訪問日:2006年8月24日

麺屋 楼蘭【弐】-1


8月の大阪遠征6杯目!今月の18杯目は、大阪駅前第2ビルにある「麺屋 楼蘭」の「辛味噌つけ麺」!

4月の大阪遠征以来、2度目の訪問!
前回は、「特製ラー麺」をいただいたいただけど…まぁ、それなりって感じの醤油ラーメンだった…

鹿児島産茶美豚や名古屋コーチンなどの肉系、山口産煮干しに鹿児島産カツオ節など、全国各地から集めた厳選素材を使ったダブルスープっていう触れ込みだったし…ラーメンの写真を見た感じでは、「麺屋 武蔵」っぽい感じだったんで…期待して行ったんだけど…

期待の割にゎ、動物系、魚介系とも出汁はあまり主張せず、平凡…
東京のラーメンで言うと、「ちばき屋」が近いかも…

しかし、ネットの情報では、「つけめん」が美味しいという噂もあり…
「一度、食べてみないと」って思って…
新幹線に乗って東京に帰る前に「麺屋 楼蘭」に寄ってみることに…

問題は醤油味の「つけ麺」にするか?「柚子塩つけ麺」にするか?

麺屋 楼蘭【弐】-2


悩みながら店に着くと…
「辛味噌つけ麺」の写真が???
新メニューだ…

麺屋 楼蘭【弐】-3


なんか、美味しそうだね!
というわけで…注文決定!

カウンターの席に座り、「辛味噌つけ麺!」を注文すると…
「ありがとうございます!」
店員さんが腰を折り、頭を下げます。

「玉子とかトッピングはよろしかったですか?」と遠慮がちに聞いてきます…
思わず…
「じゃあ、玉子を…」

まんまとマック(関西ではマクド)の「ポテトはいかがですか?戦略」に乗せられてしまった…

でも、先ほど行った「麺哲 天保山店」の横柄な接客を受けたので、こういう接客をされると嬉しくなる。

つい、さらに「大盛で!」等と余計な追加もしてしまった…

「味玉辛味噌つけ麺!大盛りでいただきました!」

「はい!ありがとうございます!」
ハキハキしていて、気持ちがいい!

しばらくして、「つけめん」が出来上がった!

麺屋 楼蘭【弐】-4


盛り付けがキレイ!
でも、つけ汁の色ゎ…
赤!赤!赤!

麺屋 楼蘭【弐】-5


肉のミンチと白髪ネギ、もみ海苔の他は、辣油と唐辛子…
麺をつけて食べてみると…
まず、味噌の甘味がくる!
甘い味噌…
それに、しょっぱい…
次に来るのが辣油と唐辛子の辛味!

ちょっと辣油入れすぎじゃないかな!
途中からは、舌が麻痺して、味がわからなくなるほどだった…

甘じょぱさと辣油の辛さは強烈!

ただ、この辛さのため、スープの出汁の味は犠牲にされて…
わたしの駄舌ではこのつけダレのよさはわからなかったな…

麺を食べ終え、最初にポットのような陶器に入れられ、ラーメンといっしょに出されたスープを全部入れてスープ割りにしたんだけど、それでもまだ辛くしょっぱい!

麺屋 楼蘭【弐】-6


それでスープのおかわりをして注ぎ入れ、やっとここで魚出汁を感じることができた!

スープだけをレンゲにとって飲んでみると昆布の出汁と鰹の風味がした…
麺は、ストレートの中太麺で、ややウェーブのかかった「らー麺」のものとは違う。

麺は、噛むと潰れる麺で、こちらは、小麦が詰まっていて、噛み応えがある。
麺だけ食べても、麺の旨味を感じる美味しい麺だった。

トッピングにすすめられた味玉は、前回の「らー麺」同様、茹で加減が絶妙!
黄身の状態、白身の味付けも抜群!

ただ、この麺や味玉の良さを生かすなら、醤油味か塩味のつけめんがおすすめかな…
この時期、思いっきり、汗をかきたい人にはおすすめできるけど…

住所:大阪府大阪市北区梅田1-2-2 大阪駅前第2ビルB2F
電話:06-6345-6636
営業時間:11:00~21:00(日曜、祝日は~20:00)
定休日:無休
アクセス:JR東西線北新地駅から地下直結。徒歩1分
地下鉄四つ橋線西梅田駅から徒歩3分

メニュー:ラー麺…650円、味玉ラー麺…750円、チャーシュー麺…850円、特製ラー麺…900円、柚子塩ラー麺…700円、つけ麺…700円、柚子塩つけ麺…750円、焦がし味噌ラー麺…650円、辛味噌ラー麺…650円、辛味噌つけ麺…850円、大盛り…100円増し、三色飯…400円


評価:辛味噌つけ麺…850円+味玉…100円+大盛り…100円star_s25.gif

接客・サービスstar_s35.gif
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://ramen151e.blog71.fc2.com/tb.php/194-24605021