訪問日:2010年4月18日(日)

麺鮮醤油房 周月-1

中津にできた新店で、ちょっと残念な「塩ラーメンをいただいた私は、急ぎ、心斎橋に向かう。

目的は、4月16日にオープンした「宮田麺児」で「つけ麺」をいただくため!


「宮田麺児」は、吉本芸人のシャンプーハット・てつじさんがプロデュースしたつけ麺専門店。

「つけ麺王子」と呼ばれるくらいつけ麺好きな彼が、好きがこうじて、店までオープンさせてしまったというニュースを聞いて…
今回、大阪で、一番、訪問するのを楽しみにしていた!

地下鉄御堂筋線で中津から心斎橋へ…
心斎橋駅の4a出口を出て、大丸本館と北館の間を東西に通る「大宝寺通り」を堺筋方面へと歩く…

途中、忍者の人形が入口で出迎えてくれる「伊賀らーめん 文雅堂」を右に見て…

麺鮮醤油房 周月-2麺鮮醤油房 周月-3

その先の繁華街の中にある「南小学校」を超えてすぐ先を左右に走る「玉屋町筋」…
ここを左に曲がると、目指す「宮田麺児」はある。
ちなみに、前回大阪訪問時に訪れた「つけ麺 みさわ 二代目」は、ここを曲がった右にある。

しかし、この道を左に曲がった新店の前には、大行列ができていた…

麺鮮醤油房 周月-4麺鮮醤油房 周月-5

「最後尾」と書かれたプラカードを持つ女性スタッフに近づいて、聞いてみたところ…

行列の人数は30人!
待ち時間は1時間というので…

たまらず退散!


どうも、テレビでオープンの模様が放送されて、それをみたお客さんが押し寄せたようだった…

しかし、「イラチ」な大阪のお客さんが、たかが「つけ麺」を食べるために、並んで待つ等とは思わなかったので…
この光景は、意外だったし、テレビの力を改めて思い知らされた…


そこで…
行列に並ぶのを拒否した私が、次に向かったのが「麺鮮醤油房 周月」!
こたらも、3月25日オープンの新店で、本来なら、明日の昼に訪問する予定だった…

「宮田麺児」の前から、最寄り駅の、地下鉄・長堀駅へ…
堺筋に面した7番出口を下りて、堺筋線に乗って1駅の日本橋駅で下車!

ちなみに、この「日本橋」…
東京にあるのは「にほんばし」だけど…
大阪のこのミナミにある街は「にっぽんばし」なので、東京の人は注意のほど…


この、日本橋駅から、大阪の台所「黒門市場」の中を通って…

麺鮮醤油房 周月-6麺鮮醤油房 周月-7

アーケードになっている市場の南北に走るメインストリートの南側の終点を抜けると、その道の延長線の右側に店が見えた。

麺鮮醤油房 周月-8

店の外から製麺室が見える!

麺鮮醤油房 周月-9麺鮮醤油房 周月-10麺鮮醤油房 周月-11

こちら「麺鮮醤油房 周月」は、四国・愛媛にある「つけそば」が美味しいと評判の店「周平」の大阪初進出店で、使用するすべての器は愛媛の「砥部(とべ)焼き」だとか…

間口が狭く、奥行の広い、京都の店のようなレイアウトの店に…
すうーっと入っていって、、店の奥の方に向かおうとしたところで…

「お客さん、食券、買ってください!」
スタッフの人に呼び止められてしまった。

しまった…
また、見逃してしまった…

関東では、多くの店で導入されている券売機!
しかし、関西では、券売機の店は少なく、後会計の店が多い。
それが、私の中では常識になってしまっていて、つい、うっかりしてしまった。

麺鮮醤油房 周月-12

人気№1と書かれた「つけそば」中盛りの食券を買う。

こちらの店…
「つけそば」の場合、200gの並盛りから、500gのの特盛りまで同額!

これはすごい!
今までは、「群青」の450gまで無料増量できるというのが最大だったと思うけど…
500gは、さらに、この上をいく!

ちなみに、一番人気の中盛りは300g。
大盛りは400g。

麺鮮醤油房 周月-13

麺の量は、麺の茹で上がり前の表示で…
これは、スタッフの人に確認したので間違いない。

店内には、「こだわり」が書かれたボードが貼られて…

麺鮮醤油房 周月-14

また、卓上には、「つけそば」、「油そば」の食べ方マニュアルがあった。

麺鮮醤油房 周月-15麺鮮醤油房 周月-16

「麺は後から出ます!」

そう言って、つけダレを置いて帰っていったスタッフ…
しかし、それから、麺の茹で上がり状態を確かめて、麺ジメに入るんだけど…

それなら、もっと、つけダレは遅く作らなきゃ!
麺が出されるまでに、つけダレの温度はどんどん下がってしまう…

しかし、このつけだれ…
油がずいぶんと多い!
写真ではわかりにくいかもしれないけど、つけダレの表面に分厚い油膜の層ができていた。

麺鮮醤油房 周月-19

後から出された麺は、ややウエーブがかった平打気味の太麺で…
小麦粉のいい香りがする♪
それに、うどんのような弾力のある麺で、もちもちした食感がとてもいい!

麺鮮醤油房 周月-20

つけダレにつけていただくと…

濃い醤油味のつけだれは、火入れを最小限に抑えた愛媛県大洲産生醤油が使われていたけど、かえしの甘味が強い!

原則、調味料は使わない主義の私が一味を投入したほど…
ちょっと、甘味が強すぎるように感じられた!

麺鮮醤油房 周月-21

そして、酸味も強いので、これは好き嫌いが分かれそう…

麺鮮醤油房 周月-17麺鮮醤油房 周月-18

しかし、何といっても…
ぬるい!
このつけダレ…

麺が出されるのを待ったから、ぬるくなったというよりは、最初からぬるい…
そして、冷たい麺をつけて食べ進めるから、さらに、だんだんとぬるくなっていく…

つけダレがぬるいから…
だから、油がくどく感じられる…
そして、鯖節といりこ出汁の魚臭さが気になってしまう…

負の連鎖…


厚切りの炙りチャーシューは、お茶の葉を飼料に加えた鹿児島豚らしく、やわらかくて、肉のジューシーさも感じられる優れものだった。

最後に、猪口に入れられ出された「割りスープ」は鶏ガラスープで…
こいつを割り入れて、セルフで作った「スープ割り」は、鶏と昆布、鯖といりこの旨みが感じられる温かいスープに変化して、とても美味しくいただけた!

麺鮮醤油房 周月-23麺鮮醤油房 周月-22

無化調でこれだけ美味しいスープが作れるのだから…
最初からぬるかったつけダレだけが本当に惜しかった

麺鮮醤油房 周月-24

住所:大阪市中央区日本橋2-10-4 ツダカビル1F
電話:050-1058-9751
営業時間:11:00~22:00
定休日:水曜
アクセス:大阪市営地下鉄堺筋線、千日前線・日本橋駅、近鉄日本橋駅9番出口から徒歩5分




メニューつけそば 並盛り(200g) 中盛り(300g) 大盛り(400g) 特盛り(500g):…全品780円(味玉のせ880円)
油そば…680円/大盛り…100円増し/生玉子…50円増し
周月らーめん…700円/炙りちゃーしゅーめん…950円/ネギギャンらーめん…680円
驚愕の大きさ 大盛り…200円増し/麺ハーフ…50円引き


好み度:つけそばstar_s30.gif
接客・サービスstar_s30.gif

ブログランキングに参加しています。
日々の更新の励みになりますので…
↓↓↓こちらを1日1回クリックいただきますようお願いしますm(__)m

にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ
にほんブログ村

スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://ramen151e.blog71.fc2.com/tb.php/1043-b3d961d1