訪問日:2013年11月18日(月)

福の神食堂-1

今日は、11月16日オープンの新店『東京ラーメン・中華 墨田』を訪問。
オープン日の11月16日から11月24日まで、300円のオープン記念価格で提供されている「醤油ラーメン」を食べてきた。


味は、街の中華屋で出されるラーメンそのものの味で
申し訳ないけど、まったくの期待外れ

そこで、アキバの『まるもも食堂』の跡地に11月2日にオープンした!
「学」と書いて「さとる」と読ませる、新店の『らぁめん』へ口直しにやって来たところ


不定休だったはずの店は、いつの間にか、月曜定休になっていた。
残念
(泣)

福の神食堂-2福の神食堂-3

リカバリーの店を考えていなかったので、ラーメンバンクで近くの店を検索!
ヒットしたのが『福の神食堂』!


よく、限定をやっている店で、名前は知っていた。
ただ、デフォルトのラーメンが、どんなラーメンなのかはわからない。


ラーメンバンクの店の紹介文によれば…

2011/2/7オープン。
有名店で修業された店主によるお店。

店名の由来は、「福の神」は神田明神が近くにあることから、「食堂」はみんなでわいわい食事をして欲しいとの願いを込めて。

「中華そば」は大山鶏と花カツオ、魚介などからとったスープで表面はうすく張られた油でアツアツ。

麺は、細ストレート。
具材として焼豚と鶏チャーシュー2種がのる。

つけ麺は200gと300gから選択。
中華そば並は150g、大盛210g。

鶏塩つけ麺は15時から限定20杯。


これを見て、惹かれたのは「鶏塩つけ麺」!
ただし、15時からの提供


それなら、「中華そば」か!?
そう思って、店のまでやって来たところ

店頭の立て看板に「得つけ麺」と「得中華そば」が、写真入りで紹介されていて!
これを見て、注文は「つけ麺」に決定!


福の神食堂-4

というのも、「得つけ麺」の紹介文の中に「煮干し」というワードを発見したのに、「得中華そば」にはなかったので(笑)
ニボラーは、「煮干し」という言葉に弱いんだよね(汗)

入店して、券売機で「つけ麺」の食券を買って!
空いていたカウンターの席に座って、食券をカウンターの上に上げると…

福の神食堂-5

すぐに、スタッフの人が食券を回収しにきて…
「麺は、200gと300gどちらにされますか?」

そう聞かれて…
300gでお願いしたところ

「冷たい麺と温かい麺は?」
さらに聞かれて…

冷たい麺と答えて!
注文成立!


すると、すぐに、店主によって、麺がテボに投入されて、「つけ麺」が作られることになったんだけど
なかなか出来上ってこない

麺を投入してから10分以上かかって、ようやく、麺が引き上げられて
店主によって丁重に〆られた麺が、キレイに盛りつけられて、つけ汁に先行して出されることになるんだけど

茹で時間がかかったのは、麺が極太麺だったため!
でも、なぜ、こんな太い麺を清湯スープのつけ汁に合わせるのだろう


そう思ったところに、白湯スープのつけ汁が出されて!
納得
(笑)

でも、メニュー紹介の文面から、「中華そば」は、「大山鶏と花カツオ、魚介などからとったスープ」とあって!
鶏清湯魚介スープのラーメンなんだろうと思ったし!


「鶏塩つけ麺」なんてメニューもあったものだから
「つけ麺」も、鶏清湯魚介の煮干しを効かせたスープのつけ麺なんだろうとばかり思っていた(汗)

福の神食堂-6福の神食堂-7福の神食堂-8

まずは、艶々に輝く麺だけを、そのまま、つけ汁につけずにいただくんだけど
こうして、麺線が美しく整えられているのを見るだけで美味しいのがわかる♪

切刃12番に見える、極太の平打ストレート麺は、小麦粉が香る麺で!
口の中に、何ともいい小麦粉の風味が広がる♪


この香りのよさは、麺の表面に表れている粒々模様の全粒粉によるもので!

全粒粉の配合比率は3%か、高くても4%に抑えて使っていると思うけど!
そうすることによって、食感を壊さず、麺の風味だけを高めている!


そして、弾力があって、しなやかなコシのある多加水麺は、もちもちとした食感でよかったし!
小麦粉のうま味もよ~く感じられる麺で最高だった♪


次に、麺を茶濁したつけ汁につけて食べてみると

鶏ガラ、モミジに、少し豚骨も使っていると思われる動物系スープに、鯖節、鰹節、宗田鰹節、ウルメ、背黒(煮干し)の魚介出汁をを合わせたといった感じの鶏白湯魚介スープのつけ汁で!
鶏に節のうま味も感じられる♪


ただ、味付けが甘すぎ!
砂糖入れすぎで、デフォルトのままでは食べられないほどの甘さ!


そこで、卓上の一味唐辛子を入れて!
また、入れて!

さらに、入れて!
かなりの量を入れて、何とか食べられるようにはなったけど


なお、具は、つけ汁の中に沈んだ肩ロースのチャーシューの端っこのヘタの部分を厚切りしたものが1枚と数本のメンマだけで、ちょっと寂しかったので
選ぶなら、店おすすめの「得」にしないといけないかもね。

チャーシューは、箸で千切れるほどやわらかく煮込まれていたからよかったけど
食べにくいので、できれば、カットしてもらえるとよかったんだけど

焦げ茶色したメンマは、味付けが濃いんじゃないかと思ったけど
そんなことはなくて、コリコリとした食感がよかった!

総評として、麺はとても秀逸な麺でよかった♪
ただ、このスイートな味付けのつけ汁は、私のあまり好みの味わいではなかったかな


やっぱり、「中華そば」にしておくべきだったとプチ後悔
ご馳走さまでした。

福の神食堂-9

メニュー:中華そば…680円/味玉中華そば…780円/得中華そば…880円
大盛…100円

塩そば…700円/味玉塩そば…800円/得塩そば…900円
大盛…100円

つけ麺…750円/味玉つけ麺…850円/得つけ麺…1000円
麺200g・300g割増なし
大盛(400g)…+100円/特盛(500g)…+150円/山盛(600g)…+200円

追加トッピング
肉増し(2枚1枚)…150円/味玉子…100円/メンマ…100円/ねぎ…100円/海苔…100円


福の神食堂

昼総合点★★★☆☆ 3.0



関連ランキング:ラーメン | 末広町駅御茶ノ水駅秋葉原駅



好み度:つけ麺star_s30.gif
接客・サービスstar_s35.gif

ブログランキングに参加しています。
日々の更新の励みになりますので…
↓↓↓
こちらを1日1回クリックいただきますようお願いしますm(__)m
にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ
にほんブログ村

↓↓↓こちらのクリックもよろしくお願いしますm(__)m
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://ramen151e.blog71.fc2.com/tb.php/2688-2be48546