2006.06.15 大勝軒 十五夜
訪問日:2006年6月15日

大勝軒 十五夜-1


今月の11杯目は、新宿御苑前にある「大勝軒 十五夜」の「つけめん」!

東池袋の「大勝軒」で修業した主人と…
「ラーメン二郎」、永福町「大勝軒」の2つのお店で修業した後、大久保に「神楽屋」という店を開いていたという主人!
この2人が共同経営する店がここ!

大勝軒 十五夜-2


わたしの好きな千葉の津田沼にある「必勝軒」店主の小林さんも、東池袋と永福町の両「大勝軒」で修業!
どちらのお店からも、いいところをだけを取り入れ、独自の味を生み出し、今では、本家の味を凌ぐラーメンをつくりだしている!

しかし、今回は、1人ではなく、2人のコラボになるので、どんなラーメンになっているのか…興味津々!

ちなみに、気になる「十五夜」の店名の由来は、亡き尾崎 豊のデビュー曲「15の夜」からきている…
元「神楽屋」だったご主人の方が、尾崎 豊と友達だったんだそう…

お店に到着したのはジャスト13時。

券売機で「つけめん(大)…650円」の食券を買う。
ここ、つけめんもラーメンも(小)1玉、(中)1.5玉、(大)2玉の価格が同じ!
(大)にしたら得した気分!

大勝軒 十五夜-3


若い女性店員さんに席に案内してもらい、彼女に食券を渡す。

でも、よかった!
わたしが入って、次に来たお客さんで、ちょうど満席…
それから、帰る13時20分過ぎまではずっと5~6人待ち状態だったから…

以外に早く、つけめんができてきた!

大勝軒 十五夜-4


つけダレは淡い色をしている!
それに、鯖節の香り!

大勝軒 十五夜-5


つけダレの味をチェックしてみる…
ん…酸っぱい!
それも、かなり…

甘味は抑えてある。
それと、豚、鶏の動物系も弱いというか、鯖節を中心とした魚介系が強い!

表の看板にゎ、「東池袋大勝軒 新宿御苑店」の文字もあったけど…
見た目も味も違う…

かといって、永福町大勝軒の代名詞になってる鰯の煮干しも主張していない…
まして、二郎の豚もない…

少なくとも、東池袋大勝軒の「もりそば」とは異質のもの…

まったく修業先の味と違えるなら、大勝軒の名は外すべきなんじゃないかな!
わたしはそう思う…

ただ、この酸っぱいつけダレに、つけめんの麺としてはやや細目の中太麺をつけて食べたら…
魚の出汁を感じて、なぜか美味しい!

400gある麺も、飽きることなく完食してしまった!
具は、チャーシュー1枚、カタ茹での玉子半分に、なると、メンマで…
まあ、具の量も味もごく普通…

最後にスープ割りにしてもらいったけど…
酸っぱくて…
まったく、スープ割りには適さないつけダレだった…

不思議なつけめん…
ひとつひとつのパーツは正直、たいしたことない…
だけど、麺をつけダレにつけて食べるとなかなかいける…

機会があれば、次回はラーメンを食べてみたいな…

大勝軒 十五夜-6


大勝軒 十五夜-7


住所:東京都新宿区新宿2-15-24
電話:03-3354-1058
営業時間:11:00~20:00(LO、売切れ次第終了)
定休日:日曜日
アクセス:東京メトロ丸ノ内線新宿御苑前駅1出口から徒歩2分、もしくは都営地下鉄新宿線新宿三丁目駅C8出口から徒歩5分

メニュー:つけめん(小・中・大同価格)…650円、つけめん(特大)…750円、チャーシューつけめん(小・中・大)…850円、メンマつけめん(小・中・大)…750円、ラーメン(小・大同価格)…650円…円、ラーメン(特大)…750円、チャーシューラーメン(小・大)…850円、メンマラーメン(小・大)…750円、
トッピング生玉子…50円


評価:つけめん(大)…650円star_s35.gif

接客・サービスstar_s30.gif
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://ramen151e.blog71.fc2.com/tb.php/129-688a3327