2007.11.26 頑者【参】
訪問日:2007年11月26日(月)

頑者【参】-1

本日は「頑者」で連食!

2食目は、「つけめん」!
やはり、この店に来たら、これを食べずに帰るわけには行かないでしょう!

本日、シャッターで訪れ、未食の「ラーメン」をいただいた!

そのまま、もう1杯「つけめん」を食べててもよかったんだけど…
ここは「完全入替制」を採っているので、わたしだけ2品注文して、食べるのが遅くなってしまうと…
後続のお客さんをそれだけ待たせてしまうことになり、申し訳ない…

そこで、1度「ラーメン」を食べた後、また、午後にもう1度こちらに戻ってくることにした…

13時41分!
再び店を訪れると…

22人待ち…
午前中よりか3人多く並んでいる…

頑者【参】-2

きっと、ずっとシャッター前からこんな状態だったんだろうね。

しかし、13時半も回り、そろそろ14時になろうというのに、まだ、わたしの後ろに人が並ぶ…

20人を超える行列は、今まででもそう多くは経験していない…

昨年から今年にかけても数えるほどしかないのに…

13時57分に店員さんが注文を取りにきて…
「つけめんチャーシュー」を注文!

頑者【参】-3

「つけめんチャーシュー」にしたのは、先ほど「ラーメン」を食べたときに、左右隣りの人が、普通の「つけめん」に「つけめんチャーシュー」を注文していて…
普通の「つけめん」は、具がみんなつけ汁の中に沈んでしまっているのに対して…
「つけめんチャーシュー」は大量のチャーシューにより、味玉やなるとなどの具がつけ汁の上に浮かび、ビジュアル的にキレイだったのと、おいしそうに見えたから…

14時17分!
2度目の入店!

14時22分に、また大橋店主から「つけめんチャーシュー」を受け取った。

頑者【参】-4

結局、2度目の待ち時間は、入店まで36分。「つけめん」提供までで41分。
午前中に比べると入店までで3分。提供まではちょうど同じ時間を要したことになる。

やっぱ、1人2分×人数というのがだいたいどこの店でも待ち時間の目安になるね…

「つけめんチャーシュー」は、思った通り、ビジュアル的にはキレイ!

まずは麺からいただきます…

この麺は…
先ほどの「ラーメン」の麺とは太さが違う…
切り刃14番くらいだろうか…

それに、味もチューニングも違うよ!
もちっとして、少し水っぽさのある麺。
ラーメン用の麺と違って、加水率が高い麺だ…

この麺の、この噛み心地のよさは何なんだろう…
つけ汁につけて食べると、より麺のうまさが実感できる!

これはもう「つけめん」用の麺としては最高の部類に入る!
メチャ美味しい!

「吉左右@木場」、「つけ麺 目黒屋@馬込沢」、「東池袋 大勝軒 八王子店」に匹敵する麺のうまさ!

本当においしい「つけめん」の店は、麺にこだわるよ!
だから、結局、大変でも自家製麺に走るんだよね…
労を惜しんで製麺所の麺で妥協などしない…

名前だけ売れている製麺所の麺を使う…
まったく自身のつくるスープと合ってもいないのに…

ろくに麺の勉強もせず、そんな安直な方向に走る店主が多いのも事実だし、こういう店主には閉口するけどね…

本当のプロは自分のつくるスープにどんな麺が合うのかをわかっている!
それに辿り着くまで大変な苦労を重ねていたりするんだけどね…

さらに、よりよきものを求めて製麺に励む…
これがプロの姿だよね!

しかし、本当においしい麺でした…

でも、これはまだプロローグにすぎなかった…

圧巻だったのは、強烈な魚介風味と動物系の旨味か溶け込んだつけ汁!

豚骨、鶏ガラ、モミジの動物系の旨味が詰まったスープに煮干、鯖節、鰹節の魚介系スープが加わり…
さらに魚粉投入によって魚介風味の強い旨味スープに仕上がっている!

「ラーメン」のときもかなり衝撃を受けたこの豚骨魚介のスープは、「つけめん」のつけ汁になって、さらにその存在感をあらわにする!

昨年、はじめて食べたときも、ガツーンと衝撃を受けた味…
でも、今日はさらに旨味がパワーアップして進化しているように感じた!

「究極のつけめん」…
「至高のつけめん」…
そんな賛辞で讃えたくなる「つけめん」!

大量に入ったチャーシューも、臭みなどなくおいしいし、味付けもいい!
味玉も美味しいし…

ただ、メンマはどうなっちゃったの?
「つけめん」…
あるいは「つけめんチャーシュー」にはメンマは入っていないってこと?

入れ忘れっぽいね…

でも、これだけ美味しければそんなことどうでもいいや!

帰りがけ、店員さんに支払いをしてながら…
「ラーメンもつけめんも最高だった!」と告げると…

大橋店主から…
「午前中も来られていましたよね!?」
と声がかかった…

「ラーメンもつけめんも食べたかったんで…2度並びました…」
そう答えると…

「はぁ…そうだったんですか…」
「別に一度に頼んでくれてよかったのに…」

「いや、わたしだけ2つ注文して遅くなったら、迷惑がかかるからと思って…」
「いや、そんな気遣いは要りませんよ…」
「みなさんそうしてるんですから…」

あれっ…そうなの…
でも、なんか悪いなと思って食べても…
落ち着かないし、だいいちおいしく食べられないもんね!

最後のお客さんが勘定するまで、大橋店主と少し話しをして店をあとにしたけど…
無口そうな大橋店主だったけど、結構喋るんだね…

満足でした!
いつか、また、「つけめん」に「ラーメン」…
食べにきます!

頑者【参】-5

住所:埼玉県川越市新富町1-1-8
電話:049-226-1194
営業時間:11:30~16:30 ※スープ切れ終了
定休日:日曜
アクセス:西武新宿線本川越駅下車2分

メニュー:ラーメン…650円/チャーシューメン…950円
つけめん…700円/つけめんチャーシュー…1000円
つけあつ…700円/辛つけめん…750円
大盛…100円増し


評価:つけめんチャーシューstar_s50.gif
接客・サービスstar_s35.gif
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://ramen151e.blog71.fc2.com/tb.php/317-ce0b2571