訪問日:2015年6月26日(金)

柴崎亭-1

本日は、500円のワンコインでラーメンが食べられる店柴崎亭へ!

ただし、今日は、850円する本日25食限定の「純煮干そば」を食べるために(笑)

こちら『柴崎亭』は、2011年12月17日に京王線の柴崎駅近くにオープン!
その後、2014年8月17日につつじヶ丘へ移転!


しかし、屋号は『つつじヶ丘亭』ではなく『柴崎亭』のまま(笑)
でも、価格は500円を維持♪

移転前の店には、1度だけ伺ったことがある。
ただし、『柴崎亭』ではなく、伺ったのは、『柴崎亭』が月曜日の定休日に二毛作営業していた『煮干亭』


そして、こちらで「煮干そば」をいただいたんだけど
煮干し100%で出汁をとった純煮干しスープのラーメンで!

じんわりと煮干しが効かされたスープは、なかなか美味しくて♪
これが500円でいただけるのは嬉しい♪


その後、移転を知って、昼に訪問したところ
営業は夜のみになっていて

私は、遠征以外では、原則、ラーメンは食べない人なので
残念な思いをしていたんだけど

しかし、4月21日から昼営業を始めて!
さらに、今日のように昼営業でも限定を出すようになってくれた♪


そこで、今日は、500円ラーメンの店が出す850円のラーメンを食べるのを楽しみに店へと向かった。
しかし、スタートが遅れて


25食限定の「純煮干そば」を食べるために、開店の30分前には到着するつもりが
京王線つつじヶ丘駅近くの線路沿いにある店の前にやってきたのは開店時刻の11時

ちょうど、開店して、お客さんが入店しているところで!
9番目に入店して、券売機で「限定850円」の食券を購入したんだけど!


食べられてよかった♪
今日の限定は、この25食限定の「純煮干そば」の他にも、750円の「火入れ」したバージョンのものも25食あるということだったけど


柴崎亭-2柴崎亭-3

「純煮干そば」が水出汁した一番出汁のスープなのに対して!
「火入れ」したバージョンのものは、二番出汁に手を加えたスープということで


先客の中には、限定の2杯食いをしているお客さんもいたけど
二番出汁の「火入れ」には興味がなく、どうしても、一番出汁の「純煮干しラーメン」が食べたかったので♪

席につくと、食券と引き換えに、水の入ったコップがスタッフのかわいい女子から出されたんだけど♪
セルフの店がほとんどの中、ちょっぴり嬉しいサービス♪


なお、オープンキッチンの厨房には、この女子スタッフと店主の2人が居て!
店主は、すでにラーメン作りに入っていた。


スープを雪平鍋に入れて、ガス台の火に掛けていって!
4つのラーメン丼を取り出すと、茹で麺機の沸騰したお湯を入れて丼を温めて!


頃合いを計って、茹で麺機に麺を大量投入して、泳がせるようにして茹でていくと!
ジャスト1分で平ザルを巧みに使って麺上げ!


そうして、最後に綺麗にて盛りつけされて、4個作りされた限定の「純煮干そば」が完成して出されていって!
これが3回繰り返されて、私にも出されたんだけど


3回目は、デフォルトの「醤油」ラーメンも「純煮干そば」とともに作られていたので!
麺は、特別なものではなく、こちらの店で使われているデフォルトの麺であることがわかった。


供された「純煮干そば」は、チャーシュー、メンマ、カイワレだけがトッピングされたシンプルな出で立ちのラーメンながら
キレイに麺線が整えられて、ビジュアルはとても美しい♪

柴崎亭-4柴崎亭-5

まずは、塩が白醤油をカエシに使ったと思われる淡い色合いのスープをいただくと
片口、サバ、うるめを合計8キロ使って水出汁したと店主のFacebookにあったスープは、ビシッと煮干しが効かされたスープで!

柴崎亭-6

出汁感があって、スープの厚みが感じられる!
淡麗なのに煮干しの濃いスープに仕上がっていて!


過去にいただいた「煮干そば」とは、まったく別物の味わい♪
ただ、結構、魚臭くて、癖のある味わいなので


純粋に煮干しが好きなニボラーはノープロブレムだろうけど!
ダメな人はダメな、お客さんを選ぶスープともいえる。


その原因は、大量の煮干しが使われた煮干し100%の純煮干しの清湯スープであることと
たぶん、このラーメンにはカエシが使われていないならなんじゃないかと思うけど!?

休むことなく、黙々とラーメンを作り続けている店主に話し掛けることができなかったので
真相は闇のまま。

個人的には、薄口醤油をカエシに使って、大豆のうま味を加えてやった方が、もっと美味しくいただけたような気もしたけど
でも、これはこれで、かなり美味しいスープだったからよかったけどね♪

麺は、ザクっとした食感の中細ストレート麺が使われていて!
この煮干しスープには合っていたし♪


柴崎亭-7

煮干しのうま味いっばいのスープとよく絡んでくれたし!
それに、やや、やわらかめに茹でられた麺は、しっかり、麺の芯まで茹でられていて、小麦粉のうま味が感じられたのもよかった♪


そして、トッピングされたチャーシューは、やわらかくて!
肉のうま味がよく感じられて、とても美味しかったし♪


柴崎亭-8

これだけ煮干しが濃くて、煮干しのうま味が出たスープのラーメンだったら
850円出す価値は十分にあったと思う!

この後、『中華そば しば田』で連食予定だったけど
最後の一滴までスープを飲み干してフィニッシュ!

美味しかった♪
ご馳走さまでした。



メニュー:真そば醤油(あっさり)…500円/真そば特大醤油…700円/真そば醤油バラチャーシュウ…950円
正そば醤油(こってり)…円/正そば特大醤油…700円/正そば醤油バラチャーシュウ…950円

東京鴨中華そば…500円/辛い山椒の塩そば…700円
塩煮干そば…650円/醤油煮干そば…650円/肉わんたん麺…750円/チャーシュウ肉わんたん麺…1150円

平日の昼メニュー
正油(並)…500円/正油(中)…600円/正油(大)…700円/塩煮干そば…650円

味玉…100円
焼豚丼…500円/ライス…100円

【6月26日1日限定】純煮干そば…850円/煮干そば(火入れ)…750円


柴崎亭

昼総合点★★★★ 4.0



関連ランキング:ラーメン | つつじケ丘駅柴崎駅



好み度:純煮干そばstar_s40.gif
接客・サービスstar_s35.gif

ブログランキングに参加しています。
日々の更新の励みになりますので…
↓↓↓
こちらを1日1回クリックいただきますようお願いしますm(__)m
にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ
にほんブログ村

↓↓↓こちらのクリックもよろしくお願いしますm(__)m
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://ramen151e.blog71.fc2.com/tb.php/3288-8de6699b