訪問日:2011年7月21日(木)

烈志笑魚油 麺香房 三く-1

大阪・福島に7月15日に誕生した『烈志笑魚油 麺香房 三く』!

情報によると、東京の『麺屋 武蔵』出身の店主が開業した店だとか!?

しかし、訪問したブロガーのレポートや画像からは『麺屋 武蔵』らしさが感じられない…
 
そして、その店主は、和食経験のある人との情報もあって、余計にわからない…
そこで、今夜、訪問して、味も情報も自分で探ってみることにした!
 
夜の7時前にJR東西線の新福島駅近くにある店の前まで来たところ…
入口に、妙にデカくて目立つ暖簾が掛かっていた。
 
暖簾を潜って、店の中へと入っていくと…
「いらっしゃいませ!」
 
店内に響く大声の挨拶!
確かにこの挨拶は、『麺屋 武蔵』らしいといえばらしい!
 
ラーメン店らしからぬ、シックで落ち着いた雰囲気の内装の店。
L字型に配されたカウンター席はゆったりとしているし、厨房も広い!
 

ホールに1人!
厨房に2人のスタッフが配されている。
 
厨房のスタッフの1人から…
「食券制になっております。」
「あちらで、食券をお求めください。」
 

示す方向を見ると、入口を入って、すぐ左の位置に券売機があって、すぐ機械の隣にはホールスタッフが付いていた。

烈志笑魚油 麺香房 三く-2
 
「こちらのかけと書かれたものがラーメンになります。」
「つけ麺は2種類ありまして、こちらが、茹で時間に15分掛かります、うどんのように太い全粒粉麺になります。」

「そして、こちらが道産麺と言いまして、つるりと喉越しのいい麺です。」
「つけ麺でしたら、こちらの道産麺がおすすめです!」
 

そう説明があって、かえって悩んでしまった。
というのも、皆、「かけ」か「つけ麺 全粒粉麺」ばかりで、「つけ麺 道産麺」のレポートがなかったから、「つけ麺 道産麺」を食べようと思っていた。

しかし、茹で時間に15分を要する麺などという説明を聞いてしまっては…

やはり、食べてみたくなる♪
 
「つけ麺 全粒粉」の食券を買うと…
カウンター席の1つの椅子が引かれて…
「こちらにどうぞ!」
 
食券を渡して、席に座ると…
ホール担当のスタッフから厨房に注文が告げられる。
 
すると、厨房の背の高い方のスタッフからもう一人のスタッフに…
「部長、こちらのお客さまには15分もお待ちいただくんだから、何かお出しして!」
 
そう指示があって、先のホール担当者が持ってきてくれたのは、角煮が入ったお椀
長芋のすり卸し色とりどりのパプリカが上に載る。

烈志笑魚油 麺香房 三く-3
 
角煮は箸で切れるほどのやわらかさ
食べると、甘辛い味付けで、味は濃くはない。
 
中華風ではなく、和風味の角煮で、すり卸した長芋がさっぱりと食べさせてくれる!
 
でも、これ!
ラーメン店が作った角煮ではないね!
これは、和食の職人が作ったもの!

 
「美味しくいただけました。」
背の高い厨房スタッフにそうお礼を告げると…
 
「夜だけのサービスです。」
「店長に言っていただければ、次回も何かお出しできると思いますよ。」

「ただ、何もないときもありますので、ご了承ください。」

こう話していたのは、後でわかったことだけど、某飲食関係の会社の専務さんで、自身も和食の料理人の方だった。
 
もう一人、厨房にいて、部長と呼ばれた方も和食の料理人!
そして、ホールの方が店長!
 
この店長さん!
伊藤さんという方で、専務によると、若いのに優秀な和食の料理人だという。
 
そして、この伊藤店長と部長が東京に派遣されて、『麺屋 武蔵』の新宿本店と、吉祥寺にある『麺屋 武蔵 虎洞』でラーメン修業をしてきたんだそうだ。
 
部長はいう…
「長い間、和食をやっていて、ラーメンなんて、簡単だろうと思ってました。」
「しかし、たかがラーメン!されどラーメンでした!」

 
専務がかわって話す。
「獣(けもの)のスープに鰹や煮干を放り込むなんて考えられない料理法ですからね…」
 
「お待たせしました!」
お椀の角煮をいただいて、お話しをさせてもらっているうちに、麺も茹で上がったようで、まず、蓋付きのつけダレが出されて、次に麺が出された。

烈志笑魚油 麺香房 三く-4烈志笑魚油 麺香房 三く-5烈志笑魚油 麺香房 三く-6烈志笑魚油 麺香房 三く-7

麺は、粒粒の斑点のあって、一目で全粒粉が使われた麺だとわかる。
 
しかし、太くて幅広い麺だね!
切り歯8番だろうか!?
 
麺の匂いを嗅ぐと、いい小麦粉の香りがした。

食べると、もそっ、ごわっとした、やや粉っぽい変わった食感の麺!
でも、小麦粉のうま味がよく感じられて、とてもいい♪

 
ただ、この食感は…
特に、うどん文化の大阪で受け入れられるのかは、やや疑問?
 
「こんな麺、大阪にはないでしょう!?」
「僕が気に入って、2人の反対を押し切って使うことにしたんです。」
 

確かに、専務お気に入りの麺は大阪ではお目にかかったことがない!
これは、話の種でも、一度は食べてみる価値ありだと思う!
 
アツアツのつけダレに麺をつけて食べると、鰹の風味が香る魚介風味の強いつけダレで、しかし、豚骨、鶏ガラ、モミジの動物系出汁もしっかり出ていて、これは文句なく美味しい♪
 
そして、つけダレの中には、濃厚豚骨魚介のつけ麺の具としては珍しい蓮根が入っていて、さらには…
最後にサプライズ!
 
「酸っぱい!」!
何と、梅干しが器の底に隠れていた! 

でも、これも悪くない!
和食の料理人らしい仕掛けも楽しめたし!
 
〆のスープ割りも美味しくいただけたし!
これは、なかなか楽しい店ができた! 

食べ終わると、専務から声が掛かった…
「今度はぜひ、かけを食べてください。」

専務によると、この「かけ」は…
「神田まつや」「かんだやぶそば」といった超一流そば店の「かけそば」を意識して作ったそうで、厳選したこだわりの鰹節を使用しているという…


烈志笑魚油 麺香房 三く-8烈志笑魚油 麺香房 三く-9烈志笑魚油 麺香房 三く-10烈志笑魚油 麺香房 三く-11
 
そんなことを聞かされたら、また近いうちに食べに来ないわけにはいかないでしょう♪
ご馳走さまでした。

烈志笑魚油 麺香房 三く-12烈志笑魚油 麺香房 三く-13

烈志笑魚油 麺香房 三く




関連ランキング:ラーメン | 新福島駅中之島駅福島駅



メニュー:かけ(並)…780円/かけ(大盛り)…980円/つけ全粒粉(並)…800円/つけ全粒粉(大盛り)…1000円/つけ道産(並)…800円/つけ道産(大盛り)…1000円

好み度:つけ全粒粉star_s40.gif
接客・サービスstar_s50.gif

ブログランキングに参加しています。
日々の更新の励みになりますので…
↓↓↓
こちらを1日1回クリックいただきますようお願いしますm(__)m
にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ
にほんブログ村

↓↓↓こちらのクリックもよろしくお願いしますm(__)m
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://ramen151e.blog71.fc2.com/tb.php/1664-856bb9af