訪問日:2012年8月20日(月)

ラーメンオフ会 at 新小岩-11

新小岩でオフ会を終えて、オフ会参加メンバーと、〆のラーメンを食べるために向かったのはらーめん

篠崎の京葉道路沿いにある店へはタクシーで!
しかし、いっしょにラーメンを食べに行ったメンバーが豪華!

まず、『中華蕎麦 とみ田』の富田店主
そして、『麺屋 一燈の坂本店主

さらに、大阪から来たゲストの『麺や 而今島田店主に、かしやの柏原店主
それに、11月に地元の千葉県横芝にラーメン店を開業予定の元『まるとら本店』店主の小川さん

らーめん 勝-0

この5人とともに店の前までやって来ると

もう、すでに、23時になろうとする時刻なのに4人のお客さんが、外で順番待ちをしていた。
流行っている♪


こちら『らーめん勝』のオープンは1996年だから、もう開業16年になる。

恵比寿の背脂チャッチャッ系醤油ラーメンの老舗『らーめん香月(かづき)』出身の店主が営む店というのは知っていた。
ただ、夜のみ営業の店ということもあって未訪の店

今回、こちらの店に行こうと言い出したのは、『麺屋 一燈』の坂本店主!
たまに、無性に食べたくなるんだそうだ。


人数の割りには、少し待たされて入店。
メニューは、店の外のボードに書かれた「らーめん」と「みそらーめん」の2種類で、あとはトッピングを選ぶだけ。

らーめん 勝-2

席について、私はデフォルトの醤油味の「らーめん」をオーダー
隣に座った『麺屋 一燈』の坂本店主も同じものを、ただし、「麺カタ」で注文していた。

厨房には、店主とスタッフの人の2人。
しかし、ラーメン作りは店主1人が行っていて!

何人前、注文が入ろうがマイペースで、ずっと、ラーメンを2個作りしていたので、時間がかかる。


レードルでラーメン丼に返しの醤油ダレを入れて、さらに、刻んだ多目のネギが入れられると
麺を寸胴の中にパラパラと入れていって、泳がせるようにして茹でていく。

そして、平ザルに載せられた背脂の上からスープを注いで!
茹で上がった麺を平ザルで持ち上げて、チャッチャッと湯切りしてラーメン丼の中へ!

最後に、チャーシュー、メンマに大量のワカメと昆布が載せられて、海苔が添えられて!
これで、「らーめん」の完成!


らーめん 勝-3らーめん 勝-4

スープをいただくと…
背脂が大量に浮くスープは、見た目とは違って、あっさりといただける。

豚骨の背骨を使っているんだろうと思うけど、豚骨魚介清湯のスープは、飲んだ後の〆にもいい!


3枚入った厚切りのチャーシューもよかった♪
2枚が豚バラ肉のチャーシューで、もう1枚はモモ肉だと思うけど!

豚バラ肉のチャーシューは、肉のジューシーさを味わえるものだったし!
モモ肉のチャーシューは、やわらかくて、肉のうま味が感じられて、美味しくいただけた♪


問題は麺!
やわらかめに茹でられた麺は、明らかに茹ですぎ!


らーめん 勝-5

確かに、2個作りされた「醤油らーめん」のうち、私に出されたのは2個目で!
麺も、最初に寸胴から平ザルですくい上げられて、湯切りされた後に、再度、平ザルを入れて、引き上げられたものだったから!

それだけ長めに茹でられていたということも、多少はあるのかもしれないけど

ただ、それにしても…

そこのところの事情をわきまえていた坂本店主は「麺カタ」にした。
ただ、私は、初めてだったのでデフォルトのまま


でも、これは仕方がない。
なぜなら、この麺の茹で加減が最適と考えて、店としては長年、これで提供しているのだから…

単に私の好みではなかっただけ…
でも、麺量も、結構、あったこともあるかもしれないけど、最後の方は、麺が完全にダレてしまったし

もし、「麺カタ」で注文していたら
評価は違ってきたかもしれないけど

らーめん 勝-6

メニュー:らーめん…700円/みそらーめん…750円
大盛り…100円

トッピング

チャーシュー…350円/のり…150円/わかめ…150円/こんぶ…150円/もやし…100円/バター…100円/コーン…100円/たまご…50円

らーめん勝




関連ランキング:ラーメン | 篠崎駅



好み度:らーめんstar_s30.gif
接客・サービスstar_s30.gif

ブログランキングに参加しています。
日々の更新の励みになりますので…
↓↓↓
こちらを1日1回クリックいただきますようお願いしますm(__)m
にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ
にほんブログ村

↓↓↓こちらのクリックもよろしくお願いしますm(__)m
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://ramen151e.blog71.fc2.com/tb.php/2175-e4cfd1e4