2012.06.28 つけめん 京蔵
訪問日:2012年6月28日(木)

つけめん 京蔵-1

昨年4月23日オープンの『つけめん 京蔵

京蔵と書いて、「きんぞう」と読ませるこちらの店は、東京・大崎にあった『六厘舎』出身の方が浜松市の郊外にオープンさせた店!


しかし、こちら『つけ麺 京蔵』
店のある場所がハンパなかった

行きは車で送ってもらったからよかったんだけど…
帰りが大変だった…

店の近くには、イオンSCもあるし、ホームセンターもある!
浜松駅か、少なくとも最寄りの駅までは何かしらの交通手段はあるだろう!?


そう思ったのが大間違い…
結局、帰りは、タクシーも拾えずに、最寄りの舞阪駅まで、2km以上の道程を30分以上掛かって歩くことになってしまったので(汗)

つけめん 京蔵-2

午後1時になろうとする時間に店に着くと
人気店と聞いていたのに、外待ちはなく、すぐに入店できたのはよかった。

ただし、さすがに店内は満席で、待ち合いの椅子に座って3人のお客さんが順番待ちをしていた。
まずは、券売機で食券を買う

つけめん 京蔵-3

1000円の「得製つけめん」の食券を買って!
スタッフの人にデフォルトの麺量を聞いたところ…

200gだというので
せっかく、こんな遠くまで来たので400gの特盛に増量しようかと思ったんだけど…

すると、300円増しになって、総額では1300円になってしまうのは
それに、100g増量で150円増しという価格も割高に感じたので…

デフォルトの200gのままでいくことにして…
スタッフの人に食券を渡すと…

冷たい麺か、温かい麺がいいか聞かれたので!
冷たい麺で注文!

それから10分ほどで席へ案内されて!
さらに7分ほど待たされて出された「得製つけめん」

つけめん 京蔵-4つけめん 京蔵-5つけめん 京蔵-6

海苔筏に魚粉が載らないビジュアルは、『六厘舎』とは違うものの…
丼は、まったくいっしょのものを使っていて、似通った印象!

麺だけをいだだくと…

「カネジン食品」製だという太ストレート麺は、カタくて、弾力があって、もちもちとした食感の美味しい麺で!
修業先のゴワッとした食感の麺とは違って好みの食感♪


豚骨鶏ガラモミジに、鰹節鯖節煮干し等で出汁をとって作られたつけ汁に麺をつけていただくと…

麺は、つけ汁にぜんぜん負けていないし!
つけ汁と適度に絡んでくれて、美味しくいただくことができた♪


ただ、つけ汁は、以前の東京・大崎にあった初期のころの『六厘舎』のつけ汁の濃度に比べると低めかな…
それと、ちょっと塩分濃度が高めに感じられたのが少し気になった。

でも、トッピングされた具のチャーシューメンマ味玉は、普通に美味しくいただけたし!
最後に作ってもらったスープ割りもよかったし!

つけめん 京蔵-7つけめん 京蔵-8

この地で、これだけクオリティの高い濃厚豚骨魚介の「つけ麺」が食べられるというのは!
地元のお客さんにとっては嬉しいことだよね♪

徒歩で行くのはかなり困難だし、営業時間も昼のみと、ハードルの高い店ではあるけど!
浜松まで行く機会があれば、ぜひ、お立ち寄りください♪


つけめん 京蔵-9

メニュー:得製つけ麺…1000円/つけ麺…750円/味玉つけ麺…850円/肉つけ麺…950円/肉玉つけ麺…1050円

得製辛つけ麺…1000円/辛つけ麺…750円/味玉辛つけ麺…850円/肉辛つけ麺…950円/肉玉辛つけ麺…1050円

大盛(300g)…150円/特盛(400g)…300円


つけめん 京蔵




関連ランキング:つけ麺 | 舞阪駅



好み度:特製つけ麺star_s40.gif
接客・サービスstar_s35.gif

ブログランキングに参加しています。
日々の更新の励みになりますので…
↓↓↓
こちらを1日1回クリックいただきますようお願いしますm(__)m
にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ
にほんブログ村

↓↓↓こちらのクリックもよろしくお願いしますm(__)m
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://ramen151e.blog71.fc2.com/tb.php/2118-057ce3c9