訪問日:2010年6月25日(金)

塩ラーメン・つけめんのお店 はないち【参九】-1

夜の帳が下りる練馬「弁天通り商店街」!
私が目指したのは、もうこのブログではお馴染みの「塩ラーメン・つけめんのお店 はないち」。

今夜、お邪魔するのはズバリ、夜営業に出す全粒粉の中太麺をいただきにあがるため!


というのも、この「はないち」で使用する全粒粉は…
「江別製粉」が手掛ける北海道産小麦「春よ恋」を石臼で挽いた全粒粉だというので!
これは楽しみ♪

店の前まで来たところ…
今日は、もう「限定麺」は売り切れなんだね…
もっとも、もう夜の9時過ぎだから、当り前と言えば当り前か…

塩ラーメン・つけめんのお店 はないち【参九】-2

店に入ると、5人ほど、お客さんが入っていた。
ふと、気づくと…
ビンビールをコップに注いで飲んでいるお客さんがいるよ!

ビンビールもあったんだね「はないち」には!
でも、私は、やっぱ生かな!
というわけで、今日も夜は1人だけで営業するパパさんに生ビールとつまみをお願いした。

すぐに生ビールが出されて…
追って、つまみも出された!


塩ラーメン・つけめんのお店 はないち【参九】-3塩ラーメン・つけめんのお店 はないち【参九】-4

プハ~ッ!
やっぱ、冷えたビールはたまらないっす!

今日は、あまり時間がなかったので、つまみが出たタイミングですかさず、「しおつけめん」を追加で注文!

塩ラーメン・つけめんのお店 はないち【参九】-5

「もう作っちゃっていいんですか?」と言うパパさんが…
麺の計量を終えて、茹で始め、タイマーが入ったところで…
先週、何日かお休みしていた理由を聞いてみた。

すると…
「娘が水疱瘡になってしまって…」

なるほど…
小さい子供を持つ親なら誰でも通る道かもしれないけど…
仕事を持ってるママさんは、こういうときって、人一倍、大変なんだろうね…

先日は、近くまで来たのに、ふられてしまって、ちょっとガッカリだったけど、そういう事情なら仕方がないよね…

いつもの太麺とは違って、早めに茹で上がった中太麺!

パパさんによって丁重に〆られた麺がフットボール型のお皿に盛られて…
ガスの火に掛けられ、温められた小鍋から、つけダレが器に移されて…

予め、バーナーで炙られたチャーシューがつけダレの中に沈められて…
メンマに小松菜、白髪ネギが盛り付けられると…
これで「しおつけめん」の完成!

塩ラーメン・つけめんのお店 はないち【参九】-6塩ラーメン・つけめんのお店 はないち【参九】-7

さっそく、全粒粉の麺の香りを確かめてみたところ…
香る!香る!全粒粉!

「香味麺」と言ってもいいくらい小麦粉が香る麺!
やっぱ、全粒粉の麺の命は香りだよね!


塩ラーメン・つけめんのお店 はないち【参九】-8

そういう意味では、昼間に食べた「つけ麺 寅」の麺とは大違い!
同じ全粒粉の麺なのに天と地ほどの差があるよ!

「でも、何故、全粒粉にしたんです?」
「粉も高いでしょう!?」疑問をぶつけてみると…

「いや、元々は、茹で時間のかかる太麺を中太麺に変えようと思ったんです。」
「夜は一人でやっているので、それじゃなくても、お客さんをお待たせしてしまうのに、麺の茹で時間がかかってしまっては申し訳ないので、それで、新たに刃物を買って、中太麺をつくることにしたんですよ。」


これが一番の理由!

でも、じゃあ、何故、全粒粉!?
それは…

この2㎜幅だという…
製麺機の切り歯に換算したら15番相当ということになるこの中太麺は…

パパさんが言うには…
「できあがったら、何処にでもありそうな製麺所の麺のようだったし…」
「自家製麺らしさを出そうとして、それで全粒粉を使ってみることにしたんです
。」

それだけの理由?
それで、高価な全粒粉を使う…
食べる方としてはありがたいけど…

さらに、もう一つ、中太麺にした理由があるそうで…
それは…

同じ材料を使って、同じパスタマシーンを使っても同じ味の麺はできないからというもので…
それで、昼間に使う細麺に太麺はママさんが作って…
夜に出す中太麺は、パパさんが作っているんだそう。

でも、その違いは何が原因なのか?
さらに聞いてみたところ…

それは、足の踏み込みの違いにあるんだという。
「はないち」では、足踏みをして麺に粘りやコシを与えている

なるほどね!
いかに、手間暇掛けて製麺していることがよくわかった!

つけダレにつけて食べてもいい感じだね!
この麺!
私は、この中太麺の方が、太麺よりは好みかもしれない!

炙りチャーシューの香ばしさに、太メンマのコリコリ感!
小松菜のシャキシャキとした食感もよかったし…

「はないち」で久々に「つけめん」を食べたけど、やっぱ美味しいよ♪

最後は、「スープ割り」も残さず完食!
ご馳走さまでした!



住所:東京都練馬区練馬2-2-18 ハイツ練馬1F
電話:050-3099-8896
営業時間:11:00~15:00、19:00~23:00
(日曜・祝日)11:00~15:00
定休日:木曜、第2、第3水曜
アクセス:西武池袋線、都営地下鉄大江戸線・練馬駅北口から弁天通商店街を300mほど進んだ左側。徒歩6分




メニュー:しおらーめん…650円
しおつけめん…650円
ちびっこせっと…300円


※各種 小盛-50円/中盛+50円/大盛+100円

しおあえめん(レギュラー/肉味噌)…650円/野菜らーめん・つけめん…700円/辛野菜らーめん・つけめん…700円/梅しそらーめん・つけめん…750円/ねぎチャーシューめん・つけめん…800円/辛ねぎチャーシューめん・つけめん…800円/酸辣湯麺(サンラータンメン)・つけめん…800円/チャーシューめん・つけめん…900円
醤油らーめん・つけめん…650円


【限定麺】チリトマトつけ麺…871円

好み度:しおつけめん(夜の部限定 全粒粉使用自家製中太麺)star_s45.gif
接客・サービスstar_s50.gif

ブログランキングに参加しています。
日々の更新の励みになりますので…
↓↓↓
こちらを1日1回クリックいただきますようお願いしますm(__)m
にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ
にほんブログ村

↓↓↓こちらのクリックもよろしくお願いしますm(__)m
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://ramen151e.blog71.fc2.com/tb.php/1145-8563a3f9