訪問日:2006年9月4日

支那そば屋 蘭丸 本店【弐】-1


9月の1杯目は、東京・江東区大島にある「蘭丸」の「中華そば」を焼き岩海苔トッピングで!

前回は、「塩つけそば」を食べて、はっきり言って外してしまった…
でも、この店の温かいラーメンはおすすめ!

訪れたのは開店4分前の10時56分。
しかし、ちょうど今、ここの店のお母さんが暖簾を掛け終わり開店したところ…
画像はお母さんの脚しか写っておりませんけど…

支那そば屋 蘭丸 本店【弐】-2


店に入ると、中にはお母さんひとり…
店に入ってすぐ左にある自動券売機で、「中華そば」の券を買う。

お母さんに、「中華そばの具には、岩海苔は入ってましたっけ!?」と聞いてみると!
「入ってないですよ!豆鼓(とうち)そばには入ってますけど…」の答え…

前は入ってたんだけどね…

トッピングはあると言うので、メニューを確認すると…
ゲッ!高!
150円もするよ…

支那そば屋 蘭丸 本店【弐】-5


普通、せいぜい100円増しじゃない!
と思いつつ…食券を追加で買って、お母さんに渡す…

「ランチタイムは、大盛、特盛、小ライスサービス中です♪」と言うので…
特盛で太麺をリクエストして注文!

ここは、何も言わないと、細麺と言われる中細の縮れ麺になるけど、太麺も選べる!
太麺希望の場合は、注文のとき、希望を告げる!

卓上には、「中華そば」「つけそば」には太麺、「塩そば」「塩つけそば」「豆鼓そば」は細麺がおすすめと書いてあった…

太麺は、繊細な食感の細麺とはまるで食感が違う!
でも、わたしは、ボソッとした太麺の食感が好きで、どんなラーメンでも、ここでは必ず太麺にしている。

お母さんが麺をざるに投入。麺を茹で始める…

いつも、お母さんは接客係をしていて、以前来たときに盛り付けを手伝ってはいたけど、調理するのをみるのは、はじめて!
ちょっと心配?

ラーメンが出来た!

支那そば屋 蘭丸 本店【弐】-4


特盛は、通常より一回り大きなラーメン丼に入っている。
その大きな丼の表面を覆う大量の焼き岩海苔!
入れすぎじゃない!岩海苔…

案の上、岩海苔の風味と塩気が強すぎて、ラーメンの味を変えてしまっている…

それに揚げネギ…
揚げネギの油を芳ばしいと判断するか、邪魔と判断するかは、人によって違う…
ただ、わたしは、この油によって持たらされる甘ったるさが嫌い!

塩の場合は、アクセントとして作用することもあるけど、醤油に入っていて、いいと感じたことは、今まで一度もない…

相変わらず、濃いめだけど、醤油のまろみをストレートに感じるスープ!
豚、鶏の肉系に、根昆布や鰹節、干し椎茸…
変わったところでは、スルメ等も加えてつくるスープは健在で、それなりのコクもあった!

しかし、揚げネギと大量の焼き岩海苔が邪魔をしてしまっている…

はっきり言って、失敗…

でも、勉強になった…
岩海苔も適度に入っているから、味の変化が楽しめていいんで、これが元の味を消し去るほど入れてしまうのはナンセンス…

それと、今日の麺…
タイマーが鳴って、決められた時間通りに麺を茹でているんだろうけど、少し引き上るのが遅くなったためか、麺が若干緩い…
食べ進めて行くうち、最後のほうゎ麺がのびてしまい、特盛を注文したことを後悔するはめに…

特盛は、1玉170gある麺が2玉!
よしておけばいいのに、注文するからだね…
欲張った自分が、浅はかだった…

つけめんは、量を食べられても…
ラーメンは、300gを超えるとキツイ!
反省しないと…

ただ、特盛(2玉)の場合は、量が多いのだから、できれば、少し早めに引き上げてほしかったな…

理想は、1玉は普通に、そしてもう1玉をカタめに茹でてもらえると嬉しいんだけどね…
他店で、黙っていてもそうしてくれる店もあるので…

トロトロに煮込まれた具の豚バラのチャーシューは大きく、箸で切れるやわらかさで、しかもとても美味しい!

ここは、黒豚のチャーシューとか豚トロのチャーシューとか、凝ったチャーシューもトッピングで用意しているけど、600円と値段も張るし、普通のチャーシューでもじゅうぶん美味しいと思う!

う~ん!
今日は自分の失敗もあったけど…
焼き岩海苔の量と揚げネギ!
それに緩い麺!はいただけなかったかな…

お母さんが調理したことを差し引いても、評価は下げざるを得ないな…

「これ、何ですか!?」と揚げネギを指で示して聞いたわたしに…
「揚げネギよ!みんなそう言うとビックリするのよ!」と笑顔で答えてくれたお母さん…
勝手なことばかり書いてごめんね…

支那そば屋 蘭丸 本店【弐】-6


住所:東京都江東区大島1-38-8
電話:03-3684-8585
営業時間:11:00~(L.O.14:30)、17:00~22:00、(土、日、祝)11:00~22:00
定休日:無休
アクセス:都営地下鉄新宿線 西大島駅徒歩5分。
明治通内回り沿い。「大島一丁目」バス停そば

メニュー:支那そば…650円、ワンタンそば…880円、チャーシューそば…880円、つけそば…800円、豆鼓(とうち)そば…780円、特製塩そば…850円、塩ワンタンそば…1,080円、塩チャーシューそば…1,130円、塩つけそば…850円


評価:支那そば…650円+焼き岩海苔…150円star_s30.gif

接客・サービスstar_s35.gif
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://ramen151e.blog71.fc2.com/tb.php/204-86b1b2d3