訪問日:2012年8月20日(月)

【新店】麺ダイニング ととこ-1

本日のランチは、山形出身の女性店主が「山形ラーメン」を食べさせてくれる店『麺ダイニング ととこ』へ!

ただ、ランチとは言っても、只今の時刻は、午後の3時を回った時間。
しかし、こちらの店は通し営業の店なので、こんな中途半端な時間でも食べられるのが嬉しい♪


店の場所は、御茶ノ水の駿河台下近く。
新しくなった明治大学のビルを右に見ながら脇を通りすぎていって、駿河台下に向かって道を下っていくとある!

かわいくて印象的な「ひよこ」のイラストが目印。
反対側の靖国通り方面から坂を上がってくると、大きな看板に書かれたイラストが見えるので、わかりやすいかも♪


【新店】麺ダイニング ととこ-2

それに、御茶ノ水駅よりは神保町駅の方が店に近いので、こちらからアクセスした方がいいかもしれない。

店に入っていくと、この時間だからか、お客さんの姿はなかった。
奥の厨房には、女性店主に男性スタッフの姿があった。

一番奥の、厨房に一番近いカウンター席に座ると…
女性店主から冷たく冷えた麦茶が出された。

これは嬉しいサービス♪
今日の東京はカンカン照りで、肌がジリジリと焼けるような暑さ


大阪のジメジメとした湿気を含んだ暑さよりは、まだ、ましかもしれないけど…
それでも、歩いているだけでクラクラしてくるような暑さだったので

「つったいラーメン」と名付けられた山形の「冷やしラーメン」を食べようとしてメニューを見てみたところ…

【新店】麺ダイニング ととこ-3【新店】麺ダイニング ととこ-4

ない(汗)
そこで!

「冷たいラーメンはないのですか?」
女性店主に確認したところ…

「ありますよ♪」
「外の看板にしかなくて、メニューに載せていないので!」


「じゃあ、それをお願いします。」と注文を入れると…

「つったいラーメン1つ♪」
そう厨房の男性に注文を伝える女性店主!

「つったいは、冷たいということですよね!?」
「では、温かいラーメンは、何と言うのですか?」


しょうもない質問をしてみたところ…

女性店主からは…
「あついラーメン♪」

山形弁訛りがまじった標準語で、そう答えが返ってきたので
「あついラーメン?」と鸚鵡返しに聞いてみると!

「小さい“つ”が入るのよ♪」
つまり、正解は、「あっついラーメン!」ということだった!


「やっぱり、山形では冷たいラーメンが夏はポピュラーなんですよね?」
また、そんな、しょーもない質問をすると…

「つったいラーメンを商品で出したのは、まだ、歴史が浅いんじゃないかしら…」
女性店主からは、意外な答えが返ってきた。


さらに…
「山形の夏は暑いので、熱いラーメンは、すぐには食べられないでしょ♪」

「それで、氷を入れたり、山形は水が冷たいから、水をそのまま入れたりして食べてたの。」
「賄いみたいなものだったのに、それを、いつの頃からか商品化したみたいね♪」


山形の「冷やしラーメン」といえば、1952年(昭和26年)『栄屋』(現在の『栄屋本店』)が発祥の地と言われていて、かなり古くからあるものという認識だったのに…
面白い話が聞けた。


そんな話をしているうちに、男性スタッフが作っていた「つったいラーメン」も出来上がってきた!
なお、サービスで出される熱々の味玉は、ラーメンとは別の器に入れられての登場

【新店】麺ダイニング ととこ-5
【新店】麺ダイニング ととこ-6【新店】麺ダイニング ととこ-7

醤油の色が濃くて、醤油辛そうなスープ!
しかし、飲んでみると、意外にまろやかな味わい。

リンゴ酢が隠し味で使われているからかもしれないけど!
あまり、飲んだことのない味わいでよかった♪


スープは女性店主によると、100%「ととこ」を使ったスープだそう!
でも、「ととこ」って「ひよこ」じゃないの?


そこで、そこのところを聞いてみると…
女性店主からは…

「ととこ、わんこ、にゃんこ…」
「ととこは、ニワトリのことよ♪」

「そういうことだったんですか!」
「お店のイラストが、ひよこだったから、ととがニワトリで、その子という意味かと思いました。」
と話すと…

「あれは、知り合いのイラストレーターの方に描いてもらったんだけど、ちゃんと、トサカがあるでしょ♪」
というわけで、あのイラストは、ひよこではなく、親鳥だったことが判明
(汗)

ちょっと話が脇道に逸れてしまったけど(笑)
スープは鶏100%で、丸鶏と鶏ガラで出汁をとっているということだった。

さらに、スープ表面に浮かぶ油も、植物性油ではなく、鶏油を使っているそう!
そして、鶏の炙り焼きに、食用菊、キュウリ、ネギに至るまで、トッピングされた食材は、別器の味玉も含めて、皆、山形からわざわざ取り寄せるこだわりをみせる。


女性店主によれば…
「安いんだけど、送料がかかるのよね…」とのこと(笑)

ただし、麺だけは違った。

全粒粉を配合した中細ストレートの麺は、女性店主が気に入ったという三河屋製麺の麺
で!
ボソっとした、日本そばを食べているような食感なのが特徴!

【新店】麺ダイニング ととこ-8

これも、全国県別ラーメン消費量1位で!
しかし、そばの消費量も8位の県民性の表れなのだろうか

でも、この麺!
好きだな♪

店は、ラーメン屋というよりはカフェという感じで、清潔感があって、女性1人でも入れる雰囲気だし!
お近くにお越しの際は、お寄りになってみては♪


【新店】麺ダイニング ととこ-9

メニュー:ととこのしょう油ラーメン…700円/すっぱ辛い酸ラーメン…800円/黒ごまいっぱーいの坦々麺…800円
特製ととこのしょう油ラーメン…1000円/特製すっぱ辛い酸ラーメン…1000円/特製黒ごまいっぱーいの坦々麺…1000円

山形名物 つったいラーメン…700円


麺ダイニング ととこ




関連ランキング:ラーメン | 神保町駅新御茶ノ水駅小川町駅



好み度:つったいラーメンstar_s40.gif
接客・サービスstar_s45.gif

ブログランキングに参加しています。
日々の更新の励みになりますので…
↓↓↓
こちらを1日1回クリックいただきますようお願いしますm(__)m
にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ
にほんブログ村

↓↓↓こちらのクリックもよろしくお願いしますm(__)m
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://ramen151e.blog71.fc2.com/tb.php/2178-aa3a54df