訪問日:2014年4月6日(日)

らーめん稲垣(仮)-1

『中華ソバ 伊吹』で特別なのどぐろ煮干しを使った限定をいただいて、次に向かったのが『らーめん稲垣(仮)』!

昨年の11月24日から『自家製麺 ほうきぼし+』の定休日である日曜日に営業を開始して、限定ラーメンを提供している店。

12月15日に訪問して、限定第1弾の「塩煮干らーめん」をいただいた。
背黒の小羽と中羽を使って出汁をとった琥珀色したスープは、煮干しがぐっとくる味わいの秀逸なスープで!


スープ表面に浮く鶏油がスープにコクとうま味をプラスしていて、めっちゃ美味しかったし♪
『麺屋 一燈』と『ラーメン燈郎』の定休日に営業していた『らーめん稲垣』で食べて以来、久々に稲垣さんの煮干しラーメンを食べることができてよかった♪


それ以来の『らーめん稲垣(仮)』!
今日も、前回と、まったく同じパターンで、麺友のわるドラさんとともに、『中華ソバ 伊吹』からの連食で、JR神田駅北口駅前にある店を訪問。


12時50分に店の前までやってくると
店の前には13人の行列ができていた。

しかし、これでも、まだ、いい方だった。
この後、どんどんとお客さんが押し寄せて、行列は25人まで延びたので
(汗)

らーめん稲垣(仮)-2

しかし、前回、来たときには、並びなくすう~っと入れて
お客さんも1人だけだったのに

いつから、こんなことになっちゃったんだろう!?

限定第1弾の「塩煮干らーめん」から第2段の「濃厚鶏白湯ソバ」!
そして、第3段の「鯛々麺」まで、すべてコンプリートしているわるドラさんによると


「鯛々麺」の時も、1週目に行ったわけでもないのに、1時間位は待ったと言っていたので…
徐々に、口コミで広がってお客さんが増えていったんだろうね!

しかし、オフィス街の神田で!
日曜日のお昼に、これだけの大行列を作らせるというのもスゴい!


列に並ぶ前に、まずは、先に券売機で食券を買うのがこちらの店のルールで!
買い求めたのは、本日から提供開始される第4段の「逆襲の豚ソバ」の食券


らーめん稲垣(仮)-3

なお、この「逆襲の豚ソバ」とは
稲垣さんのブログによると



今回も、大量のガラを使用しています
豚のみで作ったスープは、ゲンコツ、豚足、正肉をじっくり炊き上げました

強火でガンガン炊く白湯とは違い、非常に難しい・・・

臭みを抑えた分、豚感が解かりづらいですが

食べ終わって外に出たあと、ゆっくり深呼吸してみてください
豚の逆襲がきますよ




文面から、濃厚豚清湯スープのラーメンということはわかるけど
後から、豚の逆襲がくるということは、もしかしたら、あの素材を使って出汁をとったのだろうか

そうなると、『豚骨 一燈』のリスペクトともとれるけど
果たして!?

並び始めから39分が経過して、ようやく入店。
計算上は13人で39分待ちだから、1人当たりの待ち時間は3分ということになるけど


1種類のラーメンだけの提供にしては、ちょっと、時間が掛かりすぎかな(汗)
ただ、稲垣さんがラーメンを作っていたのを見ていたら

麺を茹でるときも、麺を解して、1本1本麺を空気に触れさせるようにしてから茹でていたし!
1杯1杯精魂込めて作っている様子が見てとれたので


多少多く待ったとしても、美味しいラーメンを食べるためなら我慢しないとね!

らーめん稲垣(仮)-4

そうして、並び始めから44分で、稲垣さんから「逆襲の豚ソバ」が出されて!
さらに、味変アイテムの「辛子玉」もスタッフの人から出された。

らーめん稲垣(仮)-5らーめん稲垣(仮)-6らーめん稲垣(仮)-9らーめん稲垣(仮)-10

チャーシューが丼を覆うチャーシューメンで!
「辛子玉」まで付いて、これで850円ならば!


最初は、少し高めに思えた価格も
これなら納得♪

チャーシューを寄せて、スープをいただくと
熱っ(汗)

チャーシューが敷き詰められた下のスープは、表面がラードで覆われていた。
大量のチャーシューが載せられているので、それによって、スープが冷めるのを防ぐためにラードが使われていたようだった。


危うく、口の中を火傷するところだった(汗)
レンゲにスープをとって、ふぅふぅと息を吹き掛けてから口に運んでみると

生姜の風味が口の中に広がって!
ファーストインプレッションは『青島食堂』リスペクト
!?

でも、そこまで生姜はきいていない。
豚の臭い消しの役目もあるのかな


しかし、豚足を使っているのに、まったくと言っていいほど、豚の臭みのないスープで!
豚のうま味いっぱいのスープに仕上がっていた。


そして、あの素材が使われていれば、食べ終わってからでなくとも、深呼吸すれば、身体がポカポカするはずで
そうなれば、『豚骨一燈』リスペクトといえるけど

身体が熱くはなったものの
どうも、微妙な感じだったので

ズバリ、これは、『豚骨一燈』リスペクトなのか
稲垣さんに聞いてみたところ

そうではなく、あの秘密の素材も使っておらず
ポカポカ感は豚足によるものと教えてくれた。

突き抜けた味わいのスープではない。
でも、何処かクラシカルで、ほっとするような味わいのスープでよかった♪


麺は、中細ストレートの自家製麺で!
ただし、「塩煮干らーめん」のときの、パッツンパッツンのカタくて歯切れのいい低加水麺ではなく


多加水の麺が使われていて!
プチッ、モチッとした食感がよかったし♪


スープにも馴染んでいたし!
それに、小麦粉のうま味がよく感じられる麺でよかった♪


らーめん稲垣(仮)-7

チャーシューは、豚モモ肉の煮豚で!
しかし、肉質のいい豚肉が使われていて!


やわらかかったし!
肉のうま味が感じられるチャーシューで美味しくいただけたし♪


らーめん稲垣(仮)-8

さらに、後半、「辛子玉」を少しずつスープに溶かして、食べてみると
担担麺のような味わいに味変して、1つのスープで2度美味しいが楽しめてよかったし♪

最後は、本日2杯目で、チャーシューもいっぱいだったので、結構、お腹いっぱいだったけど、スープも残さず完食!
ご馳走さまでした。

らーめん稲垣(仮)-11

メニュー:逆襲の豚ソバ…850円

らーめん稲垣(仮)

昼総合点★★★★ 4.5



関連ランキング:ラーメン | 神田駅淡路町駅新日本橋駅



好み度:逆襲の豚ソバstar_s40.gif
接客・サービスstar_s50.gif

ブログランキングに参加しています。
日々の更新の励みになりますので…
↓↓↓
こちらを1日1回クリックいただきますようお願いしますm(__)m
にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ
にほんブログ村

↓↓↓こちらのクリックもよろしくお願いしますm(__)m
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://ramen151e.blog71.fc2.com/tb.php/2835-957c370e