訪問日:2006年10月4日

北海道ラーメン 好 旭川【参】-1

10月の5杯目は、「北海道ラーメン 好 旭川@津田沼」の「塩ラーメン」!

ふいに、ここの塩ラーメンを食べたくなったわたしは津田沼へ…
約4ヵ月ぶりの訪問になる「好」!
果たして、あの陽気な京都人は、元気にやっているんだろうか!?

店に着いたのは、夜の9時40分。
榊原店主は、前回はじめてお会いした奥様といっしょに厨房に立っていた!

人なつっこい笑顔で迎えてくれた榊原店主!
元気そう!

「ビールと餃子?」
榊原店主は、わたしが夜来たときのパターンを覚えていて、いつも必ずこう聞いてくる…

「今日は、送別会があって、1杯飲んできたから…いきなり塩で!」

ビールと餃子、たまにチャーシューやメニューにないもやし炒め等をつまみにして飲みのがいつものパターン。
ここで止めておけばいいんのに…
旭川の銘酒「国士無双」があるので、話が弾むとついつい飲んでしまうんだよね…

そして、締めの1杯が「塩ラーメン」!

北海道ラーメン 好 旭川【参】-2

冬の寒いときに「味噌ラーメン」を食べたことはあるけど、ほとんどここでは私は塩!
味噌もいけるけど、榊原店主のつくる塩スープと旭川から取り寄せている山加加藤製麺の麺の組み合わせは最高!

縮れの強い低加水の卵麺は、トロミのある絶品の塩スープとよく絡む!

さっそく、身体を揺らしながら、自分のリズムで塩ラーメンを作り始める榊原店主!
麺を大きな鍋に投入!スープを小鍋に移し、温めはじめる…
しかし、いつものことだけど、ラーメンをつくってる最中でも、彼のトークは続く…

わたしにだけじゃなく、昔から彼はよくお客さんとおしゃべりする…

この日もいろいろ話した…
千葉拉麺通信の山路さんのこと、ラーメンブログのこと、麺やスープのこと…

彼は、よく言えばポジティブ!悪く言えば楽観的な性格!
でも、彼の明るさは魅力だし、好きだな。

出来上がった塩ラーメンは、今日も最高の出来だった!
国府台時代を思い起こさせる味!

津田沼に移ってから、スープの出来の悪い時期がしばらくあった…

鶏肉に凝ったり、いろいろな海産物を試したりと…
試行錯誤を繰り返したようだけど…
今日のスープは、クリーミーな豚骨の甘さと鰺やあご等の魚介の出汁が混在一体化して、コクと旨味のあるスープに仕上がっている!

かつて、石神本で、「アバンギャルド」な味と評された…その頃の味!

チャーシューも、甘めに味付けされた木耳もメンマも…
麺といっしょに食べると、よりいっそう美味しくいただける!

やはり、わたしの中では、ここの塩が一番!

この日も、結局、話しが長引いて…
結局、奥様お手製の味玉をつまみに、つい「国士無双」で1杯やるはめになり…
またまた、ついつい飲みすぎてしまうわたしなのでした…

北海道ラーメン 好 旭川【参】-3

住所:千葉県船橋市前原西2-25-7
電話:047-471-6883
営業時間:18:00~翌1:00(火・木)
11:45~14:00、18:00~翌1:00(水・金・土・日・祝)
定休日:月曜日(祝日の場合は営業)
アクセス:JR総武線「津田沼」駅北口下車。ロータリー正面目抜き通りを直進。県道との大きな交差点を右折、新京成踏切手前を線路沿いに左折し直進。道沿い左側。

メニュー:正油ラーメン…700円、塩ラーメン…700円、味噌ラーメン…700円、塩つけ麺…800円、玉子【限定】…100円


評価:塩ラーメン…700円star_s50.gif
接客・サービスstar_s50.gif
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://ramen151e.blog71.fc2.com/tb.php/328-68f10a8c