訪問日:2006年9月20日

つけ麺屋 ひまわり-1


9月の11杯目は、「つけ麺屋 ひまわり@高田馬場」の「つけ麺」!

ここの店は、「麺屋 夢うさぎ@北葛西」と同じ大成食品のHPをみて知った!
HPによると、今年の雛祭り!3月3日が開店日!
昨日行った「めん処 わら屋@曙橋」が8月8日!

偶然だけど、ゾロ目の日に開店した店を2日連続で訪問することに…

店の場所は、東京メトロ・東西線の高田馬場駅の3番出口を上がった目の前にある「さかえ通り」の中!

つけ麺屋 ひまわり-2


通りの両脇に並ぶ飲食店を掻き分けるようにして進むと、通りの左側、レトロな佇まいの喫茶店の1つ先にあった。
3本の黄色いのぼりが目立つので、すぐわかった!

到着したのは10時55分。
外壁には、大成食品のHPにあった、スパイスと秋刀魚節でつくったというオブジェがあった…

つけ麺屋 ひまわり-3


店の外で、11時の開店を待っていると…
店の入口が開き、女店員さんが「どうぞ!お入りください♪」
定刻4分前、11時56分開店!
1番で店中に入ると、「いらっしゃいませ!」の元気な挨拶!

店に入ると、右側に自動食券販売機があった…
ちょっと迷って「つけ麺・大(400g)」の食券を買い求めた。

つけ麺屋 ひまわり-4


ここの「つけ麺」は、並が200g、中が300g、大が400gだけど、なんと!値段はいっしょ!
太っ腹だね!

つけ麺屋 ひまわり-5


「お好きなところにどうぞ!」と言うので、カウンターの真ん中、店主の前の席に着くと…
間髪入れずに先ほどの女店員さんが水を持ってきてくれて、食券を受け取り、オーダーを告げる。

カウンターの背は低く、厨房は、完全なオープンキッチン状態!

店主が網目プレートで、チャーシューを焼き始めた!
肉の焼けるいい香りがする!

カウンターの内側の厨房には、店主の他、店員さんが3人!
ホールの女性と合わせて5名体制でやっている。

みんなキビキビと動き、「つけ麺」ができあがっていく…
店の入口に近いところで茹でられた麺が、大きな金属のざるに移され、冷水で水洗いされている…

水切りされ、わたしのものとおぼしき麺が大きな平皿に入れられていくのが確認できたんだけど…
水切りが不十分…
「シャッ、シャッ、シャッ」と両手で軽くざるを振っただけで皿に盛りつけた…

「お待たせしました!」
「つけ麺」が出される。

つけ麺屋 ひまわり-6


できあがった麺皿には水切りのためのすのこが敷いてあるわけでもなく、案の定、皿の下にある麺は水水浸し…

いきなりガックリ…

この麺、なかなか固く茹でられ、コシがあって悪くはなかったんだけどね!

つけダレは、大崎の某店ライク…
というか、海苔の上に魚粉が載り、つけ汁の上を漂流している姿は、そのまんまのコピー…

つけ麺屋 ひまわり-7


魚粉を溶かさず、麺をつけ汁につけて食べてみる…
豚、鶏の動物系スープが来る!
しかし、昆布や節系の味もすぐ追い掛けて来た!

スープは、同じ大成食品直営の「麺彩房@中野」で修業した「麺屋 夢うさぎ@北葛西」のつけめんに比べると、肉系スープの濃厚さがある…
それに、ラードを使って、こってり感を高めている!

ただ、わたしは気にならなかったけど、このラードの油がキツイと感じる人もいるようで、わたしの後に入ってきたお客さんなんかは「油抜き!」でと注文していた…

あと、三温糖を使っているそうなんだけど、甘味は適度。
酸味もあまり感じなかった。

麺を1/4ほど食べたところで、魚粉を少しつけダレに溶かしてみると、微妙に味の変化が出てくるのがわかる!

残りの魚粉を全投入すると、さらにその効果がわかった!

試しに、卓上の魚粉をさらに追加してみると、違うつけめんのように味が変化した。
ただ、粉っぽくなるので、魚粉の入れすぎにはご注意を…

なお、卓上の魚粉は、店員さんに聞いたところ…
「つけ麺」に使っている魚粉と同じもので、鯖節、鰹節の他、昆布、海老、帆立なども入っているんだそう!
海老の殻だろうかうか?
確かに魚粉の中に赤い粉末か混じっていた!

しかし、この魚粉と、もうひとつ、玉葱のみじん切りが容器に入れられ、卓上に置かれていて、「好きなだけお使いください!」というこの店のサービス!

麺の無料増量もそうだけど、本当サービス精神が抜群!

具のチャーシューは、どうってことのない豚バラ肉の煮豚で、冷蔵庫で保管されて死んでいたけど、最後に焼いて出すことによって、蘇えった。
ひと手間惜しまない、いい仕事しているね!

大盛り400gのつけめんが680円で食べられる!
コストパフォーマンスにも優れていてよかったし、サービスもよかった!
ただ、麺の水切りの悪さだけは残念だったな…

つけ麺屋 ひまわり-8


住所:東京都新宿区高田馬場3-4-16 MKビル1階
電話:03-3371-8666
営業時間:11:00~16:00、17:30~21:00
定休日:第1・第3日曜日
アクセス:JR/東京メトロ東西線 高田馬場駅下車徒歩2分。1番出口正面の交差点を渡り、「さかえ通り」を田島橋に向かって歩いた左手。手前はレトロな喫茶店

メニュー:つけ麺・並(200g)、中(300g)、大(400g)…680円
HP:http://www.tsukemenya-himawari.com/


評価:つけ麺・大(400g)…680円star_s40.gif

接客・サービスstar_s35.gif
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://ramen151e.blog71.fc2.com/tb.php/220-6875aa6a