訪問日:2014年1月12日(日)

大勝軒 北習志野店-1

本日1月12日の3連休の中日にやって来たのは北習志野駅!
新京成電鉄と東葉高速鉄道の2駅利用ができる駅で!

一昨年の8月1日には駅ビル「エキタきたなら」がオープン!
駅東口周辺のエリアは、近年、目覚ましい発展を遂げている。


今日は、こちら北習志野でランチしていくことにしたんだけど
さて、何処の店で、ラーメンを食べようか?

最近オープンした新店はないけど、『アイバンラーメン』出身の、昨年3月15日にオープンした『麺処 ゆきち』がある。
それに、駅からはだいぶ歩くけど、「らーめん寺子屋」出身で、美味しい豚骨魚介のラーメンが食べられる『らーめん 太助』もある。


でも、駅近で、美味しくて、流行ってる店と言ったら!
『北習大勝軒』


『東池袋大勝軒』系の店で、過去に2度ほど訪問したことがあって!
看板の「もりそば」も美味しいけど、「中華そば」が特に美味しい♪


そこで、店の前まで来てみたところ
お客さんが2人、外待ちしていた。

大勝軒 北習志野店-2

その後に並ぼうとして、ふと、思い出したのが、北習志野にあるもう一つの「大勝軒」!
大勝軒 北習志野店


こちらは、『東池袋大勝軒』系の『北習大勝軒』とは違って!
『永福町大勝軒』系の流れを汲む店!


もう、以前に訪問したのも10年以上前で
確か、お年寄りのご夫婦で営業されていた店で!

駅東口の繁華街にあって、行列のできる店になっていた『北習大勝軒』とは対称的に

寂れた駅西口にあって、お客さんもポツンポツンとしか入っていなかった記憶がある

果たして、今でも営業しているのだろうか
気になって、駅西口近くにある店を訪ねたところ…

何と!
店の前には18人もの大行列ができていた


大勝軒 北習志野店-3

あの店に、こんな大行列ができているとは
失礼ながら、これには、本当に驚かされた。

当時、食べたときも、決して、ラーメンが美味しくないわけではなかった。
それどころか、『永福町大勝軒』系の煮干しの効いた好みのラーメンだったけど…

煙草をふかしながら、餃子をつまみにビールを飲んでいるオヤジがいたりして
昔の町のラーメン屋さんという感じの店だったのに…

それがどうしちゃったんだろう?
ちなみに、行列に並んでいたご夫婦の方にお聞きしたところ


「常に10人以上のお客さんか行列していますよ。」と教えていただいたけど…
いつから、そうなったのだろうか!?

行列の最後尾に付いて、25分ほどで、お姉さんに呼ばれて店の中へ!
しかし、45分は待つだろうと思っていたのに、18人で25分待ちは、かなり早い方!


店すると、厨房の中には、黒髪のふくよかな体型の店主に3人のお姉さん方がいて
あの時の老夫婦の姿はなかった

代替わりしたのだろうか?
案内されたカウンター席の1席について、注文したのは、「ラーメン」の「ねぎ」トッピング


大勝軒 北習志野店-4

「ねぎ」をトッピングしたのは、隣で食べているお客さんがトッピングしていて!
ラーメンとは別に小鉢に入れられた「ねぎ」が出されたのを見て、面白いと思ったから♪


なお、同じようにして、小鉢に入れられて提供されると思われる「メンマ」トッピングもあって!
『永福町大勝軒』系の店のあのカタくてコリコリとした食感のメンマが好きなので、これもトッピングしようかと思ったんだけど


価格が330円!
「ラーメン」が630円の店でこの価格は


というわけで、「メンマ」トッピングは見送ることに…
そうして、注文して、少し経って、「麺カタ」でオーダーしなかったことに気づいて

慌てて、お姉さんの1人にリクエストしたんだけど
時すでに遅く、もうすぐできるということだった

こちらの店で使われている麺は、「大勝軒」と印字された木箱から取り出された麺で!
東京・杉並区にある「草村商店」製の『永福町大勝軒』系の店御用達の麺だったので!


デフォルトの茹で加減ではやわく感じられて!
カタめに茹でてもらわないと、麺の量が多いので、最初はいいけど、後半、麺がダレてしまう


本当は、『永福町大勝軒』系の店では、麺2玉が入ることが多いので!
最初の1玉が「麺カタめ」で、2玉目が普通というのが理想なんだけどね。


というわけで、デフォルトの茹で加減で茹でられた麺が、平ざるを使って麺上げされて!
そうして、完成した3つの「ラーメン」のうちの1つが、ステンレスのトレーに載せられて着丼


大勝軒 北習志野店-5大勝軒 北習志野店-6

画像ではわからないけど、口の広いデカイ丼で登場したラーメン!
しかし、麺がいっぱいの割りに、チャーシューや海苔の小さいこと
(笑)

まずは、レンゲでスープをすくって、スープに息を吹き掛けて、用心しながら口に運ぶと
熱くない

『永福町大勝軒』系の店では、スープの上が熱せられたカメリアラードで覆われていて…
知らずに飲むと、口の中を大火傷してしまう

過去に被害にあったことがあって、『永福町大勝軒』系の店では、いつも気をつけている。
しかし、こちらの店は、使用しているラードの量が少ないため、そんなにスープは熱く感じられなかった。


でも、もちろん、スープ自体は熱々で!
却って、ラードが少なめの方が、スープのうま味がストレートに感じられていいかもしれない


スープは、豚骨清湯煮干しのスープで!
煮干しのうま味がいっぱい詰まっている!

しかし、煮干しの苦味も感じられるスープで!
好きだな、この味わい♪


そして、「草村商店」のこの太くも細くもない中庸な太さの麺は
ぽくぽくとした独特の食感がとてもよくて!

スープにも馴染んでいて!
やっぱり、この『永福町大勝軒』系の店の、この煮干しスープには、この麺が合う♪


大勝軒 北習志野店-7

麺の茹で加減も、デフォルトの状態で、ややカタめで!
最後まで、ほとんどダレることなく食べ終えることができてよかったし♪


トッピングされたチャーシューは、他の『永福町大勝軒』系の店に比べると、味付けが濃くて、悪くはないとは思ったけど!
よくもない。

ただ、『永福町大勝軒』系の店でチャーシューに期待しても仕方ないので
(汗)

よかったのはメンマ♪
コリコリとしたカタめの食感が最高!

だだ、もう少し、量がほしいところ


トッピングが330円もしなければ
せめて、200円まで位なら、トッピングしてもよかったんだけど

トッピングした「ねぎ」もよかった。
ただ、これは、トッピングした「ねぎ」が特別なものだから、そう思ったのではなく


デフォルトの状態で、ねぎが少なめなので、そう思っただけで
最初から、もっと入れてくれれば済むもの。

大勝軒 北習志野店-8

ただ、麺2玉入ったラーメンで、630円という価格を考えると

「ねぎ」トッピングしても680円だし、ここは不満は言えないかな。

総じて、美味しい『永福町大勝軒』系のラーメンだったと思う♪
ご馳走さまでした。

大勝軒 北習志野店-9

大勝軒(北習志野西口)

昼総合点★★★★ 4.0



関連ランキング:ラーメン | 北習志野駅習志野駅高根木戸駅



メニュー:ラーメン…630円/ワンタン…630円/ワンタンメン…810円/チャーシューメン…900円/チャーシューワンタン…900円/チャーシューワンタンメン…1060円

大盛ラーメン…810円/大盛ワンタン…810円/大盛ワンタンメン…1000円/チャーシューメン…1060円/大盛チャーシューワンタン…1060円/大盛チャーシューワンタンメン…1320円

餃子(六ケ)…400円/餃子(九ケ)…550円/…円/…円

メンマ…330円/玉子…60円/ねぎ…50円


好み度:ラーメン+ねぎstar_s45.gif
接客・サービスstar_s30.gif

ブログランキングに参加しています。
日々の更新の励みになりますので…
↓↓↓
こちらを1日1回クリックいただきますようお願いしますm(__)m
にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ
にほんブログ村

↓↓↓こちらのクリックもよろしくお願いしますm(__)m
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://ramen151e.blog71.fc2.com/tb.php/2749-7f7f7eec