2006.07.24 兼吉
訪問日:2006年7月24日

兼吉-1


7月の13杯目は、東京・江東区の大島にある「兼吉」の「しょうゆつけめん」!

「江東365なび」というサイトの「江東探検隊」というブログを見てここを知り、ネットで検索してみると…
http://www.koto365.net/tanken/archives/2005/03/post_133.php

ここ「兼吉」は、「こうかいぼう」「蘭丸」「とうかんや」と並んで、「江東区の四天王」と呼ばれる店なんだそう!?
知らなかった…

それに、ジュエリーショップのサイトの中の美人店員さんのスタッフコラムにも、ここの紹介があり…
「近かったら、毎日行きます♪酒粕みそらーめんがおすすめです」なんて書いてあったし…
http://www.gembank.co.jp/column/index.php?id=7

これは行かなきゃ!

都営地下鉄新宿線の快速に乗り、大島駅で降り駅を出るとると…雨・雨・雨…

雨の中、新大橋通りを本八幡方向に歩く…
するとすぐに「サンロード中商店街」が現れるので、左に曲がる!
一本目の交差点を左折すれば、右側に店が見えてきた…

店に着いたのは、12時を5分回ったところ…
お客さんは、2人の子連れで奥さんが3人目の赤ちゃんをおぶった夫婦。
それに、ほぼ、わたしといっしょに店に入った初老の紳士2人。

「つけめんにしたいんですけど、【しょうゆ】と【しろ】ってどこが違うんですか?」
1人でラーメンを作っている店主に聞いてみた…

「【しょうゆ】は、こくのある味!【しろ】は、さっぱりとしたかつお出汁のきいた味!」

どちらがおすすめか聞いたところ、お客さんの好みだと躱されてしまった…

兼吉-2


麺の量を聞くと、普通で140g。
「女性でも、1.5。2玉食べられる方もいます。」

「じゃあ、2玉!しょうゆで!」
煮玉子は入ってないということだったので、トッピングで追加!

ただ、つけめん700円に、大盛200円、トッピング煮玉子100円で、合わせて1,000円というのは、わたしのラーメン予算の上限!
中盛(1.5玉)100円、大盛(2玉)200円の価格設定は高い!

兼吉-3


普通盛の量も少なすぎ!
中盛、大盛無料!
ランチタイムだけでもとか…
せめて、大盛は、100円増しにするとかにしてほしい!

つけめんができるまで、店内を観察してみる。
まず、目につくのは、所狭しと貼られた、お品書きにラーメンの写真!

兼吉-4


店主のこだわりやラーメンの説明なども貼ってある。
ただ、なんかゴチャゴチャしすぎ…
かえって、わかりにくい…

兼吉-5


根本は、品数の多さにあるんだろうけど、「しょうゆ」に「しろ(しょうゆ)」に始まり、「辛味」「カレー」…
この4種類の味は、ラーメンにもつけめんにもできるそうだし…
さらに、みそ、酒粕みそラーメンがあり…
冷やしたぬきそばなる冷たいタレのラーメンまで…
やたらにいっぱいあって…
本当、わかりにくい…

つけめんが出来上がった!

兼吉-6


小振りなつけダレの入った器。
醤油が濃そう!

麺は、中細の縮れ麺!
昔ながらの中華そばっていうか、東京ラーメンの麺って感じ…

麺をつけ汁につけ、食べ始める…
つけダレは、鰹、昆布等の出汁がよく出た…といって突出しているわけでゎないつけダレ!

濃そうに見えたけど、この出汁のおかげでしょっぱくはない。

例えるなら、日本蕎麦の「鴨つけ汁そば」のつけダレのような感じ!

麺は…
はっきり言って、まったくつけめんの麺としてゎ失格!
麺は、ツルツルとしていて、淡い味の醤油味か塩味のラーメンには合いそうだけど…
コシがないし、まったく小麦の旨味が感じられない…
茹で方も、柔らかすぎ…

これでは、せっかくのつけ汁も台無し…

1枚入ったチャーシューも煮玉子も悪くはないんだけど、味付けがちょっとしょっぱいかな…

お客さんが、わたしを1人残し、全員帰ったところで…
店主が「どうでした!?」と聞いてきた…

量が多くなかったかを聞きたかったんだろうと思い…
「ええ、食べられました。」と答えると…

「そうでしょう!女の人でも、すぅっと入っちゃうんですよ!」

「スープ割りお願いします!」とお願いすると…
「ちょっと待ってください!スープ温めますので…」

そう!ここは、ラーメン作るときもそうだったんだけど、注文があってから、小鍋でスープを温めて出している…

温かいスープが提供されるのはいいんだけど、つけめんのスープ割りの場合、急いでるときは、ちょっと困るかな…

スープ割りは、メチャ美味しい!
ふわぁーっと、鰹の風味が口の中に広がる!

「【しろ】が鰹出汁と言われてましたけど、これも、鰹の香りが強いですね!」

感想を述べると、「そうでしょう!和風出汁ですけど、スープ割にすると鰹が立つんです!」

「【しろ】は、他の店では、塩と言って売ってるところもあります。しろ醤油と塩を使っているので、こちらは、最初から鰹が感じられます。」

「こちらのお店を紹介しているブログがあって、酒粕みそが美味しいと書いてありました。」
「でも、今の季節だとどうかなと思って、今日はつけめんにしたんですけど…やはり、おすすめはラーメン系ですか?」
麺がラーメン向きなので、そのような質問をしたんだけどけど…

うちは、どれって…特別にこれだけというのはないんです。みんなおすすめです。」

さらに…
「酒粕の季語は夏なんですよ。」
「神田明神に甘酒屋さんがあるんですけど、そこでは、夏に冷たい甘酒を出すんです。」
「酒粕は、身体にいいですよ!」

うーん…
みんなおすすめというのも…
少なくとも、この麺は、つけめんの麺としては合ってない気がする…
麺が美味しければ、【しろつけめん】も【カレーつけめん】も、酒粕みそラーメンも食べてみたかったんだけど…

兼吉-7


住所:東京都江東区大島6-27-6
電話:電話番号非公開
定休日:水曜日
営業時間:12:00~14:30/18:00~22:00
アクセス:都営地下鉄新宿線・大島駅徒歩3分

メニュー:しょうゆらーめん…600円、しろらーめん…600円、みそらーめん…700円、辛みそらーめん…800円、ごま辛(しょうゆ/しろ)らーめん…700円、カレー(しょうゆ/しろ)らーめん…700円、しょうゆつけめん…700円、しろつけめん…700円、ごま辛(しょうゆ/しろ)つけめん…800円、カレー(しょうゆ/しろ)つけめん…800円、酒粕みそらーめん…800円他多数あり


評価:しょうゆつけめん…700円+大盛…200円+煮玉子100円star_s40.gif

接客・サービスstar_s40.gif
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://ramen151e.blog71.fc2.com/tb.php/153-bd7f618b