2011.01.31 鶴麺【七】
訪問日:2011年1月31日(月)

鶴麺【七】-1

今年になってメニューを一新させたという『鶴麺』!
 
先日、「とんど祭」でスタッフの人に会って、近いうちに行くと約束していたこともあって、本日の訪問になった。
 
久々に地下鉄長堀鶴見緑地線の今福鶴見駅で下車して途中、旧『カドヤ食堂』のあった道を通って店へと向かった。

鶴麺【七】-2
 
店に到着すると、店の中は満席で、少し外で待たされてから入店。
厨房に2人いたスタッフの人たちはどちらもは初顔の人…
 
店長は不在のようで…
スタッフの人に聞いてみたところ…
今日は遅番で、最近は大西店主の「らぁ麺 Cliff」に手伝いに行くことも多いとのとこだった。
 
メニューをみると、以前、レギュラーだった「塩そば」と「どてそば」がメニュー落ちして、替わりに「塩白湯そば」と「三元豚のあえそば」が新たにメニューに加わっていた
「三元豚のあえそば」も気になったけど、今日は「塩白湯そば」を注文! 

鶴麺【七】-3

しかし、これがなかなか出てこない…
 
結局、17分も待たされて、やっと「塩白湯そば」が出てきたんだけど…
これには理由があって、こちらの店は、注文の順番に忠実に作るので、先に「つけそば」や「あえそば」の注文が入っていたりすると、麺の茹で時間がかかる分、どうしても、それだけ待たされることになる。
 
私の場合も、「つけそば」、「あえそば」と注文が入っていたところに、私とほぼいっしょに入店した先客が「あえそば」を注文したため、長時間待たせられる結果になったんだけど…
 
私はまだしも、私のすぐ後に入ってきた2人お客さんで、「中華そば」を注文したお客さんは、待っている間も苛々していたし…
口にこそ出さなかったけど、「中華そば」が出ると一気に食べて、ムっとして帰っていったので…
これは、ぜひとも改善した方がいい。
 
別に順番通り作らなくたっていい!
「つけそば」や「まぜそば」を注文したお客さんには、時間がかかることを告げて、順番が後先になることもあることを話せばいい!
 
紙に書いたものを貼り付けて、注意を喚起するのでもいいので…
ぜひ、実行してほしい…
 
出された「塩白湯そば」のスープは、清湯と白湯の中間のようなスープで、昨日いただいた『麺屋 一燈』の「純鶏白湯そば」のスープにも似ている。

鶴麺【七】-4鶴麺【七】-5

鶏のうま味は、そこそこ感じられる。
そして、鶏の臭みは皆無。
 
ただ、昨日、あまりに出来すぎの鶏白湯スープをいただいてしまったので、どうしても見劣りしてしまう…
でも、決して味は悪くはないし、むしろ美味しい部類の鶏白湯スープだと思う。
 
麺も悪くはない。
『麺屋 棣鄂』の中細ストレートの麺は、スープとの絡みもまずまず。
ただ、これくらい濃厚なスープの場合は、もう少し太い麺の方がいいかもしれない…

鶴麺【七】-6

三元豚を使ったチャーシューは、ジューシーな肉のうま味が感じられるもので美味しかったし…
穂先メンマもやわらかくて、シュクシュクとした食感も最高でとてもよかった♪
 
ただ、これなら、個人的には、以前の清湯スープの「塩そば」の方がよかったんじゃないかと思えたので…
もっと、もっと美味しい鶏白湯スープのラーメンに高めてほしい!
『鶴麺』は好きな店だし、期待もしているので♪


鶴麺【七】-7鶴麺【七】-8

鶴麺




関連ランキング:ラーメン | 今福鶴見駅新森古市駅



メニュー:中華そば…700円/塩白湯そば…800円/黒つけそば…850円/塩つけそば…880円/三元豚あえそば…900円/牛すじカレーつけそば(ミニごはん付)…980円

好み度:塩白湯そばstar_s35.gif
接客・サービスstar_s35.gif

ブログランキングに参加しています。
日々の更新の励みになりますので…
↓↓↓
こちらを1日1回クリックいただきますようお願いしますm(__)m
にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ
にほんブログ村

↓↓↓こちらのクリックもよろしくお願いしますm(__)m
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://ramen151e.blog71.fc2.com/tb.php/1435-b7e06e06