされているようだったし…

麺屋 花壱-10

煮干には「カタクチ鰯」、「セグロ鰯」の2種類が使われているようで…
店主の煮干に対するこだわりがわかったし…

事前に元・和食職人の店主のつくる和風出汁のきいたラーメンという情報がインプットされていたので…
てっきり、澄んだ清湯スープの繊細な「あっさり」したラーメンが出てくると思っていた…

しかし、スープをいただき、私が強く感じたのは、豚骨の風味!

茶濁したスープの濁りの原因は、主に、豚のゲンコツが使われたことによるもので…
このゲンコツによって、このラーメンは「あっさり」ではなく、むしろ「こってり」した味に仕上がっていた。

さらに、2種類の煮干に鰺干、鰹の魚粉と…
魚介系は多くの素材が使われて、ややまとまりに欠けるようにも思えたけど…

実際には、ゲンコツも含めたこれらの強い個性の素材を使いながらも、店主は味を巧くまとめていた。

麺もまた、このスープには一見、ミスマッチともいえる中細ストレートの低加水の麺が使われていた…

噛むと、「バツッ!バツッ!」と切れる…
カタく、歯切れのいい麺!
一般的には、「あっさり」したスープのラーメンに合わせて使われることが多い…

しかし、一概にこの麺がスープに合っていないともいえない…

以前に、東京・中野にある石神本常連店の「麺好」という店で同じようなラーメンをいただいたことがあった…
このときは、こういう「こってり」系の「豚骨魚介」の醤油ラーメンに細麺を使うのはなしだろうと思ったんだけど…
今日はまったくそんな風には感じなかった…

不思議なラーメンだった…
個性の強い材料を合わせて使い、下手したらバラバラになってしまいかねない味を美味しく整えていた…
また、このスープにはあまり合わせないであろう麺を使って美味しく食べさせる…
店主の腕の確かさが実感できた!

チャーシューは小降りでカタめだったけど、味付けはよかった!
味玉もしっかりと味が染み込まされていて美味しかった…
ただ、メンマだけはダメだったな…
繊維質で味もほとんど感じられないものだったし…

このスープ!
塩ダレに合わせたらどうかな!?
きっと美味しくなると思うんだけど…
イメージ的には東京の「九段 斑鳩」の「本枯れ鰹塩らー麺」!

今日は時間が無くて…
私の滞在時間中は後客1名だけだったんだけど、食べ終わると、早々に退散して
しまったので…
あまり店主と会話もできなかった…

次回来る機会があれば…
夜にでも来て、もうちょっとゆっくりと店主と話をしてみたいな…

麺屋 花壱-11

住所:大阪府大阪市此花区西九条3-10-25
電話:06-6466-3857
営業時間:11:30~14:30/17:00~23:30
休日:日曜
アクセス:JR大阪環状線・ゆめ咲線、阪神西大阪線「西九条駅」北東へ。徒歩4分

メニュー:花壱ラーメン…650円/味玉入りラーメン…750円/ピリ辛白菜ラーメン…850円/チャーシュー麺…950円


好み度:チャーシュー麺star_s40.gif
接客・サービスstar_s40.gif
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://ramen151e.blog71.fc2.com/tb.php/332-562e6e3c