2008.05.19 寺子屋【弐】
訪問日:2008年5月19日(月)

寺子屋【弐】-2


「らーめん寺子屋」での2杯目は「魚醤つけめん」!

本日は「北上尾」という初訪問の土地を訪れるので、事前に近くのラーメン店を調べてからきた。

ネットで調べ、何軒がヒットし店の中からチョイスして3軒行ってみたい店が見つかった!

その中から、本日、月曜日に営業している店をビックアップした結果、ここ「寺子屋」と東池袋大勝軒出身の店主が営む「晴れる屋」に行くことに決めた。

しかし、ここ「寺子屋」で1杯目に「魚醤らーめん」を食べ、その麺の美味しさに魅了されて…
「晴れる屋」行きを中止して、こちらで、さらに「つけめん」も食べて帰ることにした…

「つけめん」ができる間、厨房をみていると、ちょうど店主が替え玉の麺を茹でていた…

こちらの店は、ラーメンは大盛りではなく、替え玉で供される。

この「かえ玉」がいい!

替え玉は茹で上がると、皿に盛られる。
そして、その上に魚粉、ネギを載せ、最後に醤油ダレがかけられる…

すごく美味しい麺だったので、このまま食べたらどうなんだろうなどと考えてしまった…

ピピピッ…
タイマーが鳴り、茹で上がりまで6分を要した太麺が引き上げられる…

冷水にさらし、洗われ、しっかりと水切りされた麺が器に盛られ、熱々のつけダレとともに店主によって出された…

寺子屋【弐】-2


麺だけを食べる…

小麦粉の風味が存分に感じられる…
食べると、小麦粉のいい香りが鼻から抜けていく…

しかし、香りだけではなく、味も食感も最高!
「つるつる」「しこしこ」の麺は食感もいいし、メチャメチャ美味しい!

こんなに美味しい麺を食べさせてくれる店は、今までに何軒もお目にかかっていない…

「らーめん」用の切り歯20番の中細麺もすごかったけど、この「つけめん」用の切り歯17番の太麺はもっとすごい!

あまり美味しいので、店主に「なぜ、こんなに美味しい麺がつくれるのか?」尋ねてみた。

すると…
「粉ですね…」と答えが返ってきた…

国産のある産地の小麦に出会い…
「原価は高いけど、それ以外の小麦粉は使えなくなってしまった…」と語る店主。
かんすいも国産で、麺づくりの工程も含めて、麺へのこだわりは半端じゃない!

しかし、わたしは誤っていた…
こちらの「つけめん」は麺だけではなかった!

つけダレがまた美味しい!
「うちのつけめんは酢が入っていないので、酢を入れて食べてください…」

そういう店主の言葉を無視したわけじゃないけど、酢は投入せず、デフォルトのままで食べ始めた。

この濃厚かつ、鰹風味が豊富なこのつけダレに、旨味麺をつけていただくと、もちろん美味しいんだけど、さらに今まで味わったことのない斬新な味も同時に経験できる。

自分は酢を入れるのが嫌いなくせ、入れた方が美味しいという矛盾した(?)店主のすすめで、途中から少しずつ酢を足して、味を調整してみた…

すると、まあ、予想されたことだけど、マイルドに味が変化して食べやすくなり、味も一般的にはこちらの方が美味しいと感じられる「つけめん」になった…

しかし、それでも「魚醤らーめん」と同様で、他の「豚骨魚介」の「つけめん」を供給している「らーめん寺子屋」出身店の味とは一線を画す…

こちらの店だけのオンリーワンの味!

ここらへんを店主に聞いてみたところ…

「同期で埼玉県内に店を持つ麺座 でんとは交流があるので、味は知っているけど、他の寺子屋の店の味は知らない…」

「ただ、自分は他の店とは違う、ここでしか食べられないものをつくりたかった…」

「松井塾長に教えられたラーメンを上手くつくれたとしても、教えてくれた人の味は超えられない…」とも…

なるほど…

さらに、苦労話も聞かせてもらった。

今では「豚骨魚介」の「魚醤らーめん」と「魚醤つけめん」が売れて、地元では美味しいと評判の店になったのだけど、スタートは大変だったという…

多くの寺子屋出身店がスタートに選ぶ「鶏ガラ」ベースのラーメン。

こちらでも、スタートはそうだったんだそうだ。

しかし、流行らない…

老若男女の誰もが食べられる飽きのこないラーメン!
松井塾長が一番にすすめるのが、この「鶏ガラ」ベースのスープで、末長く営業するには確かにこの選択は正しいのだけど…

「インパクトがないから若い人受けしないんですよ…」
それで、苦心の上、今の「豚骨魚介」スープを生み出し、路線変更に踏み切ったそうだ!

でも、本人が本当に好きでやりたかったのは千葉県の柏にある「大勝」の味だったという…

永福町大勝軒の味の流れをくむ「大勝」!
あの煮干風味の強いラーメンがやりたかったと…

その名残りが「らーめん」に残っている…

わたしが一杯目に食べた「魚醤らーめん」と「らーめん」との違い…

実はスープが違う!

売れ筋の「魚醤らーめん」と「魚醤つけめん」用には鰹節、鯖節を出汁に使ったスープ!

しかし、「らーめん」のスープは煮干出汁のスープを使っている。

スープを2種類つくる手間はあるが、思い入れがあるのだろう…

これも食べてみたかったけど…
さすがに2杯食べて、さらに最後に、またこれが最高に美味しいスープ割りを最後の一滴まで飲み干して…
もうお腹も限界!

ただ、また来て、ぜひともこの煮干出汁の「らーめん」は食べてみないと…

寺子屋【弐】-3


寺子屋【弐】-4


住所:埼玉県上尾市小泉6-85
電話:048-725-4007
営業時間:11:30~15:00/18:00~22:00 ※スープが切れ次第終了
休日:日曜
アクセス:JR高崎線・上尾駅からバス20分


らーめん寺子屋 [ ラーメン ] - Yahoo!グルメ




メニュー:らーめん…円/ちゃーしゅーめん…円
魚醤らーめん…円/魚醤ちゃーしゅーめん…円
魚塩らーめん…円/魚塩ちゃーしゅーめん…円
魚醤・魚塩つけめん…円/魚醤・魚塩あつもり…円
餃子350円/かえ玉…150円


評価:魚醤つけめんstar_s45.gif

接客・サービスstar_s45.gif
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://ramen151e.blog71.fc2.com/tb.php/172-82a74f7f