訪問日:2010年8月24日(火)

ラーメン そらの星【弐】-1

昨年10月16日オープンの『そらの星』

関西では少ない横浜発祥の「家系ラーメン」が食べられる店。
店主は、東京・中野にある「武蔵家」で修業後、独立して地元・大阪で開業した。


しかし、開業後は大阪のお客さんの口に合うラーメンに改良しようとして試行錯誤…
私が初めて訪問したときも悩んでいた…
 
私は、何も、無理に大阪のお客さんの口に合わせる必要はない!
修業先で学んだ味をぶつければいいとアドバイスしたんだけど…
 
その後、一旦、店を閉めて、スープ改良にも取り組んだという情報も伝え聞いた。
 
やはり、「家系ラーメン」は、大阪では受け入れられないのだろうか!?
何店かの「家系ラーメン」の先駆者たちも、結局、撤退してしまったようだし…
 
しかし、思わぬところで、こちら『そらの星』の名を目にした!
それは、先日、近鉄八尾に移転オープンした『らーめん工房 RISE』にお邪魔したときにあった『そらの星』からの開店祝いの花に添えられたカード!

今は、店も再開して、元気に営業しているようだし…
一度、お邪魔してみよう!
 
そう思っていたところに、一昨日の『麺家 静』の大将から「コラボラーメン」の話を聞いたら…
これは、行くしかないよね!

地下鉄谷町線の千林大宮駅…
店の最寄り駅になるこの駅を下りて、トボトボと歩いて店へ!
 
そして、店に入っていくと…
私の顔を見た店主からの第一声は…
 
「大阪に来られたんですってね!」
あれっ、また、こちらでも、『金久右衛門』で聞いたのと同じ台詞を聞いたよ…

まず、券売機で、缶ビールと「チャーシューらーめん」の食券を買っていると…

ラーメン そらの星【弐】-2

ガラガラガラ…
扉を開けて、入って来たのは、カップルのお客さん!
そしてすぐに、もう1人、若い男性客が入店!
 
そこで、缶ビールをもらって、3人分のラーメンを店主が作り終えるのを待った。

ラーメン そらの星【弐】-3

まず、挨拶をして、今日、ここに来た主旨を説明!
ズバリ、核心の『麺屋 静』とのコラボラーメン企画の話から入った!
 
『麺屋 静』の大将から頼まれて来たことを話すと…

「それはありがたいです!」
「ぜひ、お願いしますと大将にお伝えください。」

それから、いろいろ話をして、ほぼ、こんなので行こうかというところまで、話はまとまったけど…

『麺屋 静』の大将がどう思うかがわからないし…
この先は、企画がまとまったら、また、ご報告させてもらいます。
『麺屋 静』の大将がOKすればの前提だけど…
なかなか、面白いラーメンになりそうなので、期待していてください!

 
話がまとまったので…
私もラーメンを作ってもらうことにした。
 
もちろん、注文はすべて「普通」で!

ラーメン そらの星【弐】-4

悩んで、リニューアルした味は?
どんな味なのか?
改良した味をそのまま味わってみたかったからね…
 
麺を木箱から取り出して、大事そうにテボに入れて…
真剣な眼差しで、スープの味見を何度も繰り返す店主!
 
そうしてできあがった渾身の一杯!

ラーメン そらの星【弐】-5ラーメン そらの星【弐】-6

見た目は、チャーシュー以外は、以前と変わらないように見えたので、店主にそう話して…
何処をどう変えたのか聞いてみたところ…
 
「まあ、召し上がってみてください。」
 
そこで、まずは、スープをいただくと…
 
これは…
 
スープの濃度も、濃すぎず、薄すぎず…
鶏油も、多過ぎず、少なすぎず…
いいバランスのスープに仕上がっている。
 
ただ、「家系ラーメン」としたら少し軽いかな…
 
ただ、これは、やはり、ただの豚骨醤油のラーメンではなく、「家系ラーメン」
であることには間違いがない!
スープの濃度と鶏油の量が、それぞれ、薄め、少なめの「家系ラーメン」!
 
私の駄舌では、それしかわからなかった。
それで、そう感想を話したところ…
 
「醤油を薄めました!」
 
『角ふじ麺 ○寅』の小川店長は、大阪仕様として、関東では使わなかった薄口醤油を濃口醤油とブレンドして使った。

そんな話をしたところ…
そうではなく、醤油の分量を減らして、かえしを新たにしたのだという…

スープのブレ、バラツキの修正にも取り組んで、何とか納得がいくものができるまで、今年の1月から店を休業して1ヵ月を要したと…
話してくれた。

その間には、無理をしてスープを作り続けた結果、スープの熱にやられて、右耳が何倍にも膨らむ火傷も経験。

まさに、満身創痍の挙げ句に完成させたスープだった!


これが大阪のスタンダードスープ!
それが証拠に、お客さんの多くは「普通」で満足するようになったと言うし…
 
前は、味「薄め」でも濃いと言っていたお客さんも、今は「薄め」でちょうどいいと言われるようになった。
 若い男性客等には、味「濃いめ」!油「多め」!麺「かため」の「家系スタンダード仕様」で満足してもらっているし…
 
やっと目指すものができるようになった。
ただし、まだ、スープのバラツキがあると精進を怠らないと話す店主…
 
東京で学んだ味を大阪でもそのまま出せばいい!
そう、安直に言った私の言葉が悔やまれた。
 
これだけ店主が苦労して作り上げたスープ!
ぜひ、一度、味わっていただきたい!


麺は、「家系」定番の酒井製麺のものを、今でも東京から送らせている。
でも、「家系」はやっぱり、この中太ストレートの麺が、何故か合うんだよね!

ラーメン そらの星【弐】-7

そして、ホロホロと崩れる肩ロースのチャーシューがまたよかった!
 
前のチャーシューも決して、悪くはなかった。
むしろ、それほど美味しいチャーシューにぶつかったことのない「家系ラーメン」の店ではいい部類に入ると思ったけど…
 
今回の新たに作り替えたチャーシューは最高!

ラーメン そらの星【弐】-8

『麺家 静』の大将には怒られるかもしれないけど、コラボラーメンのときのチャーシューは、このチャーシューを使わせてもらおうかな…

満足の行くラーメンだった!
「家系ラーメン」としては珍しく、スープまで飲み干して完食!
 
美味しかった!
ご馳走さまでした。

ラーメン そらの星【弐】-9ラーメン そらの星【弐】-10

住所:大阪府大阪市旭区大宮1-7-25
電話:06-6954-7730
営業時間:11:00~21:00
定休日:木曜
アクセス:大阪市営地下鉄谷町線・千林大宮駅4番出口から徒歩6分




メニュー:らーめん(並)…600円/海苔らーめん…650円/味玉らーめん…700円/チャーシューらーめん…800円/キャベツらーめん…700円

中盛…100円増し/大盛…200円増し

ミニらーめん(小)…400円/ミニ海苔らーめん…450円/ミニ味玉らーめん…500円/ミニチャーシューらーめん…600円/ミニキャベツらーめん…500円


好み度:チャーシューらーめんstar_s40.gif
接客・サービスstar_s50.gif

ブログランキングに参加しています。
日々の更新の励みになりますので…
↓↓↓
こちらを1日1回クリックいただきますようお願いしますm(__)m
にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ
にほんブログ村

↓↓↓こちらのクリックもよろしくお願いしますm(__)m
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://ramen151e.blog71.fc2.com/tb.php/1202-f577040a