2006.06.27 らーめん 佐高
訪問日:2006年6月27日

らーめん 佐高-1


今月の18杯目は、東京メトロ丸の内線・新宿御苑前駅にある「らーめん 佐高」の「つけらーめん」!

新宿西口の「満来」から独立した店主が開いた店で、当初、中野坂上で開業して、こちらに移ってきたそう…

訪れたのは、お昼の12時半過ぎ。
入口でお金を前払いするシステム。
500円玉ワンコインで食べられる「らーめん」にも魅力は感じたけど、「満来」出身ということで「つけらーめん」に!

らーめん 佐高-2


代金600円を払い、1階が満席だったので2階へ上がる。
この店は、1階と2階があって、1階でラーメンを作っている。
1階客席は、カウンター4席のみ。
2階には、カウンター席の他、テーブル席もあって全22席。
1階と合わせると計26席もある。
2階には、お客さん17名いたので、1階と合わせて21名。

この時間としては、結構入っている!

カウンターに座り、窓から外の景色を見ながら「つけらーめん」の来るのを待つ。

「つけらーめん」が運ばれてきた!

らーめん 佐高-3


平打ちの麺が皿に盛られている。
眼鏡のお姉さん店員さんに「これ、何gあるんですか!?」と聞くと…
「250gぐらい」とアバウトな答えが返ってきた…

らーめん 佐高-4


さっそく、麺をつけ汁につけ食べてみる!

「うっ、酸っぱい…」
酸味が強いとかではなく、ストレートに酢がいっぱい入っている…
冷やし中華のタレに例えるより、ポン酢につけて食べているような感じ…

魚介系の出汁ゎ感じられず…豚や鶏も弱い…
何しろ酸っぱさばかりが際立つつけダレ…

これでさらに卓上にゎ、酢が置いてあるんだけど…
これ以上、まだ酢を入れて食べる人がいるのだろうか…

さらに、大量に投入された七味唐辛子が舌をピリピリ刺激する…
そして最悪なのは、つけ汁が温いこと…

自慢の手打ち麺も、こう柔らかくてコシがないと…

具も、チャーシューとメンマが申し訳ない程度にしか入ってないし…

らーめん 佐高-5


麺を半分近く残し、箸を置くことになった…

スープ割りも全く期待はしなかったけど、先ほどの眼鏡のお姉さんにお願いすると…

「2階はやってないのよね!」だって…
サービスも悪い!

こんな味では、たとえ安くて量があったとしても、少しも嬉しくない…
後悔…

らーめん 佐高-6


日時:2006/6/27
住所:東京都新宿区新宿1-17-9
電話:03-3353-8696
営業時間:11:30~21:00
定休日:日曜祝日
アクセス:東京メトロ丸の内線新宿御苑前から徒歩3分

メニュー:らーめん…500円、納豆らーめん…650円、メンマらーめん…700円、焼豚らーめん…900、つけらーめん…600円、納豆つけらーめん…750円、メンマつけらーめん…800円、焼豚つけらーめん…850円


評価:つけらーめん…600円star_s15.gif

接客・サービスstar_s20.gif
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://ramen151e.blog71.fc2.com/tb.php/134-4ff57891