2007.12.14 燦燦斗【四】
訪問日:2007年12月14日(金)

燦燦斗【四】-1

昭和レトロを感じさせる店「燦燦斗」!

店は東十条の路地裏にひっそりとたたずむ…

小料理屋のような外観で、隠れ家的存在の店…

木製の格子戸に窓、面格子…
薄茶色の暖簾がこの店には似合っている…

燦燦斗【四】-2

11時21分、店を訪れると、まだシャッターが閉まっていて準備中…

わたしが一番乗りだったけど…
開店までに4人が後ろに並ぶ…

11時32分、2分遅れでシャッターが開き…
後藤店主が暖簾を持って現れ、開店。
店の一番奥の席に着く。

「チャーシューメン」を注文!
正確には「チャーシューメン」というメニューはなく、「らーめん」+トッピングチャーシュー」というのが正しいんだけどね…

注文が入り、冷蔵庫から金属の箱を取り出す後藤店主。

中には、後藤店主手作りの自家製麺が保管されている。

麺はきっちり計量器で量られる。
後藤店主の性格もあるんだろうけど、麺を秤に載せ、麺を増減させ、正確に重さを量っていた…

計量を終えた麺は、後藤店主の手によって揉まれ、テボに投入される…

麺が茹で上がり、スープが注がれたラーメン丼に麺が入れられる。

チャーシュー、カイワレがキレイに盛り付けられて完成!

燦燦斗【四】-4

レンゲにスープをすくっていただいてみる…

「豚骨魚介」のスープ!
豚骨の旨味がよく出ている…
しかし、こちらのスープのよさは、豚骨とともに鶏の旨味がスープにたっぷりと含まれていること…

そういう意味ではこのラーメンは、「鶏ガラ豚骨魚介」という新しいジャンルに分類すべきかもしれない…

鰹節に煮干…
魚介系の使い方も絶妙で、なんともいい味出してる!

最初にこのスープをいただいたときには、すごい衝撃を覚えた…

もし、自分がラーメン店を開業したならば、こんなスープをつくりたいと思った…

だから、実際、このスープを後藤店主に伝授した松井さんのもとを訪れ、教えを請いに行ったこともある。

松井さんは、千葉有数の名店である「13湯麺」店主であり、他にいくつものラーメン店経営もしている。

今は活動を休止しているけど、「らーめん寺子屋」の塾長として活躍され、ここ「燦燦斗」をはじめとする数多くのラーメン店を輩出した…

ラーメンのつくり方から接客・サービス、ラーメン店経営まで、自分の持っているものをすべて教えた素晴らしい人!

しかし、松井さんから言われたのは…
「後藤のスープをつくるのはやめておけ!」
「あれをつくるのは大変だ…」
「貴方にあれをつくるだけの体力があるか?」
「やるなら、神勢。やふみやのスープがいい…」

3時間半話しをしたけれど…
スープづくりの教えを請うことはできなかった…

このスープをつくり続けるには、気力・体力がいる…
スープの原価率も高い。
ラーメン店経営をするには難しいスープだというのだ…

後藤店主だけがつくることを許され、後藤店主だけしかできないこの激旨のスープ!

ぜひ、まだ未食の方は試してみてください…

さらに、やはり、松井さんから伝授された自家製麺!
決して高価な小麦粉を使っているわけではない。
積み上げられている製粉会社の小麦粉の袋をみればわかる。

燦燦斗【四】-3

しかし、これが、後藤店主の手にかかると、しっとりとした食感のなんとも旨味のある麺に化ける…

しかも、ありがたいことにこの麺、100g増しの中盛にしても50円増し!
200g増しの大盛にしても100円増しで食べられる!

自家製麺だからこそできる価格設定なんだろうけど…
おいしい麺を安く、お腹いっぱい食べられるのは嬉しい!

そして、TOKYO1週間のTRY大賞の新人賞を獲得して…
スープと麺とともに評価の高かったチャーシュー!

低温で煮るローストビーフのようだというチャーシューは、チャーシューらしからぬ味であり、食感である…

このチャーシューは好き嫌いがはっきりするチャーシューだと思うけど、わたしはメチャメチャ好み!

前回の訪問のとき、13時半過ぎに訪問して、チャーシュー切れになったことがあった…

実は、それがあって、今日の早い訪問時間になった。

メンマもコリコリした食感がいい!

今日は、1人で3人前の「らーめん」と2人前の「つけめん」を作り忙しそうだった後藤店主と話しをする時間はなかったけど…

TOKYO1週間・TRY大賞の新人賞受賞コメントで、これからは新しいラーメンにも挑戦したいと言っていたのが気になった…

引き出しが多く、深い後藤店主だから、いろんなことができるし、楽しみではあるんだけど…
不安な点が2点…

ひとつは、あまり身体が丈夫な方ではないのだから、無理はしないでほしいこと…

それと、新しいスープづくりのため、負担が増えるからと…
自家製麺をやめて製麺所の麺に切り替え、品質を落とすようなまねだけはしてほしくないこと…

お願いしますよ。
後藤店主…

燦燦斗【四】-5

住所:東京都北区中十条3-16-15 中十条ハイツ103
電話:非公開
営業時間:(平日)11:00~14:00、18:00~21:00
(水曜)18:00~21:00
定休日:火曜日
交通アクセス:JR京浜東北線・東十条駅北口(赤羽寄り)の改札を出て、左に出る。線路上の歩道橋を進み、石段を登ってすぐに「左」に折れて坂道を下る。徒歩1分

メニュー:らーめん(200g)…650円/(中盛:300g)…700円 /(大盛:400g)…750円
つけめん(300g)…750円/(中盛:400g)…800円/(大盛:500g)…850円
味玉…100円/チャーシュー…250円/メンマ…100円/ザーサイ…100円


好み度:らーめん+チャーシューstar_s50.gif
接客・サービスstar_s35.gif
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://ramen151e.blog71.fc2.com/tb.php/283-a059554a