訪問日:2014年9月18日(木)

麺庵 小島流【弐】-1

『中華ソバ 伊吹』で、限定の「変態ウルメソバ」を食べて!
本日、2軒目に向かったのが、8月6日オープンの新店の『麺庵 小島流』!


こちらは、元イタリアンのシェフが和食の達人から命の出汁のとり方を伝授されて開業したラーメン店!
一度、訪問して、「鶏清湯 塩ら~めん」をいただいたところ


これが想定外の美味しさだったので!
店内連食で、「鶏清湯 背脂醤油ら~めん」も食べてしまったほど!


そんな店へ、本日、訪問するのは
前回、提供されていなかった「鶏白湯ら~めん」の提供が、昨夜から再開されたと店主がTwitterでツイートしていたので!

この「鶏白湯ら~めん」は、オープン時から提供されていたメニューだったけど
仕込みに使用していたフードプロセッサーが壊れて

店主1人で無休で営業していたため、買いに行くこともできなかったために
提供が一時、休止されていた。

『伊吹』を出て、最寄り駅の都営三田線・志村坂上駅から2駅都心に向かって乗ると
そこが、『小島流』の最寄り駅になる板橋本町駅。

駅を出て、店の前までやってきたのは、前回と同じ12時50分!
入店すると、お客さんは2人いて、1人はラーメンを食べていたんだ
けど…

前回に来たときと同じ状況で
お客さんも少なくて、ちょっと、寂しい状況だったので

カウンター席の出口に一番近い席について、厨房に1人の小島店主に
「お客さん、入るようになりました?」と聞いてみると

「平日混むのは、お昼だけで、もうピークを過ぎましたので…」
「でも、土日は開店前から行列ができるようになりました。」


「イチエさんがブログ書いてくれた後の土曜日なんか、開店前に15、6人のお客さんが並んだので、テンパりました。」
「そんなわけで、土日は1人ではできないので、1人、手伝いに入ってもらうことにしました。」


そんな話をしていたけど
少しでも多くのお客さんに食べてもらうことができてよかった♪

こちらの店の「鶏清湯ら~めん」は、出汁のうま味がよく出たラーメンで!
あっさりしたラーメンがお好きな方にはおすすめの、美味しいラーメンなので!


お客さんにご来店いただければ
味が気に入って、リピーターになってくださるお客さんもいらっしゃるはずなので♪

メニューを見て、前回とは違って、取り消し線が消えていた「鶏白湯ら~めん」を注文!
なお、こちらの店は、鶏と豚の2種のレアチャーシューがとても美味しいので!


トッピングがあれば、絶対にするのに!
用意がないので、デフォルトのまま注文。


麺庵 小島流【弐】-2

そうして、注文を終えたところに、ドタドタとやって来たのは
すーさんこと、『麺 酒 やまの』の鈴木店主に、『たんめん本舗 ミヤビ』の大野店主!

お2人とは、1軒目に訪れた『中華ソバ 伊吹』で偶然、お会いして…
2軒目に、こちらの店に行きましょうと約束したんだけど

それを察した志村坂上の坂下の店の店主から盛られて
ここに来るまでに、2人とも麺4玉600gを完食してきている。

果たして、これ以上、食べられるのだろうか(汗)
心配していたんだけど

しかし、すーさんは、オーソドックスな醤油の「鶏清湯 醤油ら~めん」を!
大野さんは「ネギ油そば 塩」を注文して


2人とも、しっかりと完食していたのには感心させられた。
ただ、すーさんは、余裕でスープまで完食していたのに対して!


大野店主は、何とか完食したものの
めっちゃ、しんどそうだったな(汗)

麺庵 小島流【弐】-3麺庵 小島流【弐】-4
鶏清湯 醤油ら~めん              ねぎ油そば(塩)

ところで、すーさんの「鶏清湯 醤油ら~めん」のスープを少し飲ませてもらったところ
鶏に背黒と鯵の2種類の煮干しのうま味が感じられるスープは

やや、インパクトに欠けるところはあるけど
いい出汁出してる♪

ただ、前回、鶏オンリーのスープに鶏油を浮かべた「鶏清湯 塩ら~めん」に!
鶏と背黒、鯵の2種の煮干しに鯖節の魚介も使ったスープに背脂の「鶏清湯 背脂醤油ら~めん」を食べて


味わいとしては、醤油の方が好みだったけど!
背脂よりは鶏油の方が相性がよくて、より美味しくいただけるのではないかと思ったので!


この店の一番のおすすめは、この「鶏清湯 醤油ら~めん」ではないかとブログにも書かせていただいたんだけど
実際に食べてみると

醤油は、背脂の方が合うような気がしたし!
鶏油を使ったスープだったら、塩の方がいいような気がした。


そして、私の注文した「鶏白湯ら~めん」が、美白なスープにピンクのレアチャーシュー、黒い岩海苔が映える美しいビジュアルで登場♪

麺庵 小島流【弐】-5麺庵 小島流【弐】-6

美白美人なスープをいただくと
モミジでトロミが付けられた塩味のスープは、濃厚ではないけど、シャバくもない、程よい粘度のスープで!

しっとりとしていて、なめらかで、とても口当たりのいいスープ!
そして、鶏のうま味が詰まっていて美味しい♪


麺庵 小島流【弐】-7

でも、この味!
完全に「和」の味わいだね!


もしかしたら、この鶏白湯には「伊」の要素が入っているのではと思ったのに
違ったので、店主にそんな感想を話すと

「鶏100%のスープです。」
「もちろん、無化調です。」


「純粋に、鶏のうま味だけで美味しく食べられるスープを作りたかったので!」
店主は、そう話していたけど…

清湯スープも、醤油は、カエシに背黒と鯵煮干しに鯖節が入っているので、魚介が感じられるけど
スープ自体は、鶏だけを使って出汁をとったスープなので!

店主は、鶏だけでとったスープにこだわりを持っていた。
でも、化調も使わずに、魚介出汁も合わせずに、鶏だけで、この味がだせるのはスゴい!


麺は、鶏清湯スープと同じ、三河屋製麺の中細ストレートの中加水麺が合わされていて!
食べる前は、ちょっと、麺がスープに負けてしまうのでは


なんて、思いもあったけど
そんなことはなくて!

淡麗な鶏清湯スープだけではなく、適度な濃厚さのある、この鶏白湯スープとも、いい感じで絡んでくれて!
また、スープに絡みすぎることもなく、美味しく食べさせてくれた♪


麺庵 小島流【弐】-8

そして、鶏ムネ肉と豚肩ロース肉の2種類の真空低温調理されたレアチャーシューは、ソミュール液を使うのではなく、白醤油に昆布等の和出汁に漬け込んでからコンフィしたもので!
65度で温度管理しながら、長時間かけて作られたもの!

麺庵 小島流【弐】-9

どちらのチャーシューも、しっとりとした食感なのがよくて、味も絶品♪
それに、やや、カタめに感じられる独特の食感の穂先メンマも、とてもよかったし♪


本日2杯目なのに、スープをすべて飲み干して完食!
ご馳走さまでした。

麺庵 小島流【弐】-10

メニュー:‹麺›
鶏清湯 醤油ら~めん…700円/鶏清湯 塩ら~めん…700円
鶏清湯 背脂醤油ら~めん…700円/鶏清湯 背脂塩ら~めん…700円

鶏白湯ら~めん…800円/鶏白湯つけ麺…750円
ねぎ油そば(醤油/塩)…650円
各大盛り…50円

‹トッピング›
味玉…100円

‹飯›
ごはん…100円/焼豚丼…300円


小島流

昼総合点★★★★ 4.5



関連ランキング:ラーメン | 板橋本町駅板橋区役所前駅



好み度:鶏白湯ら~めんstar_s45.gif
接客・サービスstar_s50.gif

ブログランキングに参加しています。
日々の更新の励みになりますので…
↓↓↓
こちらを1日1回クリックいただきますようお願いしますm(__)m
にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ
にほんブログ村

↓↓↓こちらのクリックもよろしくお願いしますm(__)m
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://ramen151e.blog71.fc2.com/tb.php/3031-4fcf9c68