訪問日:2008年7月25日(金)

塩らーめん・つけめんのお店 はないち【六】-1

もうそろそろできているだろう!
そう思ってやってきたのは、こちら練馬にある「はないち」!

前回訪問したときに、「アゴ(飛魚)と鶏出汁でつくる冷やし麺」を限定で出す構想を奥様から聞いて…

もう大丈夫だろうと思って、今日の訪問になった!

駅から店のある弁天商店街へと入り、商店街の外れ近くの店まで歩く…

今日も陽射しが強い!
とにかく暑い!
熱中症になりそう!

店に辿り着いて、中に入っていくと、エアコンの他に扇風機が3基フル稼働!

『暑かったでしょう…』
『練馬は東京で一番暑いんですよ…』
『こんな暑い中、お越しいただいて、どうもありがとうございます。』と奥様…
そう言いながら差し出された冷たい「麦茶」をいただいて、喉を潤した…

厨房ではご夫婦で忙しく3人のお客さんのラーメンづくりをしている。

まず、限定の「冷やしエビトマつけ麺」が出され…
次に、「しおラーメン」と「本日のご飯」、「本日のデザート」がセットになった「らーめんセット」。
そして、「しおらーめん」の「大盛り」。

出し終わって、奥様が『今日はどうされます?』と聞いてきたので…
『まだ、冷やしの限定はできていないんだ!?』と聞いてみた…

限定で出ていた「冷やしエビトマつけ麺」は前回訪問時に聞いていた「冷やし中華」のイメージとは違う気がしたからだ…

塩らーめん・つけめんのお店 はないち【六】-2

すると…
『そうなんですよ…』
『でも、その前に、トマトと海老でインスピレーションが湧いちゃって♪』
それで、できたのが今回の限定なんだという。

『じゃあ、限定で!』

三河屋製麺の平打ち麺をビニール袋から取り出す奥様…
しかし、パタッと手を止め…
『細麺で食べてみます?』と聞いてきた。

こちらの店では自家製麺の「細麺」と「太麺」。
それに、「中太麺」と呼ばれる三河屋製麺の平打ち麺の3種類がある。

この限定には、「中太麺」を合わせて出していたそうだけど、『「細麺」も合いそう♪』と奥様…

そう言われたら、「細麺」にするしかないでしょう!
このメニューは奥様が中心となって作る。
器に塩ダレをいれ、特製の冷たいスープを注ぐ奥様。
このスープは鶏で出汁をとったスープで、いっしょにホールトマトに甘海老の味噌を加え、煮込んだものを冷やしたもの!

これに1個のまんま凍らせたトマトがカットされ、氷の代わりに入れられる。

さらに、これを冷蔵庫に入れて冷やす。

この後はご主人にバトンタッチ!
「細麺」が茹でられ…
タイミングを計って引き上げられるとシンクに移され、奥様が冷水で洗い、しめる。

この奥様の「しめ」がいい!
冷たくよくしめられている。
そして、よく水切りされているから、器の中に水溜まりができない!

この麺の上に載せられるのが、湯通しされた鶏のササミに白髪ネギ、千切りされた胡瓜、オニオンスライスを和えたサラダ仕立てのもの…
これに、串切りされたレモンが添えられる。

最後に、冷蔵庫からつけダレが出され、海老油が加えられ、限定「トマトと海老の冷やしつけ麺」の完成!

塩らーめん・つけめんのお店 はないち【六】-3

麺をいただくと、ぽくぽくとした食感の麺で、もともとは「しおらーめん」用に開発された麺だけど、「つけめん」にも合いそうだ!
それに、この麺!
小麦粉の風味を強く感じるし、旨味もある。

「つけダレにレモンを搾って、お好みでタバスコを入れてお召し上がりください♪」とタバスコを差し出す奥様。

私は、つけダレの味が変わってしまうといけないと考え、麺の上からレモンを搾っていると…
それを見ていた奥様は…
『あ!その方がいいかも♪』

つけダレは、見た目醤油ベースのように見えるけど、実は塩ベース!

味はトマトの甘味と酸味…
それと海老の風味!

つけダレだけをいただくと、なんとも複雑な味なんだけど…
麺をつけて食べてみると、さっぱりと美味しくいただける!

唯一、不安だったのが「甘海老の刺身」!

つけダレを作る途中で、奥様が冷蔵庫から刺身の入ったトレーを取出し、甘海老の頭と尻尾を取り除き、つけダレの中に投入したのが見えた…

ある意味「鮮魚系」に属す「つけ麺」になるのかもしれないけど…
「つけめん」の具に刺身が使われ、食べるのははじめて!

しかし、危惧した刺身の生臭さなど微塵もなく、食べるとプリプリした食感だけが残り、悪くはなかった!

凍らせたトマトのおかげで、つけダレは最後まで冷え冷えだったし…
こういう冷たいつけダレの「つけ麺」もいいなと思った!

つけダレを残して…
『ご馳走さま!』
食器をカウンターの上にあげようとすると…
ご主人から…
『スープ割りしますよ!』

えっ、この冷たいスープで…
このトマトのスープで…
そう思ったけど…
せっかく言ってくれているので、お願いすることにした…

これがサプライズ!
意外にいける!

ご主人はもちろん、事前に味見していたし…
以前に、限定で、トマトや海老の温かい「塩らーめん」をつくっていたので、スープ割りしたら美味しくなるとわかっていたんだ!

暑い夏にはピッタリのメニュー!
最後は、スープ割りもお忘れなく!

でも、「アゴ出汁の冷やし中華」は…
いつできるんだろう…

PS dancyu(ダンチュウ)の9月号に「塩らーめんとつけめんのお店 はないち」が紹介されます!

塩らーめん・つけめんのお店 はないち【六】-6

※画像は8月号

8月6日発売です!
よかったらご覧になってください。


塩らーめん・つけめんのお店 はないち【六】-7

住所:東京都練馬区練馬2-2-18
電話:非公開
営業時間:11:00~23:00(木曜~15:00)
定休日:日曜・祝日
アクセス:西武池袋線、都営地下鉄大江戸線・練馬駅北口から弁天通商店街を300mほど進んだ左側。徒歩5分

メニュー:しおらーめん…650円
しおつけめん…650円
しおあえめん…650円
※各種 小盛-50円/中盛+50円/大盛+100円

野菜らーめん・つけめん…700円/のりらーめん・つけめん…700円/味玉らーめん・つけめん…750円/しおバターコーンらーめん…750円/ねぎチャーシューめん・つけめん…800円/辛ねぎチャーシューめん・つけめん…800円/チャーシューめん・つけめん…900円
醤油らーめん・つけめん…650円
【限定】冷やしエビトマつけ麺…850円


評価:【限定】冷やしエビトマつけ麺star_s40.gif
サービス・接客star_s50.gif
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://ramen151e.blog71.fc2.com/tb.php/254-84cbe643