訪問日:2010年6月7日(月)

BASSO ドリルマン【五】-1

『最強ラーメン烈伝 in サカス』に出店している「BASSO ドリルマン」

昨日、「赤坂サカス」で行なわれている、このラーメンイベントに「皇帝麺人」さんと行ってきた。
そして、「皇帝麺人」が食べていた「BASSO ドリルマン」の「つけそば」を略奪して、少し味見させてもらったんだけど…

麺がカタい!
味が違う!

「皇帝麺人」さんは美味しい麺だと言ってくれた…
私が「BASSO ドリルマン」の麺を好きなのを知っているから、そう言ってくれたのかもしれないけど…

確かに、美味しいことは美味しい。
ただ、いつもの麺とは違う!


「イベントの調理設備だから火力の関係等で、いつも店で出すものとは違って感じるのではないか?」
「皇帝麺人」さんはそう言っていたけど…
何か違和感を覚えた。

それに、味もいつものつけダレとは違う!
一味唐辛子が多くてスパイシー!


そんなに辛くはなく、心地よい辛さで嫌いではないけど…
ただ、鶏や豚骨、魚介でとった濃厚な出汁のせっかくの旨味を一味が消してしまっていた。

しばらく食べていない間に、味を変えてしまったのだろうか?
そんな疑問が頭をよぎった。


さらに、このイベント会場に品川店主の姿はなく、その場で聞くこともできなかったので…
ならば、店に行って確かめてみるか!

そういうわけで、池袋駅から少し歩く、この住宅街の中にある店にやってきた。

店の前には、珍しく外待ちがない。
ドアを開けて入っていくと、何と、テーブル席にお客さんの姿がなくて、カウンター席にも空きがある状態。
こんな空いている「BASSO ドリルマン」は初めて!

確かに、前回、訪問したときに、品川店主からは、月曜は暇だという話を聞いていた。
そして、暇な理由を、長らく定休日にしていたので、お客さんが休みだと思って来ないんだろうと分析していた。

しかし、それにしても、お客さんが少ない。
そこで、カウンターの空いている席について…

「本日は、赤坂サカスのイベントに出店のため、つけそばのみの営業になります。」

BASSO ドリルマン【五】-3

そう言って、注文を聞きにきた若いスタッフに…

「今日は何でこんなに空いているの?」
注文を告げる前にそう疑問を投げ掛けたところ…

替わって店長から…
「赤坂サカスのイベントに出店しているので、6月4日から16日まで休業する予定だったんですよ。」
「ホームページでもそう告げていたんですけど、つけそばだけならできると思って、急遽、店を開けたので、それでお客さんが少ないんだと思います。」


BASSO ドリルマン【五】-2

「でも、それにしても、今日は少ないですね。」

なるほど、そういうことだったんだね。

ただ、この後は、お客さんが次々に入って、テーブル席まで埋まったから、私が来た時間がたまたま最も空いていたともいえるのかもしれないね…

こちらに来る前に「ラーメン SA吉」で試食をしてきたので、注文は「つけそば」の「小盛」にした。

BASSO ドリルマン【五】-4

しかし、「並盛」の麺の量が300gのこちらの店では、「小盛」とは言っても200gある。
もう少し少なくてもいいんだけど…
今日に限っては…

夫婦でサカスに行っているという品川店主に替わって麺を茹でる店長!
その店長によって茹でられ、〆られた麺が、アツアツのつけダレとともに出された。

BASSO ドリルマン【五】-5BASSO ドリルマン【五】-6

さっそく、麺をいただくと…
昨日の麺とは食感が全然違う!
それに、今日の麺の方が格段に美味しい♪


そこで、店長に、昨日のカタいイベントの麺と今日の麺との食感の違いを話し、風味も違うことを話すと…

「そうなんですよね…」
「同じ粉、同じ作り方で作ってもらっているんですけど…」


こんな答えが返ってきたので…

「えっ!じゃあ、昨日の麺は松本製麺さんで造った麺なんですか?」
そう答えると…

「よく、ご存じですね。」
「松本さんに造ってもらっているんですけど、やはり、同じようにはできないんですよね…」


『最強ラーメン烈伝 in サカス』で「BASSO ドリルマン」が使っている麺は、自家製麺ではなかった!
ここにネタバラシしてしまうけど、品川店主は怒らないだろう…

昨日の麺だって、普通に考えたら、かなり美味しい麺といえる。
しかし、今日の麺は、それに比べて数段上のレベルだったということで…
それだけ、こちらの店でつくる自家製麺が美味しいということなのだから…

ただ、粉も同じ、製法も同じといっても、4Mが違うのだから、指導して、「松本製麺」のレベルアップを図る必要はあるよね。

そして、もう一つの疑問がつけダレの味!
麺をつけて味わってみる。
やっぱり、全然、違うよ!
つけダレの色をみても、一目瞭然ではあったけど…

では、昨日と今日の違いは?
これも、店長に聞いてみたところ…

「赤坂で出しているのは、HOT BASSOです!」

BASSO ドリルマン【五】-7

話を聞いてみると、「赤坂サカス」のイベントで出しているメニューは、いわゆる「辛味つけそば」にあたる「HOT BASSO」1種類のみ。
辛味が苦手な方には、辛味を抑える、あるいは抜くということも実施しているそう!

これは、「皇帝麺人」さんも私も気づいていなかった。
麺の違いも含めて、あとで「皇帝麺人」さんに話をしたら…
「えっ!」と…
かなり驚いていたよ。

しかし、安心した!
やっぱ、「BASSO ドリルマン」の「つけそば」はこうでないと!
濃厚なつけダレからは、鶏や豚骨、そして魚介出汁の旨味が感じられて美味しい♪

「HOT BASSO」も決して悪くはないけど、出汁の旨味が感じられるノーマルな「つけそば」が私は好きだな♪

でも、今日は、こちらに来て、疑問が解けてよかった!

麺が美味しかったし、つけダレもよかったので、気づけば200gあって、今日は2杯目だし、多いかなと思った麺もペロッと完食!
スープ割りまで作ってもらってこれも飲み干した!

ここのところ、「BASSO ドリルマン」では、比内地鶏で出汁をとった絶品の「中華そば」ばかりを食べていた…
でも、やっぱ、「BASSO ドリルマン」の「つけそば」は美味しい♪おかげで、次はどっちを食べるか悩んでしまうよ…

BASSO ドリルマン【五】-8

住所:東京都豊島区西池袋2-9-7 プエルト西池袋1F
電話:03-3981-5011
営業時間:11:30~21:00 ※売り切れ次第終了
休日:無休
アクセス:JR各線・池袋駅1a(西側)出口から徒歩9分
JR山手線・目白駅から徒歩10分
西武池袋線・椎名町から徒歩9分








メニュー:中華そば 並盛(180g)…750円/中盛(250g)…750円
濃厚中華そば 並盛(200g)…750円/中盛(300g)…750円/大盛(400g)…800円
つけそば 小盛(200g)…750円/並盛(300g)…800円/中盛(400g)…800円/大盛(600g)…900円
HOT BASSO(辛口) 小盛(200g)…850円/並盛(300g)…900円/中盛(400g)…900円/大盛(600g)…1000円

HP:http://www.drill-man.com/
店主のブログ:http://ameblo.jp/basso-drillman/


好み度:つけそばstar_s50.gif
接客・サービスstar_s50.gif

ブログランキングに参加しています。
日々の更新の励みになりますので…
↓↓↓
こちらを1日1回クリックいただきますようお願いしますm(__)m
にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ
にほんブログ村

↓↓↓こちらのクリックもよろしくお願いしますm(__)m
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://ramen151e.blog71.fc2.com/tb.php/1123-9e0e6555