訪問日:2015年7月30日(木)

【新店】拉麺 うえ竹-1

『めんや天夢』で「煮干しらーめん セメント一番搾り」と命名された煮干し愛溢れる一杯をいただいて!

次に向かったのが、7月2日にプレオープンして、今週月曜日の7月27日にグランドオープンを迎えた『拉麺 うえ竹』!


栃木駅から東武日光線に乗って一駅先の新栃木駅で下車。
一つしかない出口を出たら、駅前ロータリー左側にある、まさに駅前にある店へとやってくると!


店は和風の佇まいの店で!
ガラガラガラと引戸を開けて、入店すると


4人掛けのテーブル席にお客さんが3人。
カウンター席にもお客さんが1人いた。


厨房はクローズドキッチンで!
このスタイルだと、店主がラーメンを作るのが見えないのと


店主と話しができないのが
残念なところ

カウンター席について、メニューを見ると
主なメニューは、拉麺(あっさり)の「鶏SOBA(醤油、塩)」、「煮干しSOBA(醤油)」、「中華SOBA(醤油、塩)」!

【新店】拉麺 うえ竹-3【新店】拉麺 うえ竹-4

拉麺(こってり)の1日15食限定の「鶏コクSOBA」、「鶏コクSOBAライト」!
それに、つけ麺の「鶏つけSOBA(醤油、塩)」、「煮干しつけSOBA(醤油)」!


さらに、夏限定冷し拉麺「和塩冷しSOBA」もあって!
そして、壁には、ホワイトボードには、「本日のミニ丼」に「本日のデザート」まで用意されていて!


【新店】拉麺 うえ竹-5

新店なのにメニューが、めっちゃ多いので
何にしようか迷う

そこで、ホールにいらしたご婦人の方に、おすすめをお聞きしたところ
厨房に入って、店主を呼んできてくれた。

そこで、改めて、店主におすすめを伺うと
「鶏SOBA」と「鶏コクSOBA」がおすすめのようで!

「鶏SOBAは、あっさりとしたスープのラーメンで、鶏コクSOBAは、鶏白湯スープのラーメンです。」と言うので!
「では、つけ麺だったら、どちらがおすすめですか?」と重ねて聞くと

「煮干し水に浸かった煮干しつけSOBAがおすすめです!」と言うので!
「煮干しつけSOBAだけが水に浸かっているのですね」と確かめたところ…

「いえ、鶏つけSOBAは、昆布水に浸かってます。」と答えがあって!
どっちのつけ麺も食べてみたい♪

でも、やっぱり、まずは、「鶏SOBA」からかな!
そこで、「鶏SOBA」の「塩」を注文!


そして、もし、「鶏SOBA」が美味しくて!
まだ、お腹に余裕があったら、「煮干しつけSOBA」も食べてみることにした。


そうして、注文を入れて、メニュー表をデジカメで撮影していると
早くも出来上がった「鶏SOBA(塩)」が運ばれてきた。

【新店】拉麺 うえ竹-6【新店】拉麺 うえ竹-7

鶏と豚の2種のレアチャーシューと太メンマ、水菜、刻みネギが載る塩清湯スープのラーメン!
透き通ったクリアーなスープをいただくと


淡麗な滋味深い味わいのスープで!
スープからは、フレッシュな鶏のうま味が感じられて、思った以上に美味しい♪


節や煮干しの魚介は感じられず
スープは、昆布以外は鶏だけの純鶏スープと思われるけど

後で、店主に
特別な鶏を使っているのか聞いてみたところ

「特別な地鶏は使ってはいませんが、栃木県の食材にこだわって、鶏は那須どりを使っています。」という答えが返ってきたんだけど…
銘柄鶏の「那須どり」を使っているとは!

それと
「スープは鶏と昆布だけですか?」の質問には

「昆布は、少しだけしか使っていません。」という答えが帰ってきて、ほぼ、「那須どり」だけで出汁をとったスープだということがわかったけど!
鶏だけで、これだけのうま味を引き出せているのは、並の新店ではないよね!


麺は、ウェーブがかった中細ストレート麺が合わせられていて!
なめらかな食感の中加水麺は、やや、やわめの食感ながら


するすると啜り心地のいい麺で!
淡麗な鶏清湯スープとの絡みもまずまずで、スープとも合っている。


【新店】拉麺 うえ竹-8

トッピングされた鶏ムネ肉のレアチャーシューは、しっとり感があってよかったけど!
豚肩ロースのレアチャーシューは、レア感に乏しくて、もう一つに感じられてしまったかな


【新店】拉麺 うえ竹-9

太メンマの、外はコリッ、中はサクッとした食感がよかったし!
薄味に味付けられているので、スープの邪魔をしないのもよかった。


スープが美味しかったので「鶏SOBA(塩)」を食べている途中で「煮干しつけSOBA」を注文!
すると、店主から


「小にしますか?」
「小は麺150gで、50円引きになります。」
と言われて…

今日は、『めんや天夢』でも1杯食べて、これが3杯目になるので
この申し出はありがたかった。

そこで、「小」の麺150gでお願いすると
そう待つことなく、こちらの「煮干しつけSOBA(醤油)」も着丼。

【新店】拉麺 うえ竹-10【新店】拉麺 うえ竹-11【新店】拉麺 うえ竹-12【新店】拉麺 うえ竹-13

なお、こちらのつけ麺には、先ほどの「鶏SOBA(塩)」とは違って
鶏と豚のレアチャーシューではなく、大ぶりな豚バラ肉の煮豚がトッピングされていて!

これが、やわらかくて!
噛むと、ジュワっと肉汁が滲み出てくる、肉のうま味がよく感じられる美味しいチャーシューでよかった♪


煮干し水に浸かっている麺を、つけ汁にはつけずに、そのまま、いただいたところ
ウェーブがかった中細ストレートの麺は、見た目は先ほどの「鶏SOBA(塩)」に使われたものと同じように見えたのに

こちらは、ザクパツの食感の低下水麺が合わせられていて!
水出汁した煮干し出汁のうま味が感じられるのがいい♪


【新店】拉麺 うえ竹-14

そうして、濃いめの醤油色したつけ汁につけて食べてみると
背黒と白背(いりこ)で出汁をとった、アニマルオフの純煮干しスープのつけ汁と思われるけど

思った以上に煮干しがビシッと効かされていて!
煮干しのうま味がよく出ていて♪


アクセントとしての煮干しの苦味も感じられて!
いい出汁出してたし♪


そして、このニボニボなつけ汁と
このカタめで、噛むと、パツンと切れる歯切れのいい麺との相性はバツグンで!

淡麗な煮干し清湯のつけ麺としては、全国的に見ても屈指の味わいといえる!
めちゃめちゃ美味しい♪


そうして、最後は、冷たい煮干しの出汁スープで割って、セルフでスープ割りして〆ようかと思ったんだけど
厨房の店主に

「スープ割りは、この煮干し水で割るんですよね?」と聞いてみると…
「いや、今、用意しますので。」という答えがあって…

お洒落な器に入れられた割りスープが出されたんだけど
これを残ったつけ汁に注いで、いただいたところ

鶏の風味が広がって!
残った割りスープを味見したところ


これが、先ほどいただいた「鶏SOBA」用のスープのようで
この味変が、とてもよかったので!

【新店】拉麺 うえ竹-15

再び、厨房の店主に
「スープ割りしたら、煮干しスープが、鶏煮干しスープに変わるサプライズがあって、ビックリしました!」と言うと

「スープ割りを希望された方には、こうして、鶏スープをお出しして、味の変化を楽しんでもらっています。」と話していたので!
「煮干しつけSOBA」を注文された方は、遠慮せずに、必ず、このスープ割りを注文しましょう♪


「鶏SOBA(塩)」も「煮干しつけSOBA(醤油)」も、思った以上に味もクオリティの高い一品でよかったし♪
次回は、ぜひ、「鶏つけSOBA(塩)」を食べてみたいし!


「煮干しSOBA(醤油)」に「鶏コクSOBA」も食べてみたいな♪
ご馳走さまでした。

【新店】拉麺 うえ竹-16【新店】拉麺 うえ竹-17

メニュー:拉麺(あっさり)
鶏SOBA(醤油、塩)…700円/煮干SOBA(醤油)…750円/中華SOBA(醤油、塩)…700円

拉麺(こってり) 限定15食程度
鶏コクSOBA…750円/鶏コクSOBAライト…700円

スープバランスの為、拉麺は大盛不可替え玉 100円
つけ麺
鶏つけSOBA(醤油、塩)…750円/煮干つけSOBA(醤油)…800円
小150g-50円/並200g/大300g+100円

夏限定冷し拉麺
和塩冷しSOBA…700円

トッピング
煮玉子…円/メンマ増し…円
レアチャ…200円/バラチャ…160円/胸チャ…180円
お得なチャーシュー三種盛り(レアチャ、バラチャ、胸チャ)…200円

※本日のミニ丼は店内黒板参照


拉麺うえ竹

昼総合点★★★★ 4.5



関連ランキング:ラーメン | 新栃木駅



好み度:鶏SOBA(塩)star_s40.gif
煮干つけSOBA(醤油)star_s45.gif
接客・サービスstar_s50.gif

ブログランキングに参加しています。
日々の更新の励みになりますので…
↓↓↓
こちらを1日1回クリックいただきますようお願いしますm(__)m
にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ
にほんブログ村

↓↓↓こちらのクリックもよろしくお願いしますm(__)m
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://ramen151e.blog71.fc2.com/tb.php/3315-b05a07d2