訪問日:2015年6月16日(火)

大阪 緑乃助商店【四】-1

今夜は、今夜一夜限り、20食限定で提供される「たっぷりタタキ中華」を求めて、大阪・淡路の『大阪 乃助商店』へ!

今夜、湯浅醤油をカエシに使った丸鶏と魚介のダブルスープの限定をやる。
そして、この限定には、フレッシュな鶏モモ肉のたたきが5枚載る!


本日午後3時38分にこちらの店の中川店主がTwitterで突然、こんなツイートをしていて
限定情報をキャッチ!

鶏モモ肉のたたきは、めっちゃ好きなので♪
喜んで、釣られることにした
(笑)

大阪 緑乃助商店【四】-2

しかし、今日は、なぜか、突発限定が続く日で!
昼も、伊丹の『がふうあん』の早坂店主が、午前11時10分すぎに


本来は定休日の本日、昼営業のみ営業して2種類の限定を出すとTwitterでツイートしていたんだけど!
こんな日も珍しい。


というわけで、阪急京都線の淡路駅で下車して、夕方の5時40分に店の前までやってくると…
お客さんの姿はなく、ポール獲得!

そして、この後、JKの4人組みがシャッターで並んで夜営業の6時の開店時刻を迎えたんだけど
今日は、主要なラーメン店が限定をやるとなったら必ずと言っていいほどいる、あの人やあの人の姿もなかったけど(笑)

やっぱり、当日の午後遅い時間にツイートしたのでは
都合がつけられなかったのかな

一番に入店して、カウンターにつくと
厨房の中央には、中川店主の姿があって!

店長はサブに回っていた。
そこで、中川店主に


「あれ!?今日は、店長の限定じゃないんですか?」と尋ねたところ…
「ここのところ、店長にお願いしてきましたけど、今回は僕がスープを炊きました。」という答えがあった。

中川店主に限定の「たっぷりタタキ中華」をお願いすると
さっそく、調理に取りかかる!

そうして、本日一杯目に作られた「たっぷりタタキ中華」が完成すると!
目の前にいるのだから、手渡しすればいいのに、丁重にもスタッフの女子が、わざわざ厨房から出てきて、手元まで運んできてくれた!


大阪 緑乃助商店【四】-3大阪 緑乃助商店【四】-4

メニュー名通り、肉厚の鶏モモ肉のタタキがたっぷりと載せられたラーメンで!
これで850円という価格は、かなりのお値打ち価格♪


さっそく、記念撮影をして!
カエシに使われた湯浅醤油の何ともいい醤油が香るスープをいただくと


大阪 緑乃助商店【四】-6

まず、醤油のうま味に甘味、酸味も感じられるスープで!
醤油の風味がとてもいい♪


スープが美味しければ、醤油なんて、高価な醤油など使わなくても、スーパーで売っている安い醤油でも十分という声も聞くけど
やっぱり、美味しい醤油を使えば、それだけ、スープも美味しく感じられる♪

もっとも、単純にいい醤油を使えば美味しいわけではないけど
カエシもラーメンの重要なファクターであることを改めて考えさせられた。

そして、スープからはフレッシュで豊潤な鶏のうま味が感じられて!
スープ表面にキラキラと煌めく、多めの鶏油と豚の背脂(?)のようなものがスープにうま味とコクを与えていた♪


さらに、昆布に白背と思われる煮干しのうま味!  
そして、特に節がよく効かされていて!


鶏が70%、魚介が30%くらいに感じられる鶏清湯魚介スープは、とても美味しかったし!
とてもバランスのいいスープに仕上がっていた♪


前回、限定で、「鯛清湯ラーメン」をいただいたときにも
元焼鳥屋である中川店主が開いたこちらの店は、鶏白湯スープのラーメンには定評のある店というのはわかっていたけど!

こんなに美味しい清湯スープのラーメンも作れるんだと驚かされたけど!
今夜も、また、ネオクラシカルな美味しい醤油ラーメンをさらっと作ってきて!


もしかして、中川店主!
焼鳥屋の前に和食の経験もあるんじゃないか
!?

スープをいただいて、そんなことを感じたので!
スープの感想を中川店主に話すと


カエシに使った湯浅醤油については
今回、初めて使ったそうで

いい醤油だとは話していたけど
でも、価格が高いのが難だとも話していた。

そして、スープは私の予想では鶏70%魚介30%!
しかし、実際には、鶏60%魚介40%のバランスで作ったそうで


理想は、鶏100%のスープだと話してくれて!
さらに、すでに、店で清湯スープのラーメンを出しているとも言われて


店を開業したときには、「らぁめん」は、鶏白湯スープの「さらっと」と「とろっと」の2種類の品揃えだったから!
てっきり、今もそうなんだろうと思っていたのに


改めてメニューを確認したところ
いつの間にか「さらっと」は、鶏白湯スープから鶏清湯スープのラーメンに変更になっていた(汗)

大阪 緑乃助商店【四】-10

それと、魚介は、今回は鮪節を使ったと話してくれて
だいぶ、大量に使ったので、大赤字だと言っていたけど

関西では「しび節」、関東では「メジ節」と呼ばれるメジ鮪を節にした鮪節は、茶碗蒸し等に使われる繊細な出汁をとるときに使われる節だけど
これをラーメンに使う店は少ないよね。

また、私が背脂だと思ったものは
鶏皮の脂で!

鶏油は、内臓の臭みも出てしまうのに
鶏皮の脂は、それがないのがいいと話していた。

そして、最後に、中川店主は和食の経験があるんじゃないか?
それと、魚介の清湯スープが美味しいという私の感想に関しては


「実は、僕、焼鳥屋の前は、和食ではなく、イタリアンの経験があって!」
「だから、僕、フュメ・ド・ポワソンも作れるんです!」なんて話しもしてくれたけど


「フュメ・ド・ポワソン」とは、西洋料理で、魚介料理に用いられる基本的な出汁汁のことで!
香味野菜を炒め、魚の骨やあらなどを加えてさらに炒め、白ワイン、水、香辛料を加えて煮詰めて作る。


しかし、大阪のラーメン愛好家の方ならわかると思うけど!
「フュメ・ド・ポワソン」のラーメンといったら『麺や 豚コング』の白幡店主の作る「塩ラーメン」が有名


でも、これを聞いて、イタリアンやフレンチ出身のラーメン店であれば、「フュメ・ド・ポワソン」もそうだし!
「フォン・ド・ボー」や「フォン・ド・ヴォライユ」のラーメンなんていうのもできて!


そんな洋風出汁をラーメンのスープにした、イタリアンやフレンチテイストの洋風ラーメンの店が出てきても面白いのにな!?
なんてことも、この話しを聞いて、ふっと、思った。

そして、この鶏と鮪節を効かせた醤油清湯スープに合わせられた麺は、国産小麦粉だけを使って製麺したという中細ストレートの自家製麺で!
つるしこで、もちもちとした食感の麺は、コシがあって、のど越しのよさもあって、小麦粉のうま味もよく感じられる麺なのがいい♪


大阪 緑乃助商店【四】-8
大阪 緑乃助商店【四】-9大阪 緑乃助商店【四】-10

ただ、加水率を上げたのか!
少し、スープとの絡みが悪くなったような


そこで、中川店主に確かめてみると
以前は、35%だった加水率を38%に上げたと教えてくれたけど

個人的には、前の方がよかったような…(汗)
でも、大阪のお客さんは、一般的に多加水麺を好み傾向にあるので!

この変更はウエルカムな人の方が多いのかもしれないけど!
何れにしても、この中加水麺から多加水麺への変更は、人によって、賛否が別れそう。


トッピングされた鶏モモ肉のタタキは、歯ごたえのあるブリッブリの食感がたまらなくよくて!
噛めば噛むほど、鶏肉のうま味が滲み出てきて!


めちゃめちゃ美味しくて♪
これをアテにしてビールを飲みたくなった!


大阪 緑乃助商店【四】-11

鶏白湯の達人が作る鶏清湯スープのラーメン!
美味しくいただきました♪


まだ、細部を見ると、改善を図る部分はあるかもしれないけど
中川店主は、豚にも魚介にも頼らずに、鶏だけで、美味しい清湯スープのラーメンを作りたいという意気込みを語ってくれたので!

これからは、こちらの店では、鶏白湯だけではなく、鶏清湯スープのラーメンにも注目!
ご馳走さまでした。

大阪 緑乃助商店【四】-12

メニュー:鶏がらラーメン(さらっと/とろっと)…650円

味玉ラーメン(さらっと/とろっと)…750円/チャーシュー麺(さらっと/とろっと)…900円/味玉チャーシュー麺(さらっと/とろっと)…950円

火のとり…850円/鶏つけ…900円/汁なし みどりちゃん…800円

【6月16日夜のみ20食限定】たっぷりタタキ中華…850円

のせもの
味玉(半玉)…50円/温玉…100円/チャーシュー(3枚)…200円/のり(2枚)…50円/メンマ…100円/青ネギ…50円

ライス
小…100円/中…150円/大…200円
TKG…250円/あぶりチャーマヨ丼…400円/とり天丼(夜のみ)…400円

自慢のからあげ
2ヶ…200円/5ヶ…400円/10ヶ…700円
とり天(夜のみ)…400円


縁乃助商店

昼総合点★★★★ 4.0



関連ランキング:ラーメン | 淡路駅下新庄駅



好み度:たっぷりタタキ中華star_s40.gif
接客・サービスstar_s50.gif

ブログランキングに参加しています。
日々の更新の励みになりますので…
↓↓↓
こちらを1日1回クリックいただきますようお願いしますm(__)m
にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ
にほんブログ村

↓↓↓こちらのクリックもよろしくお願いしますm(__)m
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://ramen151e.blog71.fc2.com/tb.php/3279-ae3d5f43