FC2ブログ
訪問日:2011年7月20日(水)

尾道文化ラーメン 18番-1

大阪・東心斎橋に7月15日オープンした『尾道文化ラーメン 18番』

オープン日にさっそく食べに行った新店ハンターのとよつねさん情報によると、『尾道ラーメン 18番』という高槻にある尾道ラーメンが美味しいと評判の店の系列店らしい。


大阪の中心で尾道ラーメンが食べられる!
そう思って、本日、ランチタイムに訪れることにした。

店は、心斎橋駅の駅近にあるんだけど、通りから路地に折れた場所にあるので、地図を片手に来たからわかったけど、うっかり見落としてしまいそう…

店に入ると、先客が2人…
静かにラーメンを食べていた。

厨房には、2人のスタッフの姿が!
席につこうとすると、スタッフの1人から、食券制であることが告げられた。

壁に貼り紙がされていて「冷麺」もあるみたいだけど、初めてだし、やはり、基本の尾道ラーメンからいかねばと思って「熟成醤油らーめん」にしたけど…
でも、尾道ラーメンの店なのに、何で「醤油豚骨らーめん」があるんだろう…

尾道文化ラーメン 18番-3尾道文化ラーメン 18番-2

食券を買って、スタッフの人に渡すと、すぐにラーメン作りに入る。
しかし、こちらの店のオープンキッチンになった厨房で、スタッフがラーメン作りをしているのを目のあたりにして…

結果は見えてしまった…

出されたラーメンは、背脂の浮いた醤油ラーメン!

尾道文化ラーメン 18番-4尾道文化ラーメン 18番-5

鶏ガラ魚介スープのラーメンなんだけど、化調がピリリ…

本来は、尾道から鞆の浦にかけての海域で捕れるデビラ(カレイの稚魚)や鯛、カワハギの稚魚を使って出汁をとるはずの小魚出汁も、実際に感じるのは、市販の「いりこ出汁の素」の味…

果たして、これを尾道ラーメンと呼んでいいものだろうか!?

尾道ラーメンといえば、鶏ガラでとったスープに、小魚の出汁、背脂ミンチを加えた、すっきりとした中にもコクのある醤油味の「中華そば」というのが私の認識!
歴史的には、瀬戸内の小魚が加えられるようになったのは後からだという話を聞いて驚かされたけど…

ただし、私は、本場の有名店で食べた経験はないし…
最近だって、昨年、広島から岡山に車で移動したときに高速のSAで食べたくらいだし…

だから、尾道ラーメンを語れる資格などないのかもしれないけど…
今日のこのスープは、それ以前の問題…

平打の麺も別に悪くはないし…
ペラペラのチャーシューだってそう…

まだ、価格が安ければ、ありかもしれないけどね…

尾道文化ラーメン 18番-6

尾道文化ラーメン




関連ランキング:ラーメン | 心斎橋駅長堀橋駅四ツ橋駅



メニュー:熟成醤油らーめん…650円/熟成醤油チャーシュー…850円/醤油豚骨らーめん…700円/醤油豚骨チャーシュー…900円
替え玉…円

濃厚つけ麺(150g)…680円/(250g)…830円/冷麺…680円


好み度:熟成醤油らーめんstar_s25.gif
接客・サービスstar_s25.gif

ブログランキングに参加しています。
日々の更新の励みになりますので…
↓↓↓
こちらを1日1回クリックいただきますようお願いしますm(__)m
にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ
にほんブログ村

↓↓↓こちらのクリックもよろしくお願いしますm(__)m
スポンサーサイト



Secret

TrackBackURL
→http://ramen151e.blog71.fc2.com/tb.php/1688-69709571