訪問日:2011年9月29日(木)

山中製麺所-1

10月3日オープンの新店『山中製麺所』!

天神橋3丁目に本店を構える『博多ラーメン 一歩』が、西中島にある2号店を移転する形で、こちら堺筋本町近辺にオープンさせる店!


今夜は、オープンに先駆けて開催されたレセプションに呼ばれて行ってきた。

地下鉄・堺筋線と中央線が交差する堺筋本町駅の11番出口を出て店の前まで来たところ、ラーメンブロガーのひろさんが待っていてくれた。

山中店主に美人の奥様に挨拶をして、ひろさんといっしょに入店。
カウンターだけの席の入口付近の席につくと…

「今日のメニューは、ラーメンと餃子と炒飯と生ビールになります♪」
奥様からそう言われて…

「つけ麺」は用意されていないということだったので…
まず、お願いしたのはラーメン!

山中製麺所-2山中製麺所-3

「山中製麺所」という名を冠して、自家製麺を売りにしていく店だと聞いていたので、つけ麺を冷たい麺で食べて、麺の美味しさを確かめたかったけど…
これはオープン後の楽しみに取っておくことにした。

注文して程なく、奥様によって運ばれてきたラーメンは、茶色く色付いた煮玉子っが載る「煮玉子ラーメン」だった。

山中製麺所-4山中製麺所-5

見た目は「博多ラーメン 一歩」と変わらない「豚骨らーめん」!

しかし、スープをいただくと…
豚骨スープだと思ったスープからは、豚骨の他に鶏ガラの味もする!

それにトロミもつけられたこのスープは「豚骨らーめん」ではないよね…


返しの塩ダレに貝を忍ばせているようで…
レセプション開始早々に来店して、早くも食べログに投稿していたとよつねさんのレポートによると…

ホタテアサリ牡蠣が使われていること…
そして、思った通り、スープには50:50で豚と鶏が使われていることを店からヒアリングして掲載していた。

しかし、さらに、このスープから感じられるもの…
それは…

昆布に、隠し味に使われていると思われる
だから、このスープを飲んで「豚骨醤油らーめん」と勘違いした人もいるんじゃないかと思う。

ただ、そう感じたけど、店に確認はしていないので確証はないけど…
なかなか複雑な味わいのスープで、味にインパクトがあるから、いいんじゃないかと思う♪

このスープに合わせられた麺は、緩やかにウェーブが掛けられた#24の細ストレート麺
これも聞いたわけではないので定かではないけど、小麦粉には、強力粉の他に中力粉も使われていて、コシの強さを出していると思われる

大阪のお客さんを考慮して、敢えて低加水の麺にはせずに、中加水の加水率35%程度で製麺したと思われる自家製麺

山中製麺所-6

もちもち感もあって、コシも強いし、喉越しもよくて、なかなかいいと思う!

しっかりと甘辛く味付けられたチャーシューも美味しくいただけたし!
木耳のコリコリとした食感がとてもいい!

ただ、煮玉子は、味が染み染みの白身はよかったんだけど!
黄味が緩すぎて、箸で2つ割りしたら、黄身がスープに流れ出してしまったのだけが残念なところだったかな…

ラーメンを食べた後にいただいた餃子は皮がパリパリ
炒飯もご飯パラパラで美味しくだけた♪

山中製麺所-7山中製麺所-8

オフィス街への進出に当り、今までの「豚骨らーめん」とは違う味で勝負してきた『山中製麺所』!
周辺のサラリーマンやOLのお客さんの舌を魅了することができるかがポイント!


ガンバっていただきたい♪

PS 11月に開催される「東京ラーメンショー」にも大阪代表として出店するこちらの店!
当初は、東京の『せたが屋』前島店主とのコラボも企画されていたようだったけど、結局はボツ…

ただし、山中店主によると、オープンの10月3日には前島店主が来店する予定だそうなので!
運がよければ、前島店主の姿を見れるかもしれない!

山中製麺所-9
山中製麺所-10

メニュー:豚骨らーめん…650円/煮玉子らーめん…750円/ちゃーしゅーめん…850円/マー油らーめん…750円/キムチらーめん…800円/高菜らーめん…800円/辛みそらーめん…850円/替玉…100円
濃厚魚介豚骨つけ麺 並盛り(200g)…700円/大盛り(300g)…850円


山中製麺所




関連ランキング:ラーメン | 堺筋本町駅本町駅長堀橋駅



ブログランキングに参加しています。
日々の更新の励みになりますので…
↓↓↓
こちらを1日1回クリックいただきますようお願いしますm(__)m
にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ
にほんブログ村

↓↓↓こちらのクリックもよろしくお願いしますm(__)m
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://ramen151e.blog71.fc2.com/tb.php/1766-4742785b