訪問日:2011年2月7日(月)

まるとら本店【壱九】-1

本日2月7日は、「まるとら祭」の日!

月1回『まるとら本店』で開催されている限定イベントの日で、この日は関東からゲストを招いて、この日1日のために用意された特別な限定ラーメンが作られる!

 
そして、今回のゲストというのが…
東京・新小岩の大行列店『麺屋 一燈』の坂本店主!
 
2010年度のラーメンデータベースの各ランキングでベスト3に入る人気と実力を兼ね備えた店の店主が大阪にやってくる!
だから、今回のイベントは特に注目していた。
 
ただ、あまりに忙しい店主のため、通常は、毎月第一日曜日に開催されるイベントが『麺屋 一燈』の定休日である月曜日に1日ずらして行なわれることになった…
さらに、坂本店主のスペシャリテが提供されるのは夜営業の17時からということで…
 
果たして、どれだけのお客さんに来ていただけるのか?
まして、ゲストなしで行なわれる昼営業は…
小川店主の「東京ブラック」が、どれだけのお客さんを集客してくれるのか?
 

やや不安な面持ちで店へと向かった。
 
開店の5分前に店の前までやって来ると、4人の先客が開店待ちをしていた。
うち、3人は大阪のラーメン仲間!
 
すぐ後に、兵庫のラーメン仲間の人がやってきてくれた…
みんな、本当、来てくれて、ありがとう♪
 
開店までに、さらに一般のお客さんが4人が並んで…
開店時には10人の行列ができた!
 
定刻11時!
小川店主が出てきて、挨拶をして…
開店!


まるとら本店【壱九】-2

店に入ると、小川店主の他に、東京・西新宿にある『麺屋 翔』の店主に、同じく、東京・高田馬場にある『味一』の店主がいた。

この2人、テレビ東京系列で放送予定の『愛の貧乏脱出大作戦スペシャル』という番組の収録で、『麺屋 一燈』の坂本店主と、テレビ東京のテレビクルーともに昨夜大阪入りしていた。
 
『愛の貧乏脱出大作戦』は、みのもんたさんが司会をつとめる番組で…
番組の内容は、流行らない飲食店の店主が、繁盛店の達人の元で修業をして、貧乏から脱出するというドキュメンタリー…
 
そして、その達人に抜擢されたのが、どうも坂本店主のようで…
坂本店主がゲスト参加する今回のこのイベントも撮影対象になったようだ。
 
それで、店頭には注意を喚起する貼り紙が貼られて…
番組のスタッフが、開店待ちをしているお客さん1人1人に、番組収録をしているので、カメラに映るかもしれないことを話して、承諾を取り付けていた。
興味のある方は2月27日放送予定だそうなのでどうぞ!

まるとら本店【壱九】-3

まずは、券売機で食券を買う。
しかし、ここでトラブルが発生!
 
毎月のイベントでは、販売は限定メニューのみ。
レギュラーメニューの販売は中止する…
 
しかし、本日に限っては、昼の営業のみ、「鶏そば」以外のいつものメニューの販売もすることにした。
 
というのも、先月はイベントのPR不足によって、知らずに来店したお客さんが、限定しかないことを知らずに来店して、メニュー内容や価格を見て聞いて、帰っていってしまうケースが何件もあったようで…
それで、そうしたようなんだけど…
 
いつもの限定イベントのように、券売機に限定を紹介する貼り紙もなく…
本日限定の「東京ブラック」の券をどうやって買ったらいいかは、『麺屋 翔』の店主が口で説明しているだけで…
 
さらに、券売機には、本日の限定とは違う「限定」と書かれた1,000円のボタンがあって、それを押してしまう人が2人も出る始末…
 
でも、『麺屋 翔』の店主が、私のやり方が間違ってましたみたいなことを言って…
それをカメラが撮っていたので…
 
わざとそうして、まんまとテレビ制作会社の意図通りに、はまったお客さんがいただけかもしれないけど…
 
食券を買って、席につくと、その後もお客さんが入り、満席となって、順番待ちも出るほどで…
スタートは順調!
まずは、よかった♪
 
小川店主とともに『麺屋 翔』の店主が厨房に入り、『味一』の店主が、券売機の横に立って、お客さんの誘導をする。
そうして、どんどんと「東京ブラック」が作られていく様子をテレビカメラが追う。
 
そうして、5番目に作られた「東京ブラック」が私に出された。

まるとら本店【壱九】-4まるとら本店【壱九】-5

真っ黒なスープ!
そして、油とともにスープの表面に浮かぶ魚粉…
 
スープを飲んでみると…
この魚粉は煮干しだった!
しかし、それだけではなくて、しっかり煮干し出汁も出ていて、煮干しがガツンと効いたスープに仕上がっている
 
小川店主に聞くと、水7リットルに対して煮干し4Kgという大量の煮干しを使ったようで、それは煮干しを感じるのも当然といえば当然!
 
濃口醤油の他に薄口醤油たまり醤油をかえしに使った黒いスープは、見た目とは違って、塩っぱくはなく、醤油の甘味が感じられる。
 
そして、煮干し出汁の他に、丸鶏のうま味も出ていたし…
隠し味に使ったというアンチョビがスープにコクを与えていた…
 
大阪を代表するラーメン店である『金久右衛門』の「大阪ブラック」に対抗して作ったという、この「東京ブラック」

予想よりも、ずっと美味しくいただくことができた♪
小川店主が茹でる前に手でよく揉んで縮れを入れた、太くも細くもない切り歯20番くらいの麺は、この醤油スープとは相性バッチリ!
スープに絡んで美味しくいただけた。

まるとら本店【壱九】-6

『金久右衛門』の「大阪ブラック」とはまた違った、アプローチで、煮干しとアンチョビを使って表現したこのスープは、『金久右衛門』を越えたとは思えないけど、頑張って対抗はしたとは思う。ご馳走さまでした。
 
小川店主と話して、今夜6時に来れば大丈夫だろうと聞いて…
また、来ることを約束をして店を後にしたんだけど…
 
果たして、坂本店主の作る「汁なし鶏白湯」を食べることができるのだろうか!?
東京では、限定10食のみで開店1時間前に来ても食べられないこともあるこのメニュー!
 
ただ、ここは大阪だし、60食あるから大丈夫でしょう!
しかし、これが大きな間違えだったことを後で知ることになるとは…
この時点では知る由もなかった…


まるとら祭

開催日時:2月7日(月) 11:00~15:00/17:00~スープ切れまで
開催場所:まるとら本店 住所:大阪府大阪市生野区生野西2-1-37 電話:06-6718-1818 アクセス:JR環状線・寺田町駅北口から徒歩1分






メニュー:【昼の部】1100~限定60食
東京ブラック
(担当:『まるとら本店』小川店主)

好み度:東京ブラックstar_s45.gif
接客・サービスstar_s50.gif

ブログランキングに参加しています。
日々の更新の励みになりますので…
↓↓↓
こちらを1日1回クリックいただきますようお願いしますm(__)m
にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ
にほんブログ村

↓↓↓こちらのクリックもよろしくお願いしますm(__)m
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://ramen151e.blog71.fc2.com/tb.php/1428-d5edc0a2