訪問日:2014年5月21日(水)

神保町 可以【弐】-1

本日のランチは神保町 可以「薬膳火鍋風タンメン」

渡辺樹庵さんのTwitterのツイートで、自身の店『渡なべ』で、本日から「富山ブラック」の限定をやると知って…
でも、「富山ブラック」っていうのも、ちょっと、微妙だなと思っていたところ


『渡なべ』のセカンドブランドの店『神保町 可以』でも、現在、タンメンの限定をやっていることを思い出して
行くなら、こっちかな!?

そう思って、今日は、超久々に、ラーメン店が集結する神保町ラーメンストリートにある店へと向かうことにした。
そして、店の前までやって来たのは、午後の1時を回った時刻。

入店すると、厨房には、2人のスタッフ!
お客さんは2人だけと、ちょっと寂しいようだったけど


オフィス街にある店で、お昼休みも終わった時間だったし
今日の東京地方の天候は雨だったから、仕方がないよね。

飲食店にとって、雨は天敵。
それで、こちらの店では、雨の日には「トッピング一品無料サービス」を実施している!


そこで、券売機で食券を買って、カウンターの上に上げて、サービスを受けようとしたんだけど
スタッフの人は、黙って食券を回収していっただけで、何のリアクションもなかったので

あえて、こちらから、サービスの申し出はしなかったんだけど
あとで、こちらの店のTwitterを見たところ

「ツイート見た!」でサービスが適用されることがわかったので
皆さんは、必ず、これを言って、雨の日サービスを受けてください。

なお、限定には、「昔ながらのタンメン」「薬膳火鍋風タンメン」があって
さらに、限定専用のサイドメニューとして、「鶏の唐揚げ」が用意されていた。

神保町 可以【弐】-2

情報によると、「昔ながらのタンメン」は一般的な「タンメン」よりも濃厚な「濃厚タンメン」らしく
「薬膳火鍋風タンメン」は、漢方と辛みのラー油が効いたヤミツキになる味わいの「辛いタンメン」のようだったけど

私がチョイスしたのは「薬膳火鍋風タンメン」!
そして、「鶏の唐揚げ」をセットにして、タンメン+餃子の「タンギョー」ならぬ、タンメン+唐揚げの「タンカラ」を楽しむことにした。

注文を受けると、さっそく唐揚げを揚げ始め!
次いで、タンメン作りに入るスタッフ!


中華鍋に油を引いて、野菜を炒め!
スープを注いで仕上げていく。


麺は、「WATANABE STYLE」と印字された木箱の中のビニール袋詰めされた麺を一玉掴んで、テボに入れて茹でていったんだけど
ビニール袋には「18」とマジックで書かれていたので、これが18番の切刃を使ってカットされた中太麺であることがわかった。

神保町 可以【弐】-3

そうして、麺が茹で上がると、湯切りした麺をラーメン丼にスポッと入れて
その上から、スープに炒めた野菜を入れると、もう1人のスタッフの人にバトンタッチ!

引き継いだスタッフの人は、ニラをパラパラと炒めた野菜の上に散りばめて
最後に、ディッパーに取った「辛味玉」のようなものをラーメン丼の端に置いて!

これで、「薬膳火鍋風タンメン」の完成!
「辛味噌を少しずつ溶かしながら食べてみてください」というスタッフの人からのアドバイスとともに供されたんだけど

「昔ながらのタンメン」と「薬膳火鍋風タンメン」の違いは、最後に入れられた取った「辛味噌」の有無だけ!
でも、そのため、「辛味噌」を溶かさなければ「昔ながらのタンメン」の味も確かめられるので、こちらにしたおかげで一石二鳥♪

神保町 可以【弐】-4神保町 可以【弐】-5

具は、湯通ししたニラに、玉ねぎニンジン、モヤシの炒め野菜がたっぷり!
具を寄せて、スープをいただくと…

濃厚だというスープは、確かにシャバシャバなスープではなく、少し粘度のあるスープで!
鶏ガラか豚の背骨を使って出汁をとったと思われる動物系スープに、少量の煮干しが加えられたといった感じの味わいのスープだったけど


スープ自体からは、あまり、出汁のうま味は感じられずに
感じるのは、ラードによるこってり感と炒め野菜による甘み。

麺は、切刃18番の中太ストレート麺が合わせられていて

神保町 可以【弐】-6

ポクポクとした食感の中加水麺は食感もよかったし!
スープとの絡みもまずまず!


野菜は、やや、くたっとはしていたけど、炒め加減はまずまず。
ただ、このタンメンは、野菜オンリーで肉がないんだね
(汗)

普通は、豚コマが使われるはずなのに
入れ忘れか

そうじゃなかったとしたら
チャーシューもなくて、ちょっとチープな印象

「辛味噌」を溶かさずに、『昔のながらのタンメン』のままで少し食べて
しかし、『渡なべ』が作ったタンメンにしては、もう1つ何かピンとくるものがなかったので

「辛味噌」を少しずつ溶かしていただいてみると
唐辛子パウダーラー油、にんにく、生姜中国山椒シナモン八角豆鼓醤(トウチジャン)あたりが使われているんじゃないかと思われる味わいの「辛味噌」によって、強烈な辛さに変貌して、汗が吹き出てくるほど!

でも、辛いのは別に構わないんだけど
しょっぱくて、粉っぽかったのが

この味わいは超苦手!
申し訳ないけど、これは食べられない


なお、「薬膳火鍋風タンメン」に遅れて出された「鶏の唐揚げ」は、やや、揚げすぎの感はあったけど
カリッと揚がった唐揚げで、肉のジューシーさが感じられるものでよかった♪

神保町 可以【弐】-7

でも、この粉っぽくて、しょっぱ辛い味わいは、私の口には合わなかったな(滝汗)
ご馳走さまでした。

神保町 可以【弐】-8

メニュー:一色つけ麺(並180g/中270g/大360g) …750円
二色つけ麺…850円
三色つけ麺…950円
※一色増える毎に100円増し

※つけ汁は以下の九種類 ・醤油
・味噌
・海老醤油
・海老味噌
・辛醤油
・辛味噌
・カレー
・トマト
・黒胡麻

味噌らーめん…780円/味玉らーめん(味噌)…880円/ちゃーしゅーめん(味噌)…1080円/味玉ちゃーしゅーめん(味噌)…1180円

塩らーめん…730円/味玉らーめん(塩)…830円/ちゃーしゅーめん(塩)…1030円/味玉ちゃーしゅーめん(塩)…1130円

醤油らーめん…730円/味玉らーめん(醤油)…830円/ちゃーしゅーめん(醤油)…1030円/味玉ちゃーしゅーめん(醤油)…1130円

【限定らーめん】昔ながらのタンメン…700円/薬膳火鍋風タンメン…750円/鶏唐揚げ…150円


神保町 可以

昼総合点★★★☆☆ 3.0



関連ランキング:ラーメン | 神保町駅九段下駅竹橋駅



好み度:薬膳火鍋風タンメンstar_s25.gif
接客・サービスstar_s30.gif

ブログランキングに参加しています。
日々の更新の励みになりますので…
↓↓↓
こちらを1日1回クリックいただきますようお願いしますm(__)m
にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ
にほんブログ村

↓↓↓こちらのクリックもよろしくお願いしますm(__)m
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://ramen151e.blog71.fc2.com/tb.php/2892-b66322cc