訪問日:2011年6月1日(水)

麺処 維新【弐】 ~レセプション~-1

明日6月2日、心斎橋にオープンする『麺処 維新』で、今夜6時からレセプションが開催されている! 

ただ、今日の大阪地方の天候は雨!
あいにくの天候の中、みんな来てくれるのだろうか?

心配になったので、ちょっと様子を見に行くことにした。
 
夜の6時40分過ぎに、心斎橋から歩いてすぐにある店の前まで来て…
自動ドアの把手をプッシュしたところ…

あれっ?
ドアが開かない…
 

左の店名が装飾されたガラスの袖壁から覗くと、倉持店主を含む3人の紺のTシャツ姿のスタッフにもう1人の姿が見えた。
 
どうなっているんだろう?
入れないじゃない!
 
と思ったら、席を立って、中から手動で扉を開けて出てきた人がいた…
 
その人は…
『麺家 静 心斎橋店』のオープン日にお会いして以来のひろさんだった!

ひろさんは、すでにラーメンを食べ終わって、帰るところだったんだけど…
どうやら、自動ドアのスイッチが切ってあって、手動で扉を開けて入るようになっていたようだ… 

ただ、これだと、入れないと思って帰ってしまう人もいるかもしれない!
そこで、倉持店主に言って、表の電気を消して、しかし、自動ドアは作動するようにしてもらった。 

今夜は、様子見に来ただけで、一昨日、試食しているので、ラーメンを食べるつもりはなかった。
だから、そう倉持店主に伝えると…
 
「どうも、スープの出来が悪いみたいで、ちょっと、食べていってください。」
冴えない顔して、そんな話をするものだから、気になってしまった…
 
承諾して席に座ると…
「塩分が強いと指摘されました。」
 
レセプションに呼んだお客さんから、ダメ出しされて落ち込んでいるのか!?
一昨日いただいた濃厚な鶏白湯に豚骨を加えた動物系だけのスープは、確かに塩分は高めだったかもしれないけど、味はとてもよかった!
 
それに、試食会に来た「麺屋 こうじ」グループ・田代代表や『麺屋 青山』の青山店主からも合格はもらっているのだから、誰に何を言われようときにすることはないと思うんだけど…
 
1個作りされていた「ラーメン」が倉持店主によって作られて、倉持店主自らが運んできてくれた…

麺処 維新【弐】 ~レセプション~-2麺処 維新【弐】 ~レセプション~-3

一昨日の「ラーメン」に比べると、スープの色合いが違う…
ココア色したスープは、見た目豚骨ラーメンのよう!


飲んでも、やはり豚骨ラーメンだった!
名古屋コーチンのガラを使っているはずなのに、それが豚骨に消されてしまっていた。


私のすぐ後に来て、初めてこのラーメンを食べるタッチョさんなどは…
「美味しいですね!この豚骨スープ!」
 
豚骨スープのラーメンだと思って、そんな賛辞の言葉を述べていたけど…
これを豚骨スープとして評価するなら、タッチョさんと私も意見は同じ!
 
悪くはないと思うけど…
でも、ならば、名古屋コーチンは必要ないでしょう!

私は、このラーメンは、名古屋コーチンを使った鶏白湯スープというところが売りだと思うし…
豚骨で勝負するなら、名古屋コーチンなど使う必要はない!

純豚骨でいってほしいと思っているし、鶏を使うなら、別にブロイラーだって構わないと思う。
 
それと、確かに、指摘通り、若干、塩っぱくは感じられた。
関西的に言えば、やや辛いという表現になるんだろうけど…
ただ、これは、気にするほどのことはないと思う。
 
さらに、感じたのは、一昨日のスープに比べると濃度が足りないこと…
もっとも、一昨日のスープは、かなり粘度の高い濃厚なスープだったから、これくらいの方が一般受けするかもしれないけど… 

そんな意見をスバズバ、歯に衣着せず述べさせてもらった。

倉持店主は頷いて…
鶏を強く出すと言ってくれた!
 

実は、倉持店主も悩んでいたようだ!
鶏が強い方がいいのか?
豚骨を強くした方がいいのか?
 
麺も一昨日とは違う路線で…
同じ全粒粉を配合した中細ストレートの麺が使われていたけど、明らかに今夜の麺は硬めに茹でられていた!
 

私は、今日のスープには、この硬めの食感の麺は合っていると思うけど、一昨日の、なめらかな食感な感じられる、やや、やわらかめくらいの茹で加減の麺も好き♪
 
でも、この自家製麺は秀逸な麺だと思う!
硬く茹でても、やわらかく茹でても、どちらも美味しくいただけるのだから!
 

レアチャーシュー炭火で炙られたチャーシューの2種のチャーシューも抜群に美味しかったし!
これで、700円という価格で販売するとなると、名古屋コーチンを多めに使ったらコスト的にはどうなんだろうと心配ではあるけど…

倉持店主は宣言してくれた…
「コストがかかっても、美味しいとお客さんに言ってもらえるものを作ります。」

明日のオープニングには、また、今日と違ったスープがお目見えすることでしょう♪


時刻も7時を回ると…
PAPUAさん秀太さんといった大阪ラーメン界の重鎮が来店されて!
 
さらに、かんみ♪さんをはじめとする有名食べログメンバー5名が来店!
一気に盛り上がりを見せた! 

その頃、私は2杯目の「和えつけ麺」と命名された、一昨日は「つけ麺」と紹介されたメニューを食べ始めるところで…
今夜、出された「和えつけ麺」が、また、一昨日食べた「つけ麺」と姿形が変わっていたのにも驚かされた。

麺処 維新【弐】 ~レセプション~-4麺処 維新【弐】 ~レセプション~-5麺処 維新【弐】 ~レセプション~-6

一昨日のものは、カルボナーラをイメージして作ったもので、麺は、幅広の平打麺が使われて、フェトチーネのようだったし!
角切りされたレアチャーシューもパンチェッタに見えて、カルボナーラぽかったのに…

今夜のものからは、カルボナーラは想像できない…
 
見た目「和え麺」!
これに、つけダレがいっしょに出されて、「和え麺」でも、「つけ麺」としても食べられる!
そういう意味では、「和えつけ麺」のネーミングには合っているのかもしれないけど…
 
カルボナーラコンセプトの「つけ麺」は、女性のお客さん受けしそうな感じだったのが、今夜の「和えつけ麺」は男性客好みに感じられた。

しかし、麺に限っていえば、こちらの麺の方が、弾力があって、もちもち感があって、食感はいいし!
小麦粉のうま味もよく感じられて、食べる分には、こちらの方がいい♪ 

つけダレの味も、一昨日は、水飴を使って、甘めに仕上げていたんだけど、甘味を抑えてきていて、個人的には、味はこちらの方が断然好み!
 
初めは、「和え麺」として、和えて、麺と具を卵黄のタレに絡ませて食べて!
次に、「つけ麺」として、つけダレにつけて食べる「和えつけ麺」は…
さらに、スープ割りに入れて、「ラーメン」としていただくこともできる!

 
そして、このスープ割りサービスがとてもよかった!
スープ割りをお願いしたところ、容器を替えて、電子レンジでチンして、そしてネギが足されて提供されたんだけど…
 
これは嬉しいサービス!

麺処 維新【弐】 ~レセプション~-7
 
さて、一昨日とは、また違った味に形で今夜、提供された「ラーメン」「和えつけ麺」
お客さんがどんな反応を示してくれるのか!
 
泣いても笑っても、明日オープンを迎えて、お客さんの審判が下される!

麺処 維新【弐】 ~レセプション~-8麺処 維新【弐】 ~レセプション~-9

麺処 維新




関連ランキング:ラーメン | 心斎橋駅長堀橋駅四ツ橋駅



メニュー:ラーメン…700円/味玉ラーメン…800円/チャーシューメン…1000円/味玉チャーシューメン…1100円
つけ麺…750円/味玉つけ麺…850円/チャーシューつけ麺…1050円/味玉チャーシューつけ麺…1150円
和えつけ麺…750円/味玉和えつけ麺…850円/チャーシュー和えつけ麺…1050円/味玉チャーシュー和えつけ麺…1150円

好み度:味玉ラーメンstar_s35.gif
和えつけ麺star_s45.gif
接客・サービス
star_s50.gif

ブログランキングに参加しています。
日々の更新の励みになりますので…
↓↓↓
こちらを1日1回クリックいただきますようお願いしますm(__)m
にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ
にほんブログ村

↓↓↓こちらのクリックもよろしくお願いしますm(__)m
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://ramen151e.blog71.fc2.com/tb.php/1579-0eb9e027