訪問日:2015年3月5日(木)

【新店】らーめん 颯人-1

本日のランチは、大阪・南森町に2月27日にオープンした新店の『らーめん 颯人 RAMEN HAYATO』で!

こちらは、関西を代表するラーメン店『カドヤ食堂』で四代目の店長を務めた石垣さんが独立開業した店!

『カドヤ食堂』の橘店主が自身のTwitterでツイートしていて、店のオープン情報を知って!
次回、大阪に行くときには、真っ先に訪れたいと思っていた♪


というわけで、途中、美しい富士山の姿を見ながら、のぞみで新大阪へ!
そうして、一仕事こなして、店のある南森町へ!


【新店】らーめん 颯人-2

地下鉄の堺筋線谷町線が走る南森町から徒歩3分。
南森町駅と隣接するJR東西線の大阪天満宮駅からも徒歩4分という場所にオープンした店を訪れたのは午後の2時になる時刻。


オープンから連日、行列ができていると聞いていたんだけど!
さすがに、こんな遅い時間だからか、外待ちはなく、すんなりと入店することができた。


それでも、カウンターのみ7席の席には5人のお客さんが居た。
そして、カウンターの前のオープンキッチンの厨房には、コック服姿の石垣店主と2人の女性スタッフの姿が


席について、メニューを見ると
麺メニューは、「しょうゆらーめん」と「みそらーめん」の2種類!

【新店】らーめん 颯人-3

『カドヤ食堂』出身であることから、最初は「しょうゆらーめん」をチョイスすべきなのかもしれないけど
北海道出身で、北海道のラーメン店でも修業経験のある店主の作る「みそらーめん」も食べてみたいし!

どちらを食べるか迷うところだけど…
しかし、オープン以来、こちらの店を訪れている新店ハンターや限定ハンターの関西の麺友の反応を見ると

「みそらーめん」の評判がいいようなので!
こちらをいただくことに!


スタッフのかわいい女子から注文を聞かれて
「みそらーめん」をオーダー!

すると、私が入店した直後に入店したお客さんの注文も「みそ」で!
「みそらーめん」を2個作りし始める石垣店主!


熱した中華鍋にラードと思われる油を入れると
さらに、モヤシが入って、なぜか、レンゲを使って器用に炒め始める。

そうして、ここにディッパーですくわれた味噌が加わり、あおるようにして炒められると!
ファイヤー!


火柱が上がり!
味噌の香りが立ち込める。


超いい香りで!
めっちゃ食欲をかき立てられる!


そして、また、違った種類の味噌がディッパーで入れられて!
さらに、スープが入って煮込まれていく!


そうしているうちに
大きなテボを使って茹でられていた麺も茹で上がったようで!

まず、ラーメン丼に炒めたモヤシを残して、中華鍋からスープだけが入れられて
湯切りされた麺が入って!

中華鍋に残ったモヤシが振り分けられて!
チャーシューにメンマ、白髪ネギが載せられて


最後に白髪ネギの上に柚子皮が、ちょこんと置かれて
これで、「みそらーめん」の完成!

【新店】らーめん 颯人-4【新店】らーめん 颯人-5

そうして、供された「みそらーめん」は、大阪でお目見えする味噌ラーメンとは、また、一線を画するビジュアルの味噌ラーメンで!
オープン前のレセプションで、試食をしている新店ハンターのとよつねさんのレポートによると


スープは、「比内地鶏・淡海地鶏の2番出汁に豚肉・野菜を煮込んだ白湯スープに多めのネギ油で熱さを封じ込め、4種の味噌を使った味噌タレ」のスープだそうで!

多めのネギ油が煌めくスープをいただくと
まず、芳醇な味噌のコクとうま味が口の中に広がって!

豚肉と野菜のうま味にニンニクに生姜の風味!
そして、鷹の爪の辛味と、やや、強めに感じられる山椒の香味がとてもよくて!


それに、柚子皮の爽やかな柑橘系の酸味もよかったし♪
めっちゃ美味しい♪


しかし、スープをいただく前までは、比内地鶏に淡海地鶏で出汁をとった鶏ベースと聞いていたので
もっと、さらっとしたスープなんだろうと思っていたのに

思った以上に濃厚でインパクトのある味噌スープだったのには驚かされたし!
「カドヤ食堂」らしさの感じられないスープだったけど、これはこれで、個性的で、とてもよかった♪


ただ、一つ気になったのは、油の量が、少し多めだったので
やや、オイリーに感じられたこと。

寒い時期は、まだ、そう気にならないかもしれないけど
これから、だんだんと暖かくなってくると、くどく感じてしまうし

札幌なら、これで、ぜんぜんいいと思うけど!
ここ大阪では、どうなんだろう


そして、このコクうまの味噌スープスープに合わせられた麺は、切刃14番に見える平打ち太ストレートの自家製麺で!
ツルツルでモチモチとした食感の多加水麺は、適度なコシもあって!


さらに、小麦粉のうま味の感じられる麺でいい♪
そして、スープとの絡みもそれなりには絡んでくれるので、いいとは思うけど


【新店】らーめん 颯人-6

麺がスープを弾いて、飛んだスープで服が汚れるのが(汗)
それと、できれば、手で揉んで縮れ麺にして茹でてもらえると

スープとの絡みが、より、よくなって!
もっと、美味しくいただけると思うので!


チャーシューは、『カドヤ食堂』と同じ鹿児島の霧島高原ロイヤルポークが使われていて!
とよつねさん情報では、肩ロース肉とウデ肉の2種類のチャーシューがトッピングされているということだったけど!


オーブンで焼き上げられたと思われる焼豚は、どちらの部位のものも、噛むと、ジュワっとジューシーな肉のうま味が滲み出てくる美味しい黒豚焼豚で!
トッピングすると400円増しになるけど、それだけの価値は十分にある!

コリコリとしたメンマの食感もよかったし!
美味しく完食♪


「しょうゆらーめん」も気になるので、再訪は確実!
ご馳走さまでした。

【新店】らーめん 颯人-7【新店】らーめん 颯人-8

メニュー:
しょうゆらーめん…720円/みそらーめん…880円

トッピング
比内地鶏の味玉…150円/チャーシュー…400円

ごはん
白ごはん (小)…120円/(大)…200円
比内地鶏の卵かけごはん…300円


らーめん 颯人

昼総合点★★★★ 4.0



関連ランキング:ラーメン | 南森町駅大阪天満宮駅なにわ橋駅



好み度:みそらーめんstar_s40.gif
接客・サービスstar_s40.gif

ブログランキングに参加しています。
日々の更新の励みになりますので…
↓↓↓
こちらを1日1回クリックいただきますようお願いしますm(__)m
にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ
にほんブログ村

↓↓↓こちらのクリックもよろしくお願いしますm(__)m
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://ramen151e.blog71.fc2.com/tb.php/3178-2f2e753d